UQモバイルで13000円もらえる⇒

【IIJmio専売】ZenFone4カスタマイズモデルの実機レビュー(価格、スペックの違いを比較)

ASUSから発売されているZenFone4には、IIJmio(みおふぉん)専用のカスタマイズモデルがあります。

この記事では、IIJmioのZenFone4カスタマイズモデルの特徴、通常版との違いとともに、SIMカードを入れてテストしてみた結果についてまとめました。

スポンサーリンク

IIJmioカスタマイズモデルと通常版の違い

性能は通常版の方が上

IIJmioから発売されているカスタマイズモデルって通常版と比べてスペックってどうなってるの?

通常版の方が実は性能が高くなってるんだ。でもその分、IIJmio専用モデルの方が安く手に入るよ。

カスタマイズモデルということで、通常版よりも高性能なことをイメージするかもしれませんが、実は性能は通常版の方が上です。

ポイントはメモリとCPU。それぞれの違いは以下の通りです。

比較項目 通常版 カスタマイズモデル
CPU(プロセッサ) Snapdragon660 Snapdragon630
メモリ 6GB 4GB
Snapdragon600番台は、番号が大きくなるほど新しく高性能なモデルになります。

 

これって違いあんまりわかんないんだけど、そんなに違うものなの?

性能的にはもちろん違いがあるね。ただメール、電話、LINE、SNSが中心なら気にするほどでもないよ。

Snapdragonシリーズは半期に一度新しいのが出るほど高サイクルで新しいモデルが発売されます。そのため、実は新しいモデルと古いモデルでさほど差がありません

後で詳しく比較していますが、新モデルのZenFone5Qは同じCPU、メモリを搭載しています。

 

メモリは使いやすさに直結しますが、現在発売されているSIMフリースマートフォンのほとんどがまだまだ4GBです(iPhoneXも3GBしかありません)。

ゲームをたくさんするならともかく、通常の用途程度ならさほど気にする必要もありません。

 

性能が低い分、廉価モデルになっている

性能が低いってことは、値段はその分安くなっていると思っていいんだよね?

その通り!通常版のものと比べて、万単位で安く手に入ることもあるんだ。

ZenFone4カスタマイズモデルは性能が低い分、安くなっています。価格コムでは最安値が45,000円前後になっていますが、IIJmioであれば35,000円前後で手に入れられます(2018/8/21段階)

現在の価格をチェックしてみる⇒IIJmio

 

後で詳しく書いていますが、CPUとメモリの性能は低くても、カメラやディスプレイの性能は全く同じ

処理速度にこだわらない人にとっては、ちょうど良い選択肢と言えるでしょう(処理速度については動画を後ほど載せています)。

 

ZenFoneの特徴であるカメラの性能は全く同じ

ZenFone4カスタマイズモデルのカメラの特徴を教えて?

もちろん。カスタマイズモデルでも通常版と基本的に同じだよ。

ZenFone4カスタマイズモデルと通常版の違いはCPUとメモリ。そのため、カメラなどの性能は全く変わりません。

ZenFone4の一番の特徴は、前モデルのZenFone3から大きく変わったデュアルカメラ

 

このデュアルカメラのお陰で高画質化、さらにボケ味を強く出せるポートレートモードが搭載されるようになりました。

ZenFoneはカメラが非常にきれいな機種なので、スマホに値段をかけたくない!でも写真は綺麗な方がいい!という欲張りな人にはぴったりのスマートフォンになっています。

格安スマホの中でも、ASUSスマホの写真の綺麗さはダントツレベルだよ。

 

ZenFone4カスタマイズモデルの処理速度

CPU(プロセッサ)やメモリが落ちているので、どれくらいの速度になっているか気になる人もいるでしょう。

そこで実際に、処理動作を動画で撮影してみました。

 

見ての通り、動作は非常に滑らかです。先に書いた通り、通常版よりもコストダウンされているので、気になる人もいるかもしれません。

しかし、実際はSnapdragon630とメモリ4GBなら、ほかの格安スマホと変わらず使えるレベルになっていますよ。

ちなみにほとんどの格安スマホはSnapdragon600番台クラス、メモリは3~4GBが中心となっています。

 

IIJmioのSIMカードを使ってテストしてみた結果

IIJmioのカスタマイズモデルということで、実際にSIMカードを入れてスピードテストを実施しました。

結果は以下の通りです。少し遅めですが、ネットの閲覧は問題ありませんでした。

 

ZenFone5QとZenFone4カスタマイズモデルの比較

ZenFone4って、一応過去モデルになるんだよね?新しいZenFone5と比較してどうなのかな?

