【どれがいい?】WiMAX2+のプランの違いと選び方を解説

【どれがいい?】WiMAX2+のプランの違いと選び方を解説

WiMAX2+のプランってどうやって選べばいいのかな?

通常プランとギガ放題プランの2つと、通信エリアが広く使えるLTEオプションがあるんだけど、基本はギガ放題プランがいいよ。

WiMAX2+のプランは意外とややこしく、

  • 通常プラン(7GB(月))
  • ギガ放題プラン
  • 4G LTEオプション(1005円/月プラス)

があります。

初めてWiMAXを契約する人にとっては、どれが良いプランなのかについては少しわかりにくい。

この記事では、ギガ放題、通常プラン、そして4G LTEオプションの違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

通常プラン:WiMAX 2+エリアで最大利用は月7GBまで

まずは、通常の「UQ Flatツープラス」を説明するね。

まず、WiMAX2+の基本プランです。基本プランの名前は「UQ Flatツープラス」と言います。このプランでは、7GBまでのデータを使うことができます。

 

7GBを超えると、通信速度制限がかかりますが、スマホほどではなく、一般的なサイトを見るくらいであれば、問題ないレベルで通信することが可能です。

後ほど詳しく説明しますが、3年契約以上にすることで、LTEオプション料金が無料になります。

また、auスマートバリューを利用して、スマホ代を月額1000円割引することも可能です。

 

【おすすめ】ギガ放題プラン:最大使用量の制限はなし(使いすぎた場合の制限はある)

一番オススメのプランは「ギガ放題」プランだよ!ギガの制限がほとんどかからないので、おすすめ!

おすすめのプランが、もう一つの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」です。

ホームルーターを選ぶのであれば、こちら方が良いですね。

 

名前のように、完全に使い放題、というわけではありませんが、通信料を気にせずに使っていけるメリットがあるプランです。

※3日間で10GBを超えると通信制限がかかるため、完全に使い放題、というわけではありません。

 

ネット上では、3日で10GBを使うので使い物にならない!みたいなデータがありますが、10GBは簡単に使いきれる容量ではありません。

以下の表は、ケータイWatchで通信量を実測した結果の引用です。

実験対象アプリ実測通信量
AWA
(96kbps・1時間)
41.7MB
Google Paly Music
(320kbps・1時間)
75.8MB
Youtube
(480px・1時間)
353.2MB
hulu
(高画質・一時間)
2205MB

 

3日間、10GBを使い切るのは、かなり難しいので、よっぽどの人でない限り、あまり気にする必要はないです。

しかし、通常プランの7GB/月は十分使い切る可能性があるので、ギガ放題プランを選ぶほうが良い選択肢です。

 

LTEオプションについて(月額1,005円)

LTEオプションを使えば、WiMAX2+よりも広いエリアで使えるから便利だけど、基本有料。でもタダにする方法も・・・

WiMAX2+には、LTEオプションがあります。

LTEオプションでは、WiMAXの電波ではなく、auのスマホの電波を使うことによって通信する仕組みになります。

LTEオプションの基本、使用条件は以下の通りです。

  • 月間使用量は7GB/月
  • 基本利用料1005円/月

となっています。

WiMAXの電波と違い、au LTEの電波の方が範囲が広くなるメリットがあります。

WiMAX2+のエリアとLTEのエリア比較がこちら。

WiMAX2+エリア

LTEが使えるエリア

 

 

LTEオプションは、通常有料ですが、以下の条件を満たすことで、無料にできます。

  • 自身がauのスマホを使っている
  • WiMAXの契約を3年にしている

auのスマホを持っている人、持っていない人、どちらでも、ハードルが低くLTEオプションを無料にできるので、この条件はありがたいですね。

モバイルルーターとホームルーターのどちらを買うか悩んでいるなら、両方購入するべき」という記事でも書きましたが、WiMAXはSIMを差し替えすれば、屋内と屋外をうまく使い分けることができます。

屋内はホームルーターで、屋外に持ち出す際、モバイルルーターでWiMAXの電波が届きづらいところでは、無料にしたLTEオプションで通信するのも一つの手段ですね。

 

LTEオプション使用時に7GBを超えてしまったら速度制限になるので注意

LTEオプションを使ってる時に、7GB超えると速度制限に掛かるから注意してね。

一番注意したいポイントが、LTEオプションの7GBの制限を超えてしまうことです。

7GBを超えてしまうと、速度制限がかかりますが、通常のギガ放題の速度制限と異なり、128kbpsまで速度が落ちてしまいます。

この速度では、メール(LINE)を送るのが精いっぱい。

Twitterでもしんどいです。

しかも、ギガ放題の方まで速度制限がかかってしまうので、全く使い物にならなくなります。

 

どこでWiMAX2+がLTEオプションかどうかが確認できる?

LTEオプションのモードになっているかどうかは簡単に確認できるよ。

WiMAX2+がLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)に入っているかどうかは、ホームルーターと、モバイルルーターで確認方法が異なります。

 

モバイルルーターの場合は、タッチパネルから設定することが可能

久しぶりにモバイルルーターの電源を入れたため、データ容量が出ていませんが、右側のように、データ容量が出て確認することができます。

 

モバイルルーターの場合は、タッチパネルから残容量もわかるため、簡単でいいですね。

 

どのプラン、オプションを契約するべき?

今回は、簡単にWiMAXの通常プラン、ギガ放題、そしてLTEオプションの3種類について解説しました。

どれを契約すればよいか悩むかもしれませんが、

  • ホームルーターを使う⇒ギガ放題
  • ホームルーターだけでなく、モバイルルーターにも差し替えて使いたい⇒LTEオプション付き(3年契約)

が良いと思います。プランが決まれば、あとは申し込みをするだけです。自分に合ったプランを選んで、快適なインターネットライフを送って下さいね。

タイトルとURLをコピーしました