UQモバイルで13000円もらえる⇒

【スマホに2つの番号を】DSDS、DSDVのメリット・デメリットとおすすめ格安SIMの組み合わせを解説

格安スマホの便利な機能の中に、2つのSIMカードを使う「DSDS」や「DSDV」という仕組みがあります。

DSDS、DSDVのどちらも一つのスマホで2つの番号を使える方法。

昔のドコモの「ドッチーモ」みたいな機能になります。

この記事では、DSDS、DSDVの仕組みについて、わかりやすく解説しました。

格安スマホのトリセツ限定キャッシュバック

キャッシュバック条件を知る

DSDSとは?メリットとデメリット

DSDSとはデュアルSIMデュアルスタンバイのことを指します。

2つあるSIMのうち、両方がスタンバイ状態にあるということ。

デュアルSIMではこのように2本刺しできます

 

このスタンバイ状態になっていると、4Gの通信は片方で行いますが、音声通話は両方ともできるようになります。

音声通話が2つできるってどういう意味なのかな?

違う電話番号を同時に持つことができるってことなんだよ。これが使えるととても便利なんだ。

DSDSでは、2つの電話番号を両方とも一つのスマホで持てる状態になります。

たとえば、プライベート用とビジネス用を分けたり、日本用と海外用で電話番号を分けることもできるようになります。

ただしDSDSでは電話を受けているときに、電話を受けていない方のSIMカードでは通信できないという欠点があります。

ただ、電話を受けているときだけなのであまり気にする必要はないでしょう。

 

DSDAとは?メリットとデメリットを解説

DSDSの上級版に、「DSDA:デュアルSIMデュアルアクティブ」という機能があります。

え?さっきはスタンバイで両方ともの番号が使えたんだよね?それ以上って何?

DSDAでは4G LTE通信が両方とも使えるようになるんだ。

DSDAになると、DSDSでは使えなかった片方の4G LTEも使えるようになります。

「4G LTEでつながっているなら、あまり意味がないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ソフトバンク系とドコモ系など異なる回線系で格安SIMを契約しておけば、圏外になる可能性を下げることができます。

またDSDAでは、どの状態でも両方のSIMカードが常にONになっているのでどちらで通話を受けていても、4G LTE通信は全て保たれたままになるメリットがあります。

一番上位版なこともあって、ほとんどデメリットはありませんが、唯一欠点を上げるとすれば、ほとんど対応機種がないことです。

海外版のスマートフォンの中でも上位機種の中にしか搭載されていないため、高額になってしまう恐れがあります。

 

DSDS、DSDAとおさいふケータイ(Felica)が併用できるスマホはほぼない

日本ではApplePayやGoogle Payを利用して、モバイルSuicaを使えるケースが増えてきています。

ところがDSDS、DSDAの機能を持つスマートフォンは、ほぼ全てが海外製(一部はあります)。

そのため、おさいふケータイが使えるスマートフォンがほとんどありません。

2019年1月段階で、DSDSに対応しつつおさいふケータイが使えるのは、OPPO R15 Proしかありません(この機種は正確にはDSDV)。

 

R15 Proのスペックは悪くありませんが、コスパ面で見ると微妙なところ。

もう少し新しいDSDSやDSDAスマートフォンが出てくることを待った方がよさそうな気がしますね。

 

iPhoneでDSDS、DSDVは使える?⇒現状は使えない

結論から言えば、現段階で日本では使えません。

iPhoneのSIMスロットは一つしかありませんが、中に「eSIM」と呼ばれるSIMカードが内蔵されています。

 

このeSIMに日本のキャリアが対応していないため、使うことができません(キャリア側でeSIMの情報を書き換える必要があります)。

eSIM内蔵となっているのは、

  • iPhoneXR
  • iPhoneXS

となっています。今後、これらの機種でeSIMの利用が解禁されれば、iPhoneでもデュアルSIMが使えるようになるはずです。

 