ZenFone5シリーズは全部で3種類あるんだけど、一番安いモデル「ZenFone5Q」と比較してみるね。

ZenFone5Qと今回のカスタマイズモデルを比較してみました。スペック表は以下になります。

比較項目 ZenFone4
カスタマイズモデル
ZenFone5Q
寸法 155×75×7.5mm
(コンパクトで薄い)
161×76×7.7mm
重さ 165g
(軽い)
168g
ディスプレイ 5.5インチ 6.0インチ
(画面が大きい)
解像度 1080×1920 1080×2160
背面カメラ 1200万画素+
800万画素
1600万画素+
800万画素
(写真が綺麗に撮れる)
内側カメラ 800万画素 2000万画素+
800万画素
(写真が綺麗に撮れる)
電池容量 3300mAh 3300mAh
プロセッサ Snapdragon630 Snapdragon630
ストレージ(ROM) 64GB 64GB
メモリ(RAM) 4GB 4GB
無線LAN a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
外部メモリ microSD400GB microSD400GB

 

結論から言えば、性能はほぼ同じです。違いはディスプレイサイズとカメラ。

ZenFone5シリーズからはiPhoneXのように狭額縁モデルが増えてきているので、その分ディスプレイが大きくなっています(ただし、サイズも若干大きくなります)。

値段の差をディスプレイの差ととらえて、使いやすさを選んでみてもいいかもしれませんね。

またカメラはZenFone5Qは自撮り特化モデルのため、インカメラの性能は全く違いますね。

インスタで自撮りを上げる場合は、ZenFone5Qの方が良いでしょう。

 

P20liteとZenFone4カスタママイズモデルの比較

2018年とっても売れているファーウェイのP20liteとの比較はどうかな?

P20liteは値段の割にはすごくいいスマホだからね。下記で比較してみたよ。

P20liteとZenFone4のスペック比較は以下のようになっています。

比較項目 ZenFone4
カスタマイズモデル
P20lite
寸法 155×75×7.5mm 149×71×7.4mm
(コンパクト、薄い)
重さ 165g 145g
(軽い)
ディスプレイ 5.5インチ 6.0インチ
解像度 1080×1920 1080×2280
背面カメラ 1200万画素+
800万画素
(サブカメラ性能が良い)
1600万画素+
200万画素
内側カメラ 800万画素 1600万画素
電池容量 3300mAh 3000mAh
プロセッサ Snapdragon630
(ゲームに強い)
Kirin659
ストレージ(ROM) 64GB
(容量が大きい)
32GB
メモリ(RAM) 4GB 4GB
無線LAN a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
外部メモリ microSD400GB microSD400GB

 

P20liteは3万円以下のスマートフォンとしては、ほぼ最高クラスの性能を誇ります。大型ディスプレイに加えKirin600番台のスペック。

ディスプレイサイズと比較して、軽いこともメリットの一つです。

そんなに良いのなら、P20liteの方がいいのかな?

状況にもよるんだけど、ゲームをするならZenFone4カスタマイズモデルを選ぶほうがいいよ。

CPUの名前のところを見るとわかりますが、プロセッサはKirinとSnapdragonという2種類があります。

KrinシリーズはP20liteを発売しているHuawei(ファーウェイ)の独自規格。

一方でSnapdragonは、各社が使っている一般的なCPUです。

ゲームに関して言えば、同程度のクロック数(処理速度)では、Snapdragonの方がゲームに適しているといわれており、ZenFone4カスタマイズと、P20liteはほぼ同じレベルにあたります。

そのため、スマホゲームをすることが多い人は、多少値段が高くなりますがZenFone4カスタマイズモデルを選ぶと良いと思うよ。

 

まとめ:IIJmioのZenFone4カスタマイズモデル

この記事では、IIJmioから専売モデルとして発売されているZenFone4カスタマイズのメリット・デメリットについて書きました。

カスタマイズモデルは通常版に比べると性能は落ちますが、

  • 普通の人が使うレベルなら十分満足して使えること
  • 値段が通常版よりも安いにもかかわらず、カメラなどはそのままの機能

となっていることで、選択肢の幅が広がるモデルです。

ぜひ検討してみてくださいね。

公式サイトで専売モデルを見てみる⇒IIJmio

IIJmioは当サイト限定のキャンペーンを実施しています。詳しくは、IIJmioのキャンペーン・キャッシュバックの記事をご覧ください。