【2019年2月】WiMAXホームルーター L02のおすすめキャッシュバックキャンペーン比較と選び方(L01sの後継機) | ハローWiMAX
UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【2019年2月】WiMAXホームルーター L02のおすすめキャッシュバックキャンペーン比較と選び方(L01sの後継機)

ワイマックス「L02」のキャッシュバックキャンペーン

固定回線ながら、契約すればすぐに使えるため人気のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02(L01sの後継機)」。

この据え置き型ワイマックス「L02」を申し込むなら、絶対に知っておきたいのが、キャッシュバックキャンペーンの選び方。

何も考えずに「キャッシュバック金額の大きいプロバイダを選ぶ」と、手続きが割に合わない可能性があります。

選び方のコツを先にまとめると、以下のようになります。

タイプおすすめプロバイダ
手続きが楽な方がいいSo-net WiMAX
キャッシュバック額最大がいいGMO とくとくBB WiMAX
クレジットカードがないBiglobe WiMAX

 

L02を契約するなら、個人的に一番のおすすめはソニー系の関連会社が運営する「So-net WiMAX2+」です。

キャッシュバック申し込みの手続きが必要ないのってホント楽なんですよ。

後で比べてますが3年の実質負担額を見ると8,660円しか変わらないので、手続き忘れの方がよっぽど怖いため、So-netの自動キャッシュバックは本当におすすめです。

先に公式サイトを見てみる⇒So-net WiMAX

 

この記事ではSo-net WiMAXも含め、キャッシュバックキャンペーンの仕組みの違いについて解説し、おすすめのプロバイダを紹介します。

Speed Wi-Fi HOME L02/L01sのキャッシュバックキャンペーンには2パターンある

月額還元型のキャンペーン(So-net WiMAXなど)

HOME L02に限らず、モバイルルーターにはキャッシュバックが2種類有ります。

まず一つ目が、「月額キャッシュバック」。毎月の支払から、適用されたキャンペーン分が割引される仕組みになっています。

月額還元の場合は、キャッシュバックの手続きが必要ないことがメリット。

私も面倒臭がりなタイプなので、月額キャッシュバックのあるソネットのWiMAXを選びました。

逆にデメリットは、キャッシュバックと比べると還元率が落ちてしまう点です。

月額キャッシュバックは取りこぼしなく確実に割引できるので、手続きを忘れてしまいそうな人や、面倒くさがりな人におすすめ。

 

現金キャッシュバック型のキャンペーン(GMOとくとくBBなど)

毎月の還元の他に、直接現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンがあります。

こちらは手続きが必要。そしてもらえるのは、数か月後が基本です(即日でもらえるところもありますが、額が極端に落ちます)。

メリットは額が大きいこと

GMO とくとくBB WiMAXを使えば、高額キャッシュバックがもらえます。

キャンペーンの金額は毎月変わるので、公式ホームページをチェックしてみてね。

公式サイトを見てみる⇒GMO とくとくBB WiMAX

 

デメリットは数か月後に手続きをしなければいけないこと。しかもメール一本で送られてくることがあるので、見逃すことも。

このキャッシュバックの手続きにも期限があるので注意です。

キャッシュバック額が大きいので、よりお得に使いたい人はキャンペーンで。確実に手続きをするように気を付けましょう。

 

キャッシュバック額最大の「GMOとくとくBB」と月額割引型の「So-net WiMAX」の料金比較

うーん。キャッシュバック額の仕組みに違いがあることは分かったけど、実際どれくらいの違いがあるかは知っときたいね。

たしかにそうだよね。そこで最低契約年数の3年トータルで値段を比較してみたよ。

月額3年キャッシュ
バック
総額
GMO とくとくBB WiMAX3609円(2カ月)
4263円(3カ月~)
152,160円30500円121,660円
So-net WiMAX3620円130,320円0円130,320円

※2019年2月のキャンペーンで比較
※キャンペーンは毎月変わりますが、そこまで金額は大きく変わりません。

 

表でわかるように、3年トータルで見ると、8,660円しか変わらないんですよね(1カ月単位なら240円)。

しかもGMO WiMAXはキャッシュバックを逃すと大きく金額が上がり、2万円以上余分に払うことになります。

So-net WiMAXは総額で払う金額は少し大きくなりますが、

  • キャッシュバック申請不要
  • GMOとくとくBBと比べて大きな金額差ではない

ことを考えると、十分以上に選ぶ価値のあるプロバイダですね。

So-net WiMAXを見てみる⇒So-net WiMAX

 

なぜ月額還元型のWiMAXがもらえる金額が低いのか?

