【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」の評価・口コミとオンラインストアの申し込み方法 | 【どこが安い?】モバイルルーター比較
UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」の評価・口コミとオンラインストアの申し込み方法

Ymobile(ワイモバイル)から新しく発売されたポケットWi-Fi「603HW」。

なんと、無線で使えるポケットWi-Fiながら、通信速度が612Mbpsというとんでもない速度を誇り、評判も良いモバイルルータです。

今回は、このモバイルルータを申し込んでみました。

この記事では、申し込みの説明と、603HWの実機レビュー、スピードテストの結果をまとめました。

Ymobile(ワイモバイル)の最新機種:603HW

今回販売される新機種は603HWというモバイルルーターです。

販売元は格安スマホでも大活躍で世界4位のスマートフォン売り上げを誇るHuawei(ファーウェイ)です。

カラーは、ブラックとホワイト。外観はあまり特徴がある感じではなく、これまでのポケットWi-Fiとほとんど同じようなイメージ。

 

無駄に赤いラインとか入ってなくていいですね。シンプルです。

 

ポケットWi-FIとして最速の612Mbps

これまで販売されているモバイルルーターの中でも、ダウンロード速度が最速となるこちらの603HWは最大の通信速度612Mbpsを誇ります(アップロード速度は最大37.5Mbps)。

家の固定回線がいらなくなるんじゃないかと思える速度。

そのスピードの理由は、このモバイルルーターが持っている「電波をまとめて受診する技術」。公式ページで公開されている写真がすごくわかりやすいです。

うおぉ・・・図が難しいけど説明して欲しいな・・・

簡単に言うと、色んな電波を同時に受信できるようになって、スピードアップしたんだ!4×4MIMOなどはその名前だよ!

 

本来スマートフォンやWi-Fiの電波は、一本で飛んできているわけではなく、複数の電波を受信してインターネットに繋がっています。

同じ技術で、キャリアアグリゲーションという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

あれもこのモバイルルーターと同じ技術で複数の電波をまとめることで、スピードアップを図るシステムなんです。

簡単に言えば「とにかく速く使える」というところがポイントなので、スピードを求める人は現時点で最強のモバイルルーターなんだ!

 

前モデルのHuaweiのポケットWi-Fi「504HW」との比較

新しい機種なので、どれくらい進化しているのかわかりにくいため、Ymobileから販売されている前モデル「502HW」と比較してみました。優れているポイントを青色にしています。

機種603HW502HW
最大通信速度(下り)612Mbps261Mbps
最大通信速度(上り)37.5Mbps37.5Mbps
重さ135g157g
連続通信8.5時間9時間
バッテリー2400mAH30000mAh
無線LANa/b/g/n/aca/b/g/n/ac
同時接続数14台10台
コネクタUSB Type-CmicroUSB

 

前の機種である504HWと比較すると、603HWはかなり高性能なことがわかります

最大通信速度が売りになっていることはもちろん、実は重量が20g近く軽くなっているので持ち運びに便利になっています。

唯一、弱点といえば、バッテリーの容量が3000mAhから2400mAhにダウンしていること。

そのため連続通信時間も503HWよりも少し落ちています。

電源のあるところで作業する人は良いですが、外が中心の人はモバイルバッテリーがあったほうが良いかもしれません。

地味な変更ですけど、画面がカラーなのはいいかも。モバイルルーターに限らず、モノクロってなんか見にくだよね。

 

連続使用で8.5時間のバッテリー

モバイルルーターでずっと接続することはよくありますが、この603HWの場合は、8.5時間となっています。

個人的には、後2時間できれば伸ばして欲しかった。8.5時間だと、外で作業している時ちょっと時間が足らなくなるかも。

長時間外で働く人はモバイルバッテリーを使うか、パソコンに接続して充電しましょう。

 

603HWの同時接続台数は14台

外で作業することを前提にするなら14台繋ぐことはほとんどないと思います。

一家で使っても、14台をまとめて繋ぐことはよっぽど家電オタクの家でない限りはないはず。

 

