【実機レビュー】P30 liteのスペック、メリット・デメリット

貿易問題により発売が延期されていたP30 liteですが、2019/8/8より発売開始しました。特にUQモバイルでは、端末割引に加え、UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)でさらに最大1万円現金キャッシュバックです。キャンペーンの詳細はこちら

 

2019年に発売されたスマートフォンの中でも、3万円台で非常に優れた性能をもつHuaweiの「P30 lite」。

P liteシリーズで初めて、トリプルカメラが搭載されレンズを切り替える事でさらに広角が撮影できるようになったモデルです。

この記事では、そのP30 liteを手に入れたので、実機レビューしてみました。

 

\当サイト限定キャッシュバック中/

目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

P30 liteの特徴

ミッドレンジではかなり大きなディスプレイ

P30 liteは、6.15インチもありかなり大きなモデルです。一方で、重量は159gしかないため、軽く、長時間でも使いやすいモデルになっています。

P30liteの画面

 

大きいのに軽いため、密度が低く感じるため重量はさらに軽く感じる傾向があります。

 

ミッドレンジでは珍しいトリプルレンズカメラ

カメラはトリプルカメラがあります。カメラを2つと、被写体深度用のレンズを搭載しています。

P30liteのトリプルカメラ

 

トリプルカメラになっていることも驚きですが、個人的には3万円台の価格帯でイン、アウトカメラともに2400万画素のカメラを搭載していることに驚き。

実際、とても綺麗に撮れます。

 

以下は「ワイドアパーチャ」を活かして撮影をしています。

 

プロセッサはKirin710、メモリ(RAM)は4GBでミッドレンジとなっています。

HuaweiのP liteシリーズが3万円台でこのシリーズを出してくるため、当然のようになってしまっていますが、コストパフォーマンスは相変わらず異常に良いですね。

動作を検証した動画が以下の通り、よほど負荷の高いゲームをしない限り、日常生活の上で困ることはほぼないでしょう。

 

前モデルからの進化ポイント

前モデルの「P20 lite」からの進化ポイントは、やはり「カメラ」。トリプルカメラになっていることだけでなく、何よりも画素数がポイント。

今回搭載されたカメラは2つの広角カメラと被写体深度カメラです。そのうち、メインの広角カメラが2400万画素にアップしています。

CPUは正統進化しているものの、600番台、700番台のKirinはほぼ同じクラス。

メモリは4GBですから、P20 liteと性能面での差は思った以上にないと思ってよいでしょう。

バッテリーは3340mAhと大きくなっていますが、ディスプレイサイズも大きくなっているため、一概に電池の持ちが良くなったとはいえないので注意です。

P20liteとP30liteのスペック比較についてはHuawei機種のマシンスペック比較一覧でご覧いただけます。

目次に戻る⇒

 

P30 liteのマシンスペック

P30 liteのマシンスペックは以下の通りです。

発売日2019/5/24
寸法152.9×72.7×7.4m
重さ159g
ディスプレイサイズ6.15インチ
形式TFT
画素数2312×1080
バッテリー電池容量3400mAh
ワイヤレス充電×
リバースチャージ×
急速充電記載なし
プロセッサ(Soc)Kirin710
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
外部メモリ512GB
通信下り最大記載なし
上り最大記載なし
Wi-Fia
ac
b
g
n
bluetoothバージョン5.0
最大接続台数公式記載なし
生体認証指紋センサー
(静電式)
顔認証
光彩認証×
おサイフケータイ×
緊急避難速報公式記載なし
防水×
防塵×
ワンセグ/フルセグ×
赤外線通信×
コネクタUSB-C
OSandroid 9.0

 

毎回、ファーウェイはP liteシリーズの更新のたびに恐ろしいスペックのスマホを出してきます。

まさにこのP30 liteもその一つ。3万円台で買えて、ミッドレンジのKirin710を搭載し、画面サイズは6.15インチと最強クラス。

同価格帯の中では、有機ELでない点が残念ですが、それ以外のスペックは言うことなし。

重量159gという軽さも踏まえて考えると、日常用途では十分以上すぎるスペックを持つ、コスパ最強スマホです。

目次に戻る⇒

 

P30 liteのカメラスペックと作例

P30 liteのカメラに関するスペックは以下の通りです(作例はこちら)。

メインカメラ1
有効画素数2400万画素
F値記載なし
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×
メインカメラ2
有効画素数800万画素
F値記載なし
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×
メインカメラ3
(深度測定用)
有効画素数200万画素
F値記載なし
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×
インカメラ
有効画素数2400万画素
F値記載なし
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×

