UQモバイルで13000円もらえる⇒

【実機レビュー】nova lite3のスペック、メリット・デメリット、注意点とキャンペーンを解説

SIMフリースマホとして大躍進のファーウェイから発売された、2019年第一弾のnova lite3(ノヴァ ライト3)を購入しました。

さすが、ファーウェイという出来で、2万円台とは思えない大画面スマートフォンになっています。

このnova lite 3について、実際に触ってみて感じたメリット・デメリット、注意点、おすすめのタイプについて、動画も入れてまとめました。

nova lite3を買うなら、UQモバイルがおすすめ。理由は実質0円の上、当サイト限定キャンペーンで13,000円キャッシュバックがもらえるから。申し込みは必ず、UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)から申し込むようにしましょう。
格安スマホのトリセツ限定キャッシュバック

キャッシュバック条件を知る

Huaweiの2019年目玉スマートフォン第一弾「Huawei nova lite3」

Huaweiのnova liteシリーズって、売れてるモデルのうちの一つだよね。

そうだね。ファーウェイの端末は2018年の販売ランキングでTOP3を独占したんだけど、nova lite2は第3位だったんだ。

BCN-Rの調査によると、2018年のSIMフリースマホランキングでは、

  1. P20lite(ファーウェイ)
  2. P10lite(ファーウェイ)
  3. nova lite2(ファーウェイ)
  4. AQUOS sense(シャープ)
  5. ASUS(ZenFone4 Max)

となっています。

見ての通り、3位にnova lite2がランクインする人気っぷり。そのnova lite2の後継機がこの「nova lite3」。

後継機といっても、nova lite2とlite3は別物レベルで違うので、詳しく後ほど解説しています。

nova lite3は、上位機種のnova3の廉価版という位置づけになったので、性能が全体的に高いんだ。くわしく説明するね。

 

nova lite 3のスペック(重量・CPU・メモリ・サイズ)

凄いのはわかるけど、まずはnova lite3の性能から知りたいな。

OK。次の表にnova lite3のスペックについてまとめてみたよ。

寸法 155.2×73.4×7.95mm
重さ 160g
(6インチ越えとしては軽量)
ディスプレイ 6.21インチ
背面カメラ 1300万画素/200万画素
(ポートレートモード搭載)
内側カメラ 1600万画素
電池容量 3400mAh
プロセッサ Kirin710
(ミドルレンジとしては最高クラス)
ストレージ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
下り最大 150Mbps※
無線 b/g/n
(高速無線LAN非対応)
外部メモリ microSD512GBまで
おサイフケータイ
生体認証 指紋/顔
(触れるだけで解除)

※ただしUQモバイルのWiMAXエリアでは220Mbps

 

nova lite3は値段から考えると異常なほど性能が良いです。

特に一番のポイントが、Kirin710を搭載していること。Kirinには、400番、700(もしくは600)番、900番台の3種類あります。

700番台はこれまで、5万円を超える機種に搭載されることが普通だったため、2万円台のnova lite3だととてもコスパが良いよ

一方、デメリットは、通信(ダウンロード)や無線LANへの対応がイマイチなこと。

このあたりについては後ほどくわしく解説します。

 

nova lite3の外観・充電コネクタ形式など

nova lite3の外観を撮影しました。まずは背面。継ぎ目のない、ブルーグラデーションのかかった本体になっています。

本体はかなり薄く、大画面ですが持ちやすいですね。

 

指紋認証は背面。表には顔認証があるので、どちらも併用して使うことが可能です。

nova lite3の指紋認証

 

指紋認証スピードをチェックしています。30秒程の動画です。

 

顔認証動画。こちらも40秒ほどの短い動画です。

 

カメラはデュアルレンズ(1300万画素/200万画素の組み合わせ)。カメラ部分に出っ張りはありません。

nova lite3のカメラ

 

上部にはSIMカード挿入口があります。nanoSIMカードとmicroSIMカードが使えます(SDカードはmicroSIMと排他方式)。

nova lite3のSIMカード挿入口

 

左サイドはボタンはなし。右サイドに電源と音量ボタンが付いています。

nova lite3の音量ボタン

 

下部にはmicroUSBとイヤホンジャックが付属しています。

nova lite3の充電ジャック

 

全体的に不満はありませんが、一つ上げるとすればmicroUSBではなく、USB-Cにして欲しかったですね。

上位機種のnova3との差がつけられなくなっちゃうから、microUSBにしたのかもしれないね。

 

nova lite 3の付属品のケーブル・イヤホン

nova lite3の付属品は、以下になります。

nova lite3の付属品

 

充電ケーブル、イヤホン、そしてケースです。

ファーウェイのスマホは基本的にすべてケースが付いてくるので、ケースにこだわらない人には余計なお金がかからず助かりますね。

 

lite3はnova lite2から大幅に進化している

nova lite3とnova lite2の比較

nova lite2と比較するとどうなの?