注意:ケーブルはUSB Type-C

少し引っかかったのが、実はこのモバイルルーターのケーブルはUSBケーブルの新企画である「USB Type-C」が使われています。

新型のMacBook(Pro)を含むを使っている人はいいですが、まだまだUSB Type-Cは少ないでしめ。

ルーター用にモバイルバッテリーを持っている人も、現時点ではほとんどがmicro-USBだと思いますから、買い替えが必要だと思います。

 

ポケットWi-Fi「603HW」の実機レビュー

603HWは凄いモバイルルーターですね。

これまで、使ってきたどのモバイルルーターよりも良いし、スマートフォンのテザリングなんて使いやすさが比じゃないです。

おすすめのポイントを簡単にまとめました。

 

起動が速すぎ

一番最初に驚いたのが、603HWの起動時間。5秒で立ち上がると書いていたんですけど、体感はそれよりも短いです(2秒位に感じる)。

 

スマートフォンのテザリングや、これまで使っていたAterm MR04LNと比較しても快適さが全然違う。

作業を取り掛かるにあたっても、モバイルルーターがスピーディに起動してくれる方がイライラしなくて済むので助かります。

 

ダウンロード速度は十分以上

612Mbpsは理論上の最高値なので、さすがにそこまで出ると思っていませんでしたが、標準モード(4GLTE)で85.24Mbps、アドバンストモード(無制限モード)で79.68Mbpsという結果になりました(iPhone7 Plusで接続して測定)。

速度もそうなんですけど、Ping(インターネットの反応速度)が速いのも好印象。普通の固定回線並みの反応なんで、サクサクと使えます。

 

ダッチパネルの性能も良し

以前使っていたAterm MR04LNはタッチパネルの性能がいまいちだったんです。それに対して603HWはめちゃくちゃ反応がいいですね。

 

それだけで使いやすいです。

公式HPで603HWを見てみる→Y!mobile

 

ネット注文はオンラインストアで

Y!mobileに関するネット注文はスマホ、ポケットWi-Fiともにオンラインストア「Y!mobile」で実施しています。もちろん、店舗でも申し込み可能です。

店舗、ネットともにキャンペーンを実施している可能生があるので、お得な方で申し込めばいいと思います。

僕が申し込んだタイミングでは、新機種ということもあって、ネットも周りの店舗もどっちもキャンペーンがありませんでした。

 

追記:オンラインストアは設定して送ってくれる

オンラインストアで頼んで初めて知ったんですが、送られてきた段階でSIMカードも入れられていて、電源を付けるだけですでに使える状態になっていました。

 

店舗に行って、設定してもらって、話を聞いて、という一連の流れを必要とせずにインターネットで申し込めば、すぐに使える状態で送ってくれるというのは、時間的に大きなメリットだと思います。

特典でキャッシュバックを受けられる、というのはよくありますし、できることなら受けた方がいいんですけど、店舗で申し込む場合、独自オプションを強制加入しなければならない場合もあります。

キャッシュバックは受けられる方が当然良いですが、オプションが必要かどうか、よく考えて申し込むことを強くオススメします。

 

ポケットWi-Fiのプランについて

プランとか決めるのめんどくさいなー。難しそうだし。

ポケットWi-Fiのプラン選びはカンタンだよ。機種を選べば自然とプランが決まるんだ。

Y!mobileの場合は、プランで決めるのではなく機種を決めると自然とプランが決まります。

603HWの場合はWi-FiプランLになります。

このプランと機種の関係については、この記事でまとめています。

 

ワイモバイルのオンラインストア申し込みについて

まずはY!mobileのオンラインストアに行きます。ここから、ポケットWi-Fiを選択し、自分の欲しい機種を選びます。今回の場合は、603HWです。カラーを始め、自分にあったプランを選びます。

 

ここで注意してほしいのが、家族割の選択項目。申し込み時点で、Y!mobileの端末をすでに持っている人が追加申し込みしても対象になる(要するに複数回線でもOK)ので、既に契約している人はちゃんと選びましょう。