 

P30 liteで撮影した作例

後日、撮影後追加予定です。

 

P30liteの外観

P30 liteは6.15インチと大型ですが、上下ともにディスプレイがギリギリまであるため、手に持ってみてもサイズよりも小さく感じる大きさになっています。

ディスプレイ上部は水滴型ノッチ。また、少しわかりにくいのですが、水滴型ノッチ部分は少しトーンが落ちています。

P30liteのノッチ部分

 

これにより、ノッチが目立たなくなっているように感じますね。

右サイドには音量ボタンと電源ボタンがあります。

 

左側は何もなしです。この形の方が無駄にスクリーンショットを撮ることがないため、無駄に画像フォルダが増えず助かります(iPhoneは意図せずスクリーンショットを撮ってしまうため)。

 

上部にはSIMカードの挿入口があります。2018年ごろからこのパターンが増えましたね。

 

SIMカードスロットは以下のようになっています。

 

下部は、イヤホンジャック、USB-C、マイクとなっています。

P30liteの底面

 

このP30 liteでとにかく褒めたいのがUSB-C。

3~5万円程度のミッドレンジモデルは、micro-USBとUSB-Cどちらも混在します。USB-Cはパソコンと共通して使えるので嬉しいんですよね。

ただ1点、USB-Cのコネクタ位置が中心に来ていないことがイマイチ。背面側に若干寄っているため、なんとなく気持ち悪さがあります。

背面は以下の通り、指紋認証とトリプルカメラを備えています。

P30liteの指紋認証

 

指紋認証は「完全円形」。

ZenFoneシリーズのように円形でないものは方向性があるため使いにくいものもありますが、P30liteではその心配はありません。

カメラはトリプルカメラで出っ張りがある形になっています。

しかし、以前のnova lite2と違い、3つのカメラが一つのユニットとなっているため、違和感はありません。

P30liteのトリプルカメラ

 

実際に持ってみた様子が以下。6.15インチもありますが、実際に持ってみるとそれほどでもないように感じます。

P30liteの手に持った様子(背面)

 

P30liteは前モデルと異なり、側面が絶妙にラウンドしています。そのためサイズアップしているものの、握り易さはメリット側に働いている印象ですね。

P30liteのエッジ部分

 

目次に戻る⇒

 

P30 liteのメリット・長所

弱点がなくコストが安い

HuaweiのPシリーズの中でも、liteはとりわけ値段が安く3万円台で購入することができます

さらに格安SIMと一緒に購入することで、端末割引やキャッシュバックを使って、1万円以下にできることもあります。

キャリアのスマホから考えると超激安ですが、性能は十分。

P20 liteは2018年に最も売れたスマートフォンですし、その後継機種のP30 liteはカメラを中心にさらに進化。

P30 liteはP20 liteと比較してほとんど値段が変わらないため、年々コスパが高くなっていますよ。

UQモバイルなら端末のサポート割引+UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)からの申し込みで最大1万円があるため、非常にお得です。

 

TFT液晶でありながら狭ベゼル

2018年頃から有機ELモデルが格安スマホでも流行りだした傾向がありますが、P30 liteはTFT液晶を搭載しています。

有機ELと液晶の違いでも解説していますが、TFT液晶は仕組み上ベゼルが広くなってしまいます。P30 liteは液晶でありながら、実はかなり狭いベゼル。

 

私は有機ELのiPhoneやPixel3を使っていますが、それらと比べても遜色ないレベルのモデルになっていますね(iPhoneXRの方がベゼルの大きさを感じる)。

 

ロック画面のUIの良さ

androidは、メーカーによって独自カスタマイズされているケースがほとんどです。そのため、Huaweiならではの機能が入っています。

UI面では特にロック画面からのアクセス性が高くなっています

iPhoneですとカメラとライトだけですが、P30 liteではライト、電卓、ボイスレコーダー、カメラ、ストップウォッチ、アラームとワンタッチで呼び出したいコマンドが一瞬で呼び出せるようになっています。

P30liteのロック画面操作

 

特に電卓なんかは、私もよく使うのでとても助かりますね。

 

ツインアプリによるアプリの複製

Huaweiのandroidは「ツインアプリ」という特定のアプリを複製できる機能があります。

実際にLINEを複製してみた様子が以下です。

 

ツインアプリは「仕事用、プライベート用」のLINEを分けたいなど、シーンによって活躍します。

特にP30 liteはデュアルSIMにも対応しており、番号を二つ持てるため、ツインアプリによる複製はとてもメリットが大きくなります。

 