かなり大きく進化しているといえるね。特にディスプレイ周りの進化は素晴らしいよ。

昨今、iPhoneをはじめ全画面化の流れがあり、ディスプレイ上部までノッチ付きで液晶が広がる流れになっています。

nova lite2はこの流れに乗る前のスマートフォンだったので、画面占有率は低くなっていました。

nova lite3にバージョンアップして、2019年の流行のノッチ付きへ進化。ディスプレイサイズは6.21インチとなりました。

nova lite3のフロントカメラ

ノッチ付きは賛否分かれるんだけど、nova liteはうまく上部を黒でコントロールすることで、ノッチ感をなくす工夫をしているよ。

nova lite3が上手いなぁと感じた一つが、上部のノッチ。

iPhoneは大きなノッチのおかげで賛否両論わかれ、iPhone8を選ぶ人もいます。

nova lite3の場合は上手く、黒を使い分けることでノッチ感をなくすようになっていて、気にせずに使うことができますね。

 

nova lite3のメリット・利点

スペックや内臓アプリの面から、nova lite3の良さを知りたいな。

了解!いくつかあるから、ポイントに分けて説明するね。

 

ツインアプリで公私を分けられる

nova lite3の特徴、というよりもファーウェイのスマホの特徴として「ツインアプリ」という機能があります。

これを使えば、簡単に特定のアプリをクローンすることができます。

以下は、nova lite3ではなくP20liteですが、簡単にクローン出来ていますね。

 

ツインアプリは本当に便利で、公私で連絡先を分けたいときにはぴったりの機能です。

特にnova lite3は、同時に二つのSIMカードを入れることができ、電話番号を二つ持つことができます。

 

だからこそ、LINEのツインアプリ化は使い勝手の良い機能に化けます。

 

軽くて大画面

最近のスマートフォンは大画面化する傾向にありますが、同時に重くなっています。

5.8インチのiPhoneXsの重量は「177g」もあります。

ところが、それよりも画面の大きいnova lite3ですが、160gしかありません。

電車に乗っている間、スマホを見ていたり、ゲームを楽しみたい人にとって、肩こりを防ぐために、軽いスマホを使うことは正義です。

 

カメラはHuaweiの中ではランクが低めだが非常にきれい

ファーウェイはカメラに特に力を入れているメーカーです。最上位ランクのMate20 proは、圧倒的な表現力を誇ります。

逆にnova lite3はスマホの本体価格としては最低ランクですが、それでもかなり綺麗な写真が撮れます。

他にもnova lite3で撮影した写真は、以下で作例を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてね。

参考 nova lite3での作例

 

ポートレートモードとワイドアパーチャモードがある

nova lite3が良いと感じるメリットの一つに、ポートレートモードとワイドアパーチャモードの存在があります。

どちらも、同じものと勘違いされることが多いですが、本来

  • ポートレートモード:人物向け
  • ワイドアパーチャモード:物向け(もしくは後からフォーカスを変えたい場合)

となっています。

特にiPhoneのポートレートモードでは、人物しか使えないため、nova lite3で選択してワイドアパーチャモードで物を撮影できることは、大きなメリットになりますね。

 

nova lite3のデメリット・欠点

派手な外観は好みによる

nova lite3の外観はブラックをのぞき、かなり派手なものばかりです。

私が持っているブルーもグラデーションが派手ですし、赤も同様に派手ですね。

 

このあたりの好みは人によるかもしれません。

 

有機ELディスプレイではない

大きな弱点の一つがディスプレイです。

実はほぼ同価格帯のスマートフォン「OPPO R17 Neo」では、有機ELディスプレイのスマホが発売されています。

昨今のiPhoneがほぼすべて有機ELディスプレイ(OLED)ディスプレイになっているように、こちらの方が色んな面でメリットが大きくなります。

 