 

色々プランを選んでいくと実際に支払う料金プランについて、シミュレーションされます。

一例ですが、下記は分割払いで支払った時の金額。

3年契約で、端末代が無料になっています。

 

一方こちらは、端末代62,208円を一括払いで払う場合。端末を先に支払っているぶん、月々の支払いは割引が適用されて安くなっています。

これらの料金プランにはアドバンスオプション(無制限プラン、738円/月)は入っていません。

 

次に、自分の名前、生年月日を入力していきます。

 

今回一括購入することにしたので、商品代の支払い方法の確認が求められました。

クレジットカードと代引きがありますが、今回はクレジットカードを利用しています。

また、本人確認証(免許証など)がいります。カメラで撮影した画像で大丈夫なので、アップロードしましょう。

 

最終的な支払い確認がこちらです。アドバンスオプション(738円/月)をつける形にしたので、月々の支払いが3541円となりました。

ちなみにアドバンスオプションは6ヶ月無料なんで、ちょっと得した気分です。

本体代は6万越え・・・まぁ、いいんです。めっちゃ快適になって仕事のスピードあがるので。ちなみに、3240円の手数料が発生するので注意してください。

 

そのほか、いくつかの規約読んだ上で、チェックを入れて内容確認後に申し込みを行えば、終了。

最後にWEB受付番号が発行され、同時に登録したメールに申し込み完了のメールが来ます。

 

どれぐらいで来るのか?

平日の場合、16:00までの申し込み、土日の場合は14:00で最短即日発送になっています。

発送までの時間が短いのは助かりますよね。

まぁ、店舗に行けば当日で申し込めるので、当たり前といえば当たり前なんですが。

 

まとめ:ポケットWi-Fi「603HW」はPingが低くサクサクネットが楽しめる

今回、ポケットWi-Fi「603HW」のレビューと申し込み方法について、かなり詳しくまとめてみました。

最速ポケットWi-Fiということもあって、とても快適に使えます。何よりPingが低いので、サクサク、テンポよくインターネットが楽しめます。

 

どうせ買うなら、一番高速の機種を購入してストレスフリーで遊びも、仕事も楽しみましょう!

公式HPを見てみる→Y!mobile

 

参考:WiMAXの最新機種「W05」と「603HW」の比較

速度面ではWiMAXの方が高速

一方で、603HWの魅力である通信速度は、Ymobileが最大612Mbps、WiMAXは最大758Mbpsとなっているため、WiMAXの方が速度面では有利です。

 

無制限で通信できるエリアはかなり違うので要確認

満足いくように使うためには、速度や多少の値段で気にしてはいけません。

最も重要なのは、通信エリアです。

そんなに通信エリアの広さって違うの?

うん!ポケットWi-FiとWiMAX2+のギガ放題エリアはかなり違うので事前のチェックが必要だよ!

 

WiMAXのギガ放題、ポケットWi-Fiの無制限エリアは通常のスマートフォンの回線とはかなり異なります。

必ず事前にチェックするようにしましょう。

UQ WiMAXでエリアを調べる⇒UQ WiMAX

Y!mobile公式でエリアを調べる⇒Y!mobile

 

セット割りの比較

WiMAXはauを使っているならauスマートバリューを使うことができます。

参考 どっちがお得?固定回線とWiMAXのスマートバリュー(mine)適用範囲の違い

一方、ポケットWi-Fiの場合はY!mobileと組み合わせると、複数回線割が適用される事を覚えておきましょう。

 

3年契約の実質支払い金額での比較

金額ベースの話だけで言えば、WiMAXの方が実質料金が安くなるケースがほとんどです。

月額料金はあまり変わりませんが、GMO とくとくBB WiMAXのように、毎月3~4万円のキャッシュバックをやっているところがあるから。

GMO とくとくBB WiMAXだけじゃなくて他にもキャンペーンをやってるよね?

もちろん!申し込み前にかならずモバイルルーターのおすすめキャンペーンランキングをチェックして、一番安いプロバイダで申し込むようにしよう!