トリプルカメラにより広角の撮影が可能に

トリプルカメラは、通常、広角、被写体深度測定用の3つのカメラを搭載しています。

通常カメラと広角カメラはワンタッチで切り替える事ができます。

動画で見るとわかりやすいのでぜひ。30秒ほどです。

 

撮影できる範囲が一気に広がるので、大人数が集まったり、風景を撮る時には重宝しそうな機能です。

 

ワイドアパーチャモード

P30 liteシリーズに限らないですが、Huaweiの製品には後からピントを変更できるワイドアパーチャモードを搭載しています。

以下は、ワイドアパーチャを使った様子です(honor9を使っています)。

あとからフォーカスを変える珍しい機能

 

撮影後に、ピントやボケ具合を変えられるのは大きなメリットなので、ぜひ活用してみて欲しいです。

 

低価格スマホの中ではインカメラが良い

スペック欄でもメリットとして書きましたが、インカメラが2400万画素もあるため、非常に美しく撮れます。以下の写真はインカメラで撮影しています。

 

さらに、標準搭載されるビューティーモードで、上手く補正もできるため、自撮りするユーザーにとってはメリット大きいですね。

目次に戻る⇒

 

P30liteのデメリット・欠点

接写撮影は弱め

比べるのは酷ですが、P20 Proに比べて接写が弱いイメージがあります(iPhoneXとは同程度の接写能力)。

トリプルカメラになり幅が広がったといっても、接写では低価格モデルならではの弱点が出ていますね。

接写をするなら、マクロモードを搭載したP30やReno 10X Zoomなどが良いでしょう。

 

ポートレートに甘さがある

以下は、物撮りでポートレートを行った様子です。輪郭の切り取りは、甘さが見えます。

葉っぱの部分の輪郭の切り取りが甘い

 

Pixel3や上位版のP30 Proが綺麗すぎることもありますが、期待しすぎると裏切られた気持ちになるかもしれません。

 

付属のケースに指紋が付きやすい

性能とは関係ない部分ですが、付属のケースに指紋が付きやすく、汚れやすい欠点があります。

水洗いすれば簡単に落ちますが、若干気になるところでした。

P30liteと付属ケース

 

目次に戻る⇒

 

P30 liteの口コミ・評判

Twitterの良い口コミ

 

Twitterの悪い口コミ

 

あなたの口コミを投稿する

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

格安スマホのトリセツ
レビューの平均: 
 0 レビュー

目次に戻る⇒

 

P30 liteがおすすめのタイプ

スマホに経済性を求める人

P liteシリーズは、やはりコストパフォーマンスが大きなメリット。

毎回登場するたびにレビューしていますが、P30 liteの性能と値段のバランスはおかしいです。これほどの端末が3万円台で買えることに驚きを隠せません

しかも、キャンペーンを活用すればさらに安く手に入るので驚きです。

 

電車での通勤時間が長い人

電車に長く乗る人はスマホを見る時間が長くなる人も多いでしょう。

そんな人に重視してもらいたい項目が「軽さ」。個人的にスマホが180g以上ある場合は、長い間スマホを持っていると疲れてしまいます。

 

そして大画面なので、電子書籍を読んでいても、目の疲れの観点で負担が少ないことも大きなメリットですね。

 

自撮りが多い人

2018-2019年の傾向として、格安スマホのスマートフォンの自撮り性能が上がってきています。OPPO R17 neoなども同様ですが、きれいに撮ることできます。

目次に戻る⇒

 

P30 liteのレビューまとめ

P30 liteは性能面で見て、非常に良いスマートフォン。カメラ、操作性能、価格、UI、どこで見ても弱点がない。

トリプルカメラでありながら、背面のデザインにクセがないことも大きなメリットですよね。

「スマホにお金をかけたくない!でも性能を妥協したくない!」という、普段使いがメインのスマホユーザーにとっては最適解のような選択肢です。

P30liteのキャンペーンを見てみる⇒

目次に戻る⇒

 

関連記事を見てみる

ライバル機種の実機レビュー

 

関連サイトを見てみる

 

P30 liteのキャンペーン・最安値で買うために

P30 liteを購入するなら、断然UQモバイルです。それ以外だと損といっても間違いないくらい。

理由は「端末の割引」と「限定のキャッシュバック」。この組み合わせで、3万円くらい安く手に入れることができますよ。

限定ページを見てみる ⇒ UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

キャンペーンの条件を知る⇒UQモバイルキャッシュバックキャンペーンについて

 

タイトルとURLをコピーしました