レノボのPCをクーポンで最安値に ⇒

【Haloキーボードが凄い】 4G LTE対応「YOGABOOK(ヨガブック)」のレビュー・口コミ

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
4G LTE対応タブレット

前回の記事で、4G LTE通信できるSIMフリーパソコンについてまとめてみました。中でも一番気になっているのが、LENOVO(レノボ)が出している「Yoga Book」。

パソコンでありながら、物理的なキーボードを持たないノートパソコンです(Haloキーボードという特殊なものを採用しています)。

残念ながら、今回購入はしていないのですが、量販店でしっかりと試してきたので、感じたことをレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

YOGA BOOK(ヨガブック)ってどんな端末?

最初に書いた通りに、YOGA BOOKは物理キーボードを持たないノートパソコンなんです。「どういうこと?」と思われる方はたくさんいると思います。

このパソコンは、キーボード部分がタッチパネルになっていて、そこで入力できるようになっているんです。なんか、SFの世界が現実になっているような感覚。

 

驚くべきことにキーボードは意外に普通に打てる

いわゆるタッチタイプと呼ばれるタイプのキーボード(iPadなどで画面に出てくるものと同じ)なので、打ちにくいと思っていました、実際に打ってみるまでは。

試しに文章を打ってみると、これが意外とスムーズに打てるんです。しかも、タッチした際にバイブレーションによる応答があるので、「打っている感覚」もしっかりとあるんです。

そして、面白いことに、このキーボードは学習して打ち間違いのないようにキーボードをその人に合わせて場所を変えていくのです。これは本当に面白い。

また、スマートフォンのような予測変換がうまく機能していて、文字入力速度は慣れれば、普通のキーボード速度で入力できるのではないか?と感じるほどでしたね。

 

筆圧検知できるスタイラスペンは書き心地抜群

このYOGA BOOKはタッチキーボードでも、ディスプレイでも、スタイラスペンによる入力に使う事ができます。このスタイラスペンは、筆圧検知が2048段階。

iPad ProのApple Pencilの感覚に近いですが、先が少し柔らかいのでApple Pencilよりもこちらの方が書きやすい印象です。

 

驚くべきはリアルペン

ビックリしたのは、リアルペンの方。紙の上に書いた内容がそのままデジタルデータとして、保存されていくのです。

なんだこれ・・・語彙力を失う程、本当に凄い。

 

僕自身はiPad Proを使っていて、ディスプレイの上に書いていってノートを取っても、全く気になりません。

しかし、紙に書きながら、同時にデジタルデータも保存できるリアルペンは、もう一段階上の魅力を持つガジェットです。

 

重量は690gと超軽量

最近のノートパソコンは軽いものが多いですが、中でもこのYOGA BOOKは690gとめちゃくちゃ軽いです。キーボードの機構がないのも大きいんでしょう。

これくらいの重量なら、カバンの中に適当に入れていても気にならないレベルじゃないでしょうか。

 

軽量さよりも「薄さ」が凄い

軽いことにも驚きましたが、もっとびっくりしたのが、YOGA BOOKの「薄さ」。

このYOGA BOOKの特徴であるタッチキーボードのおかげで、パソコンとは思えない薄さになっています。

 

docomo回線対応のLTE機能がある

YOGA BOOKの目玉の一つが、「4G LTE機能」。Wi-Fi接続無しで直接インターネットに4G LTEで接続できるSIMスロットがあるのです。

「SIMフリーのパソコンはとても高い」という印象だったんですが、YOGA BOOKは6万円台(windows版)で購入することが可能です。

4G LTEを搭載したパソコンとしては破格の値段です。

 

弱点はマウスパッドとCPUか?

試していて、ちょっと使いにくいなぁと感じたのがタッチパッドです。クリック位置が通常のタッチパッドと違っていて使いにくかったです。

ただ、このモデルはディスプレイがタッチパネルになっているので、結局そちらでタッチしてしまえば良いのかな?という印象。

もう一つの弱点はCPU。Atom x5-Z8550というプロセッサなんですが、CPUとしては性能は低め。重い作業をする用のメインパソコンありきかな、というスペックです。

 

Windows版とandroid版がある

この「YOGA BOOK」は、android版と、windows版の2種類があります。

それぞれ価格が違っていて、android版なら、LTE搭載モデルでも5万円以下で購入ができます。

androidなら、CPUの弱さもさほど問題にならない可能性が高いです。

 

YogaBookを軽く触ってみたまとめ

実際にYOGA BOOKを店頭で使ってみたまとめとして、この記事を書かせてもらいましたが、物欲が沸々とわいてきています。

タッチキーボード、リアルペンを搭載して、LTE対応・・・。こんな特殊なガジェットに惹かれるに決まっているじゃないですか。

windows版を購入するならmineoで、android版で購入するならLINEモバイルで使うでしょうね。あぁ、YOGA BOOK欲しいぜ・・・。

android版はamazonでは販売していないようなので、欲しい方はLenovo公式HPからどうぞ。

 

YogaBook以外にも、Lenovoからはたくさんの4G LTEパソコンが発売されています。

2048段階の筆圧検知できるタッチパネルを搭載した超ハイスペックパソコン「ThinkPad X1 Yoga」なんかは興味ある人も多いんじゃないでしょうか。

参考 Lenovo(レノボ)の4G LTEパソコンラインナップ一覧