レノボのPCをクーポンで最安値に ⇒

【徹底比較】WiMAXとLTE対応パソコンの違いとメリット、デメリットを踏まえた選び方

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
4G LTEノートパソコンの基礎知識

SIMフリーパソコンを購入する人の中には、WiMAX2+(ワイマックス)とどちらにしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

私は、どちらも契約していますが、外に出るときはSIMフリーパソコンばかりになっています。それくらい便利なシロモノ。

今回の記事では、それぞれのメリット、デメリットを比較したうえで、実際に使ってみた感想を合わせて書いています。

スポンサーリンク

モバイルルーター(WiMAX2+、ポケットWiFi)のメリット

WiMAX 2+でほぼ使い放題のインターネットを楽しめる

WiMAXの最大のメリットは、WiMAX2+のプラン「ギガ放題」を利用して、ほぼ使い放題レベルで、インターネットを使えることです。

ギガ放題には、実際制限があり、

  • 3日間で10GB以上の利用
  • 翌日の18~翌2時頃、約1Mbps

に制限されますが、3日で10GBはなかなかいかないので、使い放題に近い感覚です。

仮に速度制限にかかっても、1Mbps出れば、動画閲覧は厳しいですが、普通にインターネットを使うくらいなら問題ありません。

 

スマホやタブレットもWiMAXに複数台接続

WiMAXを使えば、複数台の機種に繋ぐことが可能であるため、

  • ノートパソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

 

といった複数の機種でインターネットを気にせずに楽しめる利点があります。特に、パソコンだけでなくスマートフォンでの通信量が外で多い人には、メリットが大きいですね。

スマートフォンのデータ通信量を節約できれば、月額の基本料金を抑えることも可能です。

 

モバイルルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)のデメリット

持ち物(本体、充電器)が増える

WiMAXを持つとその物自体で持ち物が増えることに加え、必要に応じて、充電器を持ち歩く必要があります。

WiMAXの最新機種は、USB-Cになっているものが多く、iPhoneのLightningケーブルと合わず、意外と面倒です。

 

充電が必要:忘れた頃に切れている

僕がWiMAXを持ち歩かなくなった一番のポイントはこの「モバイルルーターに充電が必要なこと」です。

WiMAXの機種を使用するときは、当然電源を入れますが、パソコン作業が終わり、さぁ帰ろう、となった時に充電を切ることを忘れてしまいます(特に打ち合わせ後は切り忘れることが多いんですよね)。

すると、次使おうと思った時に充電が少なかったり、下手をすると切れていることがあります。そうすると、仕事ができなくなるので、時間を無駄にすることが多い状況でした。

 

SIMフリーノートパソコンのメリット

電源を切り忘れない

先ほども書きましたが、電源を切り忘れない事は大きなメリットです。

SIMフリーノートパソコンの場合は、「ノートパソコンを閉じる=休止状態」なので、無駄に通信を使うこともなく、とても便利です。

 

SIMフリーパソコンは電車の中でさっと使える

ビジネスマンの人は電車の中で、仕事をしている人って多いですよね。電車の中でSIMフリーパソコンを使うとすれば

  1. パソコンを広げる
  2. 仕事に取り掛かる
  3. 仕事が終われば閉じる

となります。

 

WiMAXの場合は

  1. WiMAXの電源を入れる
  2. パソコンを広げる
  3. 仕事に取り掛かる
  4. パソコンを閉じる
  5. WiMAXの電源を落とす

と、仕事を始める、終わる時の手順が多くなります。電車の中だと、WiMAXの電源入れるために鞄をゴソゴソしないといけないので、意外と手間なんです。

取り出して広げるだけで、ネットに接続してくれることは本当に便利です。

 

新幹線での電波受信が良好で、使い勝手がいい

覚えておいてほしいことの1つに、新幹線での使い勝手が挙げられます。

WiMAXは、通常のギガ放題プランを使っていると新幹線では、使えるエリアが狭く、割と頻繁に通信が解除されます。

SIMフリーパソコンで接続する場合、一般的なスマートフォンの回線を利用するため、電波領域が広く、新幹線での電波切れが少なくなり、仕事をスマートに進めることができます。

※WiMAXでも、ハイスピードプラスモードを使えば、7GBまで一般のスマホ回線を使えますが、オプションが必要なため、ここでは除外しています。

 

持ち物はノートパソコン1台だけ

電波を接続するために、モバイルルーターは要りません。もちろん充電器も不要。

出掛ける時、物を少なくしたい人にはぴったりです。

 

