【実機レビュー】Speed Wi-Fi NEXT WX05のスペック、メリット・デメリットまとめ

【実機レビュー】Speed Wi-Fi NEXT WX05のスペック、メリット・デメリットまとめ

wimax speed Wi-Fi NEXT WX05のレビュー

2018年11月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX05」についてレビューしました。

WX05はワイマックスから発売されている2機種のうち、国産でNECプラットフォームズが作っている端末です。

モバイルルーターでありながら、クレードルを使うことで自宅の無線LANのように使うこともできる機種ですね

この記事ではWX05について、その評価・評判をメリット、デメリットを中心に評価しました。

※この記事ではUQ WiMAXさんから端末を無償でお借りしています。ただ借りものですが、イイところ、悪いところははっきりと書いています。

WX05のスペックと全体的な特徴について

WX05の特徴をざくっと教えて欲しいな。

OK。まずはスペックと一緒にその特徴についてまとめてみるよ。

サイズ111×62×13.3mm
重量128g
連続通信時間
(スタンダード)
11.5時間
バッテリー容量3000mAh
SIMカードnano SIM
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps

 

最大通信速度は440Mbpsとなっており、一般的な光通信と比べると理論値はそれを上回っています。

ただ、実はスペック上で見ると、以前発売されたWX04とほとんど差がありません。

こちらはWX04。あまり見た目も変わらない

 

特にWiMAXのスペックは通信速度が重視されることを考えると、最大通信読度が変わっていないため、進化はほぼないといえるでしょう。

 

WX05の外観の特徴

WX05の外観はどんな感じになってるの?

これまでのワイマックスとあまり変わりないね。特にWX04からの外観変更点は少ないよ。

WX05の外観は、ザ・ワイマックスといった感じ。

今回お借りしたのは白色ですが、前面のタッチパネル、背面のグレーのツートンカラーはまさにWiMAXっぽいですね。

WX03からすこしづつ角ばりつつ大きくなっている気がしますが、見るだけで「NECのワイマックスモバイルルーターだね」と分かる形状になっています。

WX03とWX05を比較

 

WX05の充電器はUSB-Cになっています。MacBookやAndroidのUSB-C対応スマホの場合は充電器を共用して使うことができますね。

WX05はUEB-C形状

 

背面のパネルを外すと電池パックが入っており、さらに開けるとSIMカードが収納されています。

WX05のSIMカード挿入口

 

WX06のSIMカードは、nanoSIMサイズになっています。

2017年まではmicroSIMカードが主流でしたが、2018年からnanoSIMカードにどんどん変わっていますね。

 

WX05ならではの特殊機能「ビジュアルステータス」の特徴と使い方

WX05にはWi-Fiのチャンネルを識別できる機能があるって聞いたんだけど・・・

そうなんだよね。ビジュアルステータスっていって、W06にはない特殊な機能なんだ。

Wi-Fiの無線通信には、2.4GHzと5Ghzという2つのチャンネルがあります。

この2つのチャンネルの中でも、細かくさらにわかれていますが、2.4GHzのチャンネルのうち、混雑していないものを意図的に選ぶことができる機能です。

使い方は、まず一番左の情報をクリック。

 

次に、Wi-Fi設定をタップ。

 

さらにWi-Fiチャネル使用状況をタップ。

 

選択肢が出てくるので、「はい」をタップ。

 

ここでチャンネル変更することができます。

WX05のビジュアルステータス

 

画像では混雑していないため表示は白黒ベースになっています。

このように、周辺で使われて混雑しているチャンネルから外してやることで、モバイルルーターの速度を上げてやることができます。

 

ハイパワー、エコノミーなどの切り替え設定(ただしこの機能はほぼ使わない)

WX05は他のモバイルルーターと異なり、電波の強さを意図的に変えることで、電波の飛びを変更することができます。

これって効率的に使えるの?