なんで還元の方が低くなるのかな?同じキャンペーンなら同額にできるよね?

それは取りこぼしとキャンペーン前に解約する人がいるからだね。くわしく説明するよ。

現金キャッシュバックの場合は、手続きが数か月後になります。そのため、どうしてもキャッシュバックの申し込み忘れをして、取りこぼす人が出てきます

またキャッシュバックを受け取る前に解約する人もいます。

月額割引の場合は、契約月数に関わらず、最初からキャンペーンを適用されているので、こちらも取りこぼしている人がいないようになっています。

選ぶうえで大事なポイントは「自分が手続きを絶対に忘れないようにする」ことです。

 

ソネットワイマックスはキャッシュバック手続きが要らないことが最大のメリット

ホームルーターを契約するなら、So-net WiMAXが本当におすすめ。理由はソネットは手続き不要でお得に使えるからです。

他のWiMAXプロバイダは、モバイルルーターのWやWXシリーズのキャンペーンと併記されていて、とてもわかりにくい。

So-netの場合は、

  • 月額還元で手続きの必要なし
  • 実質料金で考えると最高クラスの安さ

となっており、手間の部分もかからない仕組みになっています。

公式サイトを見てみる⇒So-net WiMAX

So-net WiMAXは料金が分かり易く、しかも実質支払額も最高クラスのコスパ。
月額還元型なので、現金キャッシュバックと比べると還元率は落ちてしまうところがデメリット。

 

So-net WiMAXは1年10カ月後に新品へ交換可能

So-net WiMAXは1年10カ月使うと、最新機種への無料で交換も可能。

WiMAXは3年契約。毎日使っていればバッテリーも消耗するし、大きな傷も入るかもしれません。

さらに、新しい機種でさらに速い速度の機種が出てくるかもしれません。

そういった心配をなくすために、1年10カ月で新機種へアップグレードできる仕組みがあります。

公式サイトを見てみる⇒So-net WiMAX

 

So-net WiMAX2+が契約できないパターンがある

色々とキャンペーンがありますが、おすすめはSo-net WiMAXで間違いありません。

何度も繰り返しになりますが、現金還元型で専用のページがあり、申し込みしやすいのがSo-netですが、唯一の弱点が「口座振替に対応していない」こと。

クレジットカードが必須になります。

その場合は、Biglobe WiMAXで申し込みをしましょう。口座振替が使えるWiMAXとしてはキャッシュバック額は最大クラスです。

So-netは申し込みにクレジットカードが必要なので、口座振替が使いたい人はBIGLOBE WiMAXで申し込みを。

 

Wi-Fi SPEED HOME L02(L01sの後継機)のキャッシュバックキャンペーンまとめ

この記事では、据え置き型のモバイルルーター「Wi-Fi SPEED HOME L01s」についてまとめました。

キャンペーンの選び方としては、

となります。ぜひ一番自分に合ったプランを選ぶようにしてくださいね。

L01s/L02のレビューについては、下記記事でまとめているのでこちらもご覧ください。

参考 据え置き型WiMAX「HOME L01s」のレビュー

参考 WiMAX「HOME L02」のレビュー

 

実質支払金額も安いので、選ぶなら間違いなくソネットですね。私が選んだ理由も別記事で書いています

参考 So-net WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンを選んだ理由

 

通常のWiMAX端末との比較や、他社ホームルーター「Softbank Air」などとの比較は次のページで書いてるのでよければ、参考にしてね。