SIMフリーノートパソコンのデメリット

ラインナップが少な目

SIMフリーノートパソコンは2015年からVAIOを皮切りに本格的に出始めたため、現時点ではラインナップが少なくなっています。

 

LTE対応モデルでそれなりでは、値段が高い

LTE対応モデルは、それ用のモジュール(オプション)を設置する必要があるため、価格が高くなる傾向にあります。

 

SIMフリーノートパソコンかWiMAXかどちらを選ぶかを決めるポイント

ここまでで、メリット、デメリットを書いてきましたが、次にどちらを選ぶべきかをまとめていきます。

 

選ぶポイント1:WiMAXのギガ放題エリアかどうか

WiMAXには使い放題になるエリアが決まっています。「サービスエリアマップ(WiMAX 2+・UQ mobile)」で詳しく確認できます。

4G LTEが使える範囲に比べると、ギガ放題は範囲が狭いです。

ギガ放題エリア以外で契約すると勿体ない(というか、意味がない)ので、その場合は、SIMフリーノートパソコンを選びましょう。

 

選ぶポイント2:電車の乗り降り量

途中でも触れましたが、電車の乗り降りでWiMAXの電源オンオフは意外と面倒です。忘れることもあります。

電車の乗り換えが多い人は、SIMフリーパソコンを選びましょう。

 

選ぶポイント3:新幹線の利用

こちらも途中で触れましたが、新幹線なら、電波の途切れにくい4G LTEを利用したSIMフリーノートパソコンがオススメです。

 

選ぶポイント4:高速かつ無制限のデータ通信が必要かどうか

SIMフリーパソコンは、4G LTE回線を使います。

テキストファイルはもちろん、Youtubeなどの動画も快適に見れますが、無制限では使えません。

仕事上ネット利用が多い場合は、WiMAX2+やポケットWi-Fiを使いましょう。

 

SIMフリーパソコンで勘違いされやすいポイント1:速度は低めだけど、実は無制限プランがある

SIMフリーのノートパソコンでは、基本的に格安SIMを契約することになります。格安SIMは、月額データ容量が決まっているプランが多いですが、無制限プランも存在します。

無制限プランの中で、もっとも実用的なプランが「UQモバイルの無制限プラン」。500kbpsで、速度は遅いですが、ビジネス用途でメールが中心であれば、全く問題なく使える無制限の格安SIMです。

1980円/月でデータ通信が使い放題になるのでおすすめです。UQモバイル公式で詳しくは料金プランをチェックしてみてください。

ただし、高速、かつ無制限ということであればWiMAXを使うほうが良いでしょう。

 

SIMフリーパソコンで勘違いされやすいポイント2:通信費は格安SIMが使えるので、意外と安い

これも意外と勘違いされがちですが、WiMAXに比べると、かなり安いです。下記は、プランの多い、mineoの料金設定です。

データ量mineo
500MB700円
1GB800円
3GB900円
5GB1,580円
6GB2,520円
10GB3,980円
20GB5,980円

使用量が多くなってくれば、ギガ放題の方がお得になるのですが、外ではビジネス用途だけ、ということであれば、6GBでも十分でしょう(一般的なモバイルルーターの上限が7GB/月なので)。

この場合、2,520円となり、WiMAXと比べて安くなる傾向にあります

モバイルルーターは月額4000円前後ですが、3万円以上のキャッシュバックが多く、実質的には安くなるケースが多いです。くわしくは、モバイルルーターのキャンペーンを比較した記事を見てみてください。

 

まとめ:WiMAXとSIMフリーLTE対応ノートパソコンの比較

以上、それぞれの違いについてまとめてみました。私自身が、SIMフリーノートパソコンばかり使っているので、SIMフリーノートパソコンを推す感じになっています。

しかし、それくらい、4G LTE対応のSIMフリーノートパソコンは使い勝手が良いです。

モバイルルーターが月額の基本料がもったいないので、違約金がかかりますが、解約しようと考えているくらいですね。

あと、小さなことですが、SIMフリーパソコンはモバイルーターが必要ないため、スタバなどの喫茶店で机の上が散らからないのも、けっこうおすすめポイントですよ。

SIMフリーパソコンもおすすめですが、通信量や速度の関係からモバイルルーターを選びたい人は、キャンペーンを必ずチェックしてください。うまくいけば4万円近くキャッシュバックが貰えることもありますよ。

必見 モバイルルーターのおすすめキャンペーンランキング