UQモバイルで13000円もらえる⇒

【Fiimoを解約した理由】フィーモは厳しいので、素直にmineoにした方がイイですよ

格安SIM(MVNO)レビュー

Fiimo、ちょっともう厳しいのかな。

mineoに引き続き、マルチキャリア格安SIM(ドコモとauの両方の電話網が使える格安SIM)である、Fiimo。

6ヶ月割引キャンペーンがあって、Dプランを使っていたのですが、あまりに微妙なので、解約することにしました。今回はFiimoが微妙だったところまとめです。

スポンサーリンク

通信スピード(ダウンロード)がひどい

格安SIMですから通信スピード、これが評価のポイントに尽きます。DTIみたいに、無制限使い放題プランでもないんですけどね。ほとんどの時間帯で1Mbpsを切っちゃっているような状態です。

アップロードの方は使用に対して差し支えないくらいの速度(10Mbps以上出ることもよくある)なんですが、ダウンロードが使えないと使い物にならないので・・・ちょっとたまらないですよね。

Fiimoの回線はmineoの借り物

Fiimoを契約するとわかるんのですが、Fiimoの回線接続先はmineoなんですよ(APN設定先がmineoになっています)。

mineoはdocomo,auから回線を借り受けているので、Fiimoは孫的な立場。

その理由からか、mineoと同じプランを持っていながら少しだけmineoより価格設定が高いんですよ。数十円、数百円レベルなんで、気にならない方もいるかもしれませんけど、節約のために格安SIMにするならねぇ・・・一円でも安いほうがやっぱりいいじゃないですか。

さらに高いのにmineoよりも速度が出ていない、というのがイケてない。ちょっと考えものですよね。

まとめ

以上、2つの理由(というか、スピードが出ていないことがほぼ全てですが)より、Fiimoは解約することにしました。

データ通信で契約しているので、解約手数料はかからず、SIMを返却するだけになると思います。

今の現状では速度が厳しすぎて、Fiimoを選ぶなら親元にあたるmineoを選ぶほうがスピード面でもコスト面でも得策としか言えません。

素直にmineoを選んでおくことをオススメします。