 

ここからはデュアルSIMでのおすすめの使い方パターンについて解説していくね。

 ビジネスマン(音声+音声)

以前の記事でも取り上げさせてもらったのですが、僕自身が一番感動しているのは、DSDSを使って音声通話をするパターンです。

DSDSがデータ通信を起動できるのは、一つのSIMだけですが、音声通話の場合は両方共アクティブにすることが可能です。

一つのスマートフォンで2つの電話を受信、発信できるのは本当に便利。

会社用のSIMと、個人用のSIMの2本差しすることによって、1つのZenFone3の中に収めてしまうことが可能で、スマホを一つ減らすことが可能なんです。

 

海外出張者(音声+音声[現地]、音声+データ[現地])

国外へ出張する場合、データ通信は現地のSIMを使う方が良いです。

また、音声通話も日本のSIMを使うよりも現地でSIMを調達出来たほうが安く済みます。

[ビジネスマン]の項でも書きましたが、ZenFone3のDSDSは音声通話を2つともアクティブ状態にすることが可能なので、海外にいながらも自身の日本で使っている電話番号はそのまま使えます。

海外出張に出かけた時に、データ通信が多い(例えば、パソコンでテザリングしながら、作業することが多い)と言った場合にDSDSが活躍します。

 

電話多+データ通信多(音声+データ格安SIM)

格安SIMを使う最大のデメリットは電話料金が通常料金掛かってしまい(40円/分、税抜)、電話量が多い人は高額になってしまうこと。親しい人への通話であれば、LINEの無料通話等でも十分ですが、会社への電話等、どうしても090もしくは080の電話発信が必要になることがあります。

その場合は、音声通話はキャリア(docomo、softbank、au、Y!mobile)の最低料金プランにしておいて、データ通信を格安SIMで使う方法があります。

楽天モバイルやDMM mobile等が大容量の20GBのプランを出しているので、お得にデータ通信を利用することができるんです。

ただし、最近になって、キャリアが20GBプラン(ギガモンスター等)を出してきているため、電話をかけ放題にして、データ通信を格安SIMで使う旨味はあまり無くなってしまいました。

 

電話多い+LINE、Twitter、等のSNSの利用が多い

上記で書いたとおり、データ通信はキャリアの20GBプランが低価格で出てしまったため、あまり旨味は無くなってしまいました。

そこで最近注目しているのが、キャリア(docomo、au、sotbank、Y!mobile)にLINEモバイルを合わせる方法です。

LINEモバイルはコミニケーションフリーというプランを出しています。

このプランは、「LINE、Twitter、Facebook、instagram」といったSNSが全て通信量がカウントされない格安SIMです。

僕自身、スマートフォンの使い道で最もデータ容量を食っているのがTwitter、次いでLINEです。

ですから、LINEモバイルは、僕も含めそういった人たちにメリットの大きい格安SIMだと思っています。

LINEモバイルの公式HPを見てみる ⇒ LINEモバイル

 

DSDS、DSDVについてのまとめ

DSDS、DSDVの基礎から、使いこなすために色々なパターンについて紹介させてもらいました。

使い込んでいく内に、2つのSIMカードが同時に使える状態は本当に便利な機能であることを実感させられます。

中でも、音声通話をワイモバイルにして10分かけ放題、データ通信をLINEモバイルにしてSNS使い放題にすると、用途によって定額制に近くなり、便利です。

この組み合わせが、日本でDSDSにとっては現状ベストだと思いますね。

 

追記:LINEモバイルで詳しく検証

LINEモバイルが到着したので、色々検証した結果をまとめています。DSDSに特化した話ではなく全体評価になりますが・・・。

LINE、Twitterなどが通信量カウントされず、かつ通信速度がとても快適なSIMなので、ホントに一押しの格安SIM。

LINEモバイルについては「LINEモバイルのトリセツ」でくわしく解説してるよ。ぜひ見てみてね。