確かに理論的には変えた方が使う側にとってもいいんだけど、実際は使わないね(笑)

ハイパワー、エコノミーモードなど設定を変えることはできますが、正直私は変更したことがありません。

理由は、過去からWXシリーズを使っていても、スタンダードで十分だからです。

 

WX05のクレードルは必要か? ⇒ 自宅で使うなら買うべき

WX05にはクレードルが付属してきます。

 

このクレードルは、ただの充電器ではなく横についたウィングにより電波をより効率的に掴む仕組みになっています(Wウィングといいます)。

 

さらにクレードルを装着することにより、ビームフォーミング機能の強化をすることができます

※ビームフォーミングは接続した機械に対して集中的に電波を飛ばす技術です。受信側でも対応している必要があります。

 

外にいる場合はモバイルルーターを肌身離さず、持ち歩いていると思うのであまり気にする必要はありませんが、家の中では事情が違います。

家でも、固定回線を契約せずにWX05を使う場合は、一緒にクレードルを購入してしまいましょう。

 

WX05のメリット・長所

国産(日本製)でありNECの子会社が作っている

WX05の一番のメリットは国産(日本製)であることです。

ライバルのW06は、中国のHuawei(ファーウェイ)が作っています。

W06とWX05の比較

上がW06、下がWX05

 

Huaweiがどんな会社なのかについては、以下の記事を参考にしてみてね。

参考 Huawei(ファーウェイ)とは?

 

ファーウェイは以前にニュースにも上がり、日本でも重要な情報機器からは外す動きが出てきています。

参考 ファーウェイのスマホは“危険”なのか「5G」到来で増す中国の脅威

 

情報安全性を重視する場合は、日本製のWX05の方が良いでしょう。

 

クレードルにより電波感度を上げられる

クレードルはWX05ならではの利点です。

WiMAXはスマホで使われているLTE回線とは異なる回線を使っており、WiMAXで使っている回線はエリアが狭くなっています。

エリアの違いは公式サイトでくわしく比較してみてください。

公式 UQ WiMAXのエリア

 

またWiMAXの電波は性質上、壁を通過しづらいという欠点を持っています。そのため、電波感度の向上はとても大きなメリットがあります。

 

家に帰ってきてから有線化が楽

クレードルはLANケーブルを接続できるため、パソコンと有線接続化が簡単にできます。

WX05のクレードルの背面

 

家に帰ってきたらそこにW06を置くだけでクレードルに設置するだけで、有線接続できますね。

パソコンと有線接続できるほうが、当然スピードが速くなるメリットがあります。

 

充電も楽に使える

クレードルがあることで、置くだけで充電することも可能。

モバイルルーターは電源を切り忘れて充電が無くなっていることがよくあるので、逆に「楽に充電できる」ということは大きなメリットですね。

 

WX05のデメリット・欠点

最大速度が低い

WX05の最大速度は440Mbpsになっています。一方、同じ時期にラインナップしているW06は最大1.2Gbps(有線接続の場合、無線は867Mbps)。

 

最大通信速度はネットサーフィンの快適性にモロの効いてくるので、高いに越したことはありません。

440Mbpsという速度は、W06と比較するとどうしてもデメリットになります。

W06のレビューは以下の記事でまとめているので、こちらも参考にしてね。

参考 WiMAX W06のレビュー

 

クレードル経由でUSB-Cが使えない

クレードルに差した状態で有線接続できることがメリットですが、有線接続できるのは「LANケーブル」のみです。

USB-Cで接続することができないため、最近のノートパソコンだとLAN端子がなく使えないケースがあります。

SurfaceにはLAN端子はない

 

MacBookなどはまさにその一例で、有線接続することができません。

クレードルからの有線接続はメリットが大きいのですが、使えないのはちょっともったいないですね。

 

WX05で実際に測定した結果

ハイスピードモード

ギガ放題に対応する「ハイスピードモード」で測定した結果が以下です。

十分な速度が出ています。

 

ハイスピードプラスエリアモード

LTEを併用するハイスピードプラスエリアモードが以下です。

3倍近い速度が出ており、非常に快適ですね。

 

ワイマックス「WX05」のレビュー・評価まとめ

この記事では、WX05について、その実力を詳しく検証し、評価をまとめました。

クレードルがあることや、国産であることがライバルのW06との違いになっています。

それぞれにメリットがあるので、自分に合った方を選ぶといいでしょう。

ワイマックスはどこで買っても値段はほぼ同じなので、W06のレビューやL02のレビューも見て比較してみてね。

参考 1.2Gbpsの最速ワイマックスWX06のレビュー

参考 ギガビットホームルーターL02のレビュー

タイトルとURLをコピーしました