安価なモデルにここまでの性能を求めるのは酷ですが、どうしても同価格帯にOLEDモデルがあると比較してしまいますね。

OPPO R17 Neoのレビューについては、以下の記事でくわしく書いているので参考にしてみてね。

参考 OPPO R17 Neoの実機レビュー

 

充電端子が、microUSBである

昨今の充電端子は、

  • micro-USB
  • USB-C
  • lightningケーブル(iPhone)

が混在しています。スマホの充電だけならあまり気になりませんが、最近はUSB-Cがパソコンの充電にも使われるようになってきています。

もし、出張や出かけることが多く、持ち物を減らしたいならUSB-Cの方が共通になるため便利。

残念ながら、nova lite3はmicro-USBなので、注意しておきましょう。

 

同時期発売モデルのP20liteとの比較

nova lite3とP20liteの大きさの比較

ファーウェイって、たしかP20liteも発売してるよね。どちらが優れているか比較したいな?

OK。まず簡単に言っておくと、CPUと画面の大きさで選ぶならnova lite3使い勝手で選ぶならP20liteだよ。

スペックの違いを表にまとめました。

比較項目 nova lite3 P20lite
寸法 155.2×73.4×7.95mm 148.6×71.2×7.4mm
重さ 160g 145g
ディスプレイ 6.21インチ 5.8インチ
充電方式 micro-USB USB-C
背面カメラ 1600万画素
200万画素
1600万画素
200万画素
内側カメラ 800万画素 800万画素
電池容量 3400mAh 3000mAh
プロセッサ Kirin710 Kirin659
ストレージ(ROM) 32GB 32GB
メモリ(RAM) 3GB 4GB
下り最大 150Mbps※ 187.5Mbps
無線LAN b/g/n a/b/g/n/ac
外部メモリ microSD512GB microSD256GB

※WiMAXエリアでは220Mbps

 

P20liteは2018年6月に発売された機種ですが、2018年一番売れているだけあって、かなり使い勝手が良いです。

 

特に、

  • USB-Cで汎用性の高いコネクタ
  • 145gという軽量さ
  • メモリが多い
  • 無線LANがすべての規格に対応

というメリットがあります。

特にUSB-Cなのはいいですね。

nova lite3とP20liteの充電ジャックの比較

 

逆にnova lite3の特徴は、6.21インチのディスプレイで、大画面でゲームしたい人から、文字が見づらい年配の人まで使えます。

 

また、CPUは新しいものの方が性能が高いことは間違いありません。

600(もしくは700)番台で比べるなら、nova lite3一択でしょう。

大きさなどの写真をいくつか撮影したので参考にしてみてください。

nova lite3とP20liteのカメラの比較

nova lite3とP20liteの大きさの比較

 

「nova lite 3の実機レビュー」まとめ

この記事では、nova lite3についてのレビューをまとめました。

ファーウェイは、ほんと価格破壊してきますね。それくらい2万円台のスマートフォンとは思えない性能です。

2019年前半のSIMフリースマホでは、間違いなくトップ5に入ってくる実力があり、コスパの面で選ぶ価値のあるスマホでしょう。

ファーウェイ公式を見る ⇒ nova lite3

 

nova lite3はUQモバイルキャンペーンを利用して実質無料+13000円キャッシュバックOK

発売されたばかりのnova lite3はUQモバイルでは、実質無料で手に入れることができます。

なんで、出たばっかりなのに無料で買えるの?

理由は簡単で、端末割引が効いてるからだよ。もともとの端末代が安いから、割引して無料になっちゃうんだ。

もともとnova lite3はスマホの中でもダントツで安く2万円後半で買うことができます。

そのため、「マンスリー割」を利用して実質無料で買うことができます

以下はUQモバイル公式の価格表です。見ての通りどのプランを選んでも0円です。

UQモバイル公式より引用

 

さらに、当サイト経由の申し込み限定で、最大13000円のキャッシュバックももらうことができます。

このキャンペーンは検索では出てこない、タイアップキャンペーンなので申し込むときは以下のページから申し込んでね。

タップで限定ページに飛ぶ

 

このキャンペーンの条件については、以下のページで書いているので条件の取りこぼしをしたくない人は一読しておいてくださいね。

参考 ユーキューモバイルキャッシュバックと最高額キャンペーン

タイトルとURLをコピーしました