【やさしく解説】ポケットWi-Fiのアドバンスモードと標準モードの違い

【やさしく解説】ポケットWi-Fiのアドバンスモードと標準モードの違い

ポケットWi-Fi(ポケットワイファイ)には、使い放題になる「アドバンスモード」とソフトバンク回線が使える「標準モード」の2種類があります。

このモードは機種によって搭載しているかどうかが変わります。

この記事では、アドバンスモードと標準モードの違いをくわしく解説するとともに、対応機種の選び方についても合わせて説明していきます。

スポンサーリンク

使い放題になる「アドバンスモード(アドバンスオプション)」とは?

アドバンスモードってどんなモードなの?

ポケットWi-Fiのアドバンスモードは通信が使い放題になるモードのことだよ。専用オプション料金が必要なんだけど、それだけの価値があるね。

ポケットWi-Fiには、アドバンスモードという使い放題モードがあります。

 

このモードは、追加で684円を払うことによって利用できます。

ライバルのWiMAX(ワイマックス)でいえば、ギガ放題に当たります。

 

アドバンスモードは使い放題なのか?(制限はないのか)

アドバンスモードは便利な機能ですが、完全使い放題ではありません。

直近3日間で10GBの通信を超えると、通信制限がかかります

10GBは、Youtubeの超高画質で7時間、高画質で約12時間に該当します。

3日でそれ以上使うなら、通信制限にかかってしまいます。

これって速度制限としてはどうなの?

ただ、実際にここまで見る人はほとんどいないと思うよ。ボクも一度も速度制限にかかったことないよ。

正直、3日で10GBはかなり強烈な利用の仕方でしょう。

自宅でYouTubeを7時間ならまだわかりますが、ポケットWi-Fiは外で使うので、屋外で7時間見る(しかも超高画質で)、というのはほとんど該当しないはず。

私も外でよく仕事をしますが、一度も速度制限にはかかったことがありません。

 

アドバンスモードの圏外問題

先に書いておくと、アドバンスモードは圏外になりやすいです。

4G LTE通信を使っていますが、専用の電波帯を使っているため、アンテナ数が少なく、通常の電話回線と比べるとエリアが狭くなってしまうから。

とはいえ都内であったり、都市部であればほぼ問題なく使えます。

青いエリアがアドバンスモードエリア

 

このエリアについては、実際に公式サイトで使えるかどうかを調べた方が速いので以下を参考にしてください。

公式サイトでエリアを見てみる⇒Y!mobile

 

地下でアドバンスモードを使うときは要注意

圏外になることは欠点とは思っていませんが、地下ははっきりと欠点があるといえます。

以前、当サイトで「ビルの階数に応じてポケットWi-FiとWiMAXの通信スピードが変わるか」という記事を書きました。

この際、地下では全く通信できなかったですし、他でも地下はアドバンスモードは使えないことが多いです。

地下鉄通勤が多く、その場で使うことを考えているなら要注意ですね。

後でも書いてるけど、標準モードなら地下でも問題なく使えるよ。

 

標準モードとは?

標準モードってなんなの?

標準モードは、ソフトバンクの4G LTE通信を使って通信するモードだね。通信エリアが広いかわりに、月7GBまでの速度制限があることが特徴なんだ。

ポケットWi-Fiのもう一つのモードが「標準モード」です。

 

こちらは、アドバンスモードと違って、通常のソフトバンク回線を使っています。

 

標準モードのエリアは広く、圏外になりにくい

標準モードは、通常のソフトバンク回線を使っているため、エリアが広くなっています。

赤いエリアも対象

 

携帯電話のエリアと同じ環境で使えるので、ほとんどの地域で気を使う必要がないことが大きなメリットですね。

 

標準モードは地下にも強い

標準モードではソフトバンク回線を使っていることもあり、電波の強さは地下でも関係ありません

後でくわしく書いていますが、アドバンスモードと切り替えができる機種があるため、それぞれの欠点を補えます。

 

標準モードの欠点は月7GBまでの通信で制限がかかるとアドバンスモードにも影響がでること

標準モードは、月7GBまでの制限となっており、通信制限がかかります。

これだけなら大きな問題はありませんが、標準モードで通信制限にかかると、使い放題のはずのアドバンスモードでも影響が出ます。

603HWでは標準モードの通信利用料が出るようになっているので、7GBを超えないように注意してくださいね。

 

機種によって搭載しているモードが違う?

アドバンスモードと標準モードについてよくわかったよ。じゃあ、機種を選んでくるね!

ちょっと待って!この二つは機種によって搭載しているかどうかが違うから注意が必要なんだよ。

ポケットWi-Fiでアドバンスモードと標準モードは搭載しているかどうか、機種によってかわります。

モード506HW601ZT、603HW
アドバンスモード×
標準モード

 

標準モードはすべての機種に搭載しており、アドバンスモードは一部の機種にしか搭載されていません。

もしアドバンスモードを選ぶなら、現時点では603HW一択だよ。とてもいい機種で、603HWのレビュー記事でも書いているからぜひ見てみてね。

 

アドバンスモードと標準モードで通信速度は違う?

どちらも電波状態が良ければ、通信速度はほとんど変わりません。

ほとんどの時間帯で30Mbps以上出るので、困ったことはありません。

ただし、標準モードがエリアの広いソフトバンク回線を使っているため、電波状態が良く、結果通信速度が速くなることはあります。

 

アドバンスモードは必要?⇒地域と用途で選びましょう

実際によく使っていて思いますが、アドバンスモードはあった方が良いです。

なにより、使い放題になっていることで安心感があります。

特に、外でYouTube(YouTube Music含む)を見たり、AbemaTVを見たりといった動画コンテンツを楽しむ場合は、アドバンスモード必須です。

とはいえ、地域が対応してなければ使い物にならないので、よく使うエリアが対応しているかどうか事前にかならずチェックするようにしてください。

 

ポケットWi-Fiの注意ポイントは機種を買い替えられないこと

上でも書きましたが、ポケットWi-Fiは端末によって、利用できるモードが決まっています。

そのため、ものによっては標準モードでしか使えない機種を買うと後からアドバンスモードの追加ができません

どちらも使える603HWのような機種がおすすめです。

 

ポケットワイファイのアドバンスモードと標準モードの違いまとめ

アドバンスモードと標準モードについて基礎知識の部分をまとめました。一回端末を買ってしまうと、簡単に買い替えることができません。

将来的にアドバンスモードを使うことも考慮しておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました