Huaweiのスマホラインナップと全端末スペック完全比較

ファーウェイの端末って種類がいっぱいあってわからないなぁ・・・どれがおすすめなんだろ?

こういう風に悩んでいる人多いのではないでしょうか。

毎年、Huaweiはハイエンドからローエンドまでたくさんの機種を出しますし、キャリア専門の機種もあるのでしょうがないですよね。

そこで本記事では、他にはないHuaweiのスペック一括比較できるエクセル表をまとめ、さらにおすすめの機種についても、4種類ピックアップ。

この記事を見れば、 Huawei(ファーウェイ)の全てがわかる!というものにしたので、ぜひ熟読してみてください。

先におすすめ端末を知りたい人は以下からどうぞ。

Huaweiのおすすめ機種を先に見てみる⇒

 

目次

先におすすめ端末を知りたい人はまず”★ファーウェイおすすめ端末”からお読みください。

また、●のスペック一覧では、エクセル一覧で詳細スペックを比較できる表を用意しています。

Huaweiの会社の由来や特殊なCEO制度を知りたい人は「スマホ百科」の記事で解説しています。

初心者 ファーウェイとは?企業体制からアジアシェアなどを徹底解説

 

ファーウェイ端末のシリーズの違い

ファーウェイ端末には大きく分けて、以下の種類があります。

 

2017年で少し古い記事ですが、engadgetの記事で各社の違いが述べられています。どの端末も細かくターゲット層が異なった展開。上の箇条書きで説明すると、上に行くほど高級で大画面になる傾向があります。

さらに、 これらに加えて「○○ lite」というシリーズがあります。正直、ラインナップは多すぎて、かなりややこしいです。

そのため、Huaweiの端末を探す場合はプロセッサ(CPU)で見て、以下の3つで判断すると良いです

(5GHz非対応はaとacに非対応。詳しくは2.4GHzと5GHzの違いを参考)

 

Huaweiのスマホスペック一覧表では、上の基準でそれぞれのレンジを区分けしているのでわかりやすくなっています。商品選びの参考にしてみてください。

→目次に戻る

 

Huaweiのスマホの選び方

「lite」か「lite以外か」で選ぶ

ファーウェイのスマホの選び方は簡単。電話と写真を基準を選ぶ、ただそれだけです。

 

価格帯的には、3万円、5万円、10万円がファーウェイが用意しているスマホのメインターゲット層ですが、liteが3万円、Proが10万円を超えるくらい。

5万円前後のモデルも悪くはないのですが、性能が中途半端すぎるため、上か下を購入するのがオススメですね。

 

ゲームをするなら他社がおすすめ

ファーウェイの端末は悪くはないのですが、 個人的にゲームをするなら別の機種をすすめたい。理由はプロセッサ。

ファーウェイは自社ブランドの戦略として、昔からプロセッサに独自開発した「Kirin」を載せています。Kirinの性能が悪いわけではありませんが、一般的にSnapdragonの方がゲームには適していると言われています。

 

Kirinの900番台を買うのも、Snapdragon800番台を買うのも大して変わらないので、ハードなゲームをするために高いスマホを買うならスナドラ800番台の方が良いでしょう。

 

アメリカの制裁について

ファーウェイはアメリカとの間でトラブルが起こった関係で、現在、Huawei製のandroidがまともに使えなくなる可能性を秘めています。

以下は参考記事です。

 

2019年6月段階の情報としては、日本ではandroidを使う上で、Googleのサポートが受けられなくなる可能性があるということ(すでに発売されている機種はGoogleがサポートを発表しているので問題なし)。

具体的な機種名では、P30シリーズ以降の発売モデルは雲行きが怪しくなっています。 現時点ではHuaweiのスマホの購入は各社全て、自己責任という扱いになるので要注意です。

 

・続報

2019年6月29日、アメリカの制裁措置が解除される見通しになり、P30 Proをはじめ全ての端末が発売されることになりました。詳細は以下です。

トランプ大統領、米国企業とファーウェイの取引を許可
 米国のトランプ大統領は29日、大阪で開催されたG20での記者会見で、ファーウェイに対する制裁について「取引を許可する」とコメントした。

 

→目次に戻る

 

今月のファーウェイおすすめ機種4選

ファーウェイのおすすめスマホは以下の通り。それぞれのおすすめポイントについて解説していきます。

  • P30 lite:最新かつミドルローエンド
  • P30:写真の優れたミッドレンジ
  • Mate 20 Pro:高性能ハイエンドモデル
  • nova lite3:キャンペーンで狙うべきモデル

 

P30 lite:2019年の本命売れ筋モデル

P30liteの指紋認証

3万円台で買える最強ローエンドがP30 lite。 3万円台にも関わらず、トリプルカメラを搭載したモデルになっています。前モデルのP20 liteでは2眼でしたが、広角を搭載してパワーアップしています。

CPUは、他メーカーなら5万円前後してもおかしくないミドルレンジのKirin600番台を搭載。低価格で買えるモデルとしては異常なほどの性能とコスパを兼ね備えたスマートフォンです。

取り扱い

 

nova lite3:3万円以下で買えるコスパ最強モデル

性能よりも値段にこだわるのであれば、ファーウェイは一つ前に発売されたローエンドモデルが超おすすめです。理由は”ただでさえ安い本体価格がキャンペーンでもっと安くなるから”です。

nova lite3はまさにそれに該当していて、P30 liteの前に発売されたモデルですが、キャンペーン等で劇的に安くなっていて、価格重視なら狙うべき端末。

もちろん一つ前のモデルといっても、Huaweiの場合は半年置きに新しい端末が出てるので、実は性能的にほとんど差がないこともポイントの一つです。

 

P30:3眼カメラで美しく撮影できるモデル

P30はliteの上位版に位置するモデルです。

価格的にはP30 liteと比べるとグンと上がってしまいますが、 7,8万円の同じ値段帯の中では最高クラスの性能となっています。

また何より、カメラで最高性能を誇るP30 Proの流れをくむモデルのため、綺麗な写真撮影をするには持ってこいのモデル。P30 Proとの違いはカメラが4眼か、3眼かです。

関連情報

取り扱い

 

Mate20 Pro:ハイエンドかつカメラ機能に優れた大画面スマホ

ファーウェイのPシリーズのProは魅力的な端末であるものの、ドコモなどキャリア専売モデルになっています。

SIMフリーをはじめ、ファーウェイのハイエンド端末を”自由に”選ぶことを前提にするなら、Mate20 Proの方がいい。

若干、 ディスプレイサイズは大きめになりますが、最高スペック+カメラ性能を選ぶならこちらのモデルがおすすめです。

 

→目次に戻る

 

ファーウェイ端末の発売日・発売価格・スペック一覧

ファーウェイから発売されている端末のスペック情報をまとめました。 2019年6月26日に最新情報へ更新しています。

※以下の情報をもとに表を作成、記事を公開することは構いませんが、その際は必ず当記事へのリンクをお願いいたします。

 

マシンスペック(SoC・メモリ・ストレージ他)

こちらの表をブログに張り付ける場合は以下をお使いください。

<iframe src="https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vTqe7N6z6Mc-TQDWeKkNVyGZMuCmhjWuR2sAOl8KYaACa9pnXHsFhbTlSUKeiAE9LID479Ni4RFkLju/pubhtml?gid=0&amp;single=true&amp;widget=true&amp;headers=false" width="100%" height="650px"></iframe>

 

アウトカメラのスペック

こちらの表をブログに張り付ける場合は以下をお使いください。

<iframe src="https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vTqe7N6z6Mc-TQDWeKkNVyGZMuCmhjWuR2sAOl8KYaACa9pnXHsFhbTlSUKeiAE9LID479Ni4RFkLju/pubhtml?gid=2125444029&amp;single=true&amp;widget=true&amp;headers=false" width="100%" height="650px"></iframe>

 

インカメラのスペック

こちらの表をブログに張り付ける場合は以下をお使いください。

<iframe src="https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vTqe7N6z6Mc-TQDWeKkNVyGZMuCmhjWuR2sAOl8KYaACa9pnXHsFhbTlSUKeiAE9LID479Ni4RFkLju/pubhtml?gid=1457013892&amp;single=true&amp;widget=true&amp;headers=false" width="100%" height="650px"><span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"></span></iframe>

 

→目次に戻る

 

ファーウェイの機種ラインナップ一覧

ここでは ファーウェイの機種を一覧形式でまとめました

Kirin900番台搭載モデルをハイエンド、それ以外のモデルでWi-Fiが5GHzに対応したものをミッドレンジ、それ以外をローエンドとしています。

レンジ別の狙い目は”ミッドレンジ”で、3万円強で買えて、コスパのバランスの良いモデルが多くなっています。

 

ハイエンド

P30 Pro

2019年5月に発売されたハイエンドスマートフォン。 過去モデルと比べても過去最高レベルのカメラを搭載している。アメリカの制裁により、発売は延期予定。キャリア限定発売。ドコモからはオリンピック限定デザインが発売予定

P30

P30 Proの廉価版。P30と同じKirin980を搭載しているため、廉価盤と言っても性能面では差はほぼない。 カメラが3眼となっていたり、その他機能が省かれている分安くなっている

Mate20 Pro

トリプルレンズカメラ搭載のスマートフォン。Pシリーズとしてバッテリーが大きく4200mAhも搭載する。レンズがセンターなことが特徴。

nova3

P30やMate30と異なり、カメラは2眼で、基本性能を同等レベルまで高めたモデル。 カメラは必要ないが、スマホの性能を妥協したくない人向けのモデル

 

ミッドレンジモデル

P30 lite

P30liteの手に持った様子(背面)

2019年発売されたモデルの中では最高クラスのコスパを誇る。 P20liteから3眼カメラに進化した。唯一残念なのは液晶ディスプレイなことくらいで他はほぼ全て必要な機能を備えるスマホ。

P20 lite

2018年の発売モデルで最も売れたSIMフリースマホ。P30liteと併売されていることもあり、格安SIMキャンペーンで安く手に入ることもあるので要チェック。

 

ローエンドモデル

nova lite3

基本性能は P30liteに引けを取らないが、Wi-Fiが5GHzに対応していないため、家庭用Wi-Fiに繋ぐ場合にデメリットになりやすい機種。ただしその分、かなり安く購入できる。

nova lite2

nova lite3の前モデル。nova lite2はnova liteシリーズで初めてデュアルカメラになったモデル。

 

→目次に戻る

 

ファーウェイの過去発売モデル一覧

日本で取り扱いが終了したモデルについては、以下の記事で過去モデルとして掲載しています。ご参考下さい。

Huaweiの過去発売されたスマートフォン一覧

→目次に戻る

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました