UQモバイルで13000円もらえる⇒

【実機を比較】最強ハイスペックスマホ「iPhoneX」と「ZenFoneAR」の使用レビュー

android(アンドロイド)

2017年度に発売されたスマートフォンの中で、iOS、androidそれぞれの最強スぺックのスマートフォン「iPhoneX」と「ZenFoneAR」

どちらも購入し、メインのスマホとして使ってみて、検証を行いました。どちらも良い端末ですが、それぞれの魅力について語りたいと思います。

新しくiPhoneXs、Xs MAXが発表されたので、別サイトにて、記事をまとめました。こちらもご参考にどうぞ。

参考 iPhoneXsシリーズ、iPhoneXRのスペック・特徴まとめ

スポンサーリンク

iPhoneXとZenFoneARの主なスペックの比較

まずは、比べやすいポイントに絞って、それぞれのスペックを比較表にしてみました。

OSが違うので単純比較はできませんが、それを踏まえたうえで、それぞれの機能についてくわしく解説します。

項目 iPhoneX ZenFoneAR
プロセッサ A11 Bionic Snapdragon821
RAM 公表無し 6GB
8GB
ROM 64GB
256GB
64GB
128GB
アウトカメラ 広角、望遠ともに1200万画素 2300万画素
f値 広角:f/1.8 望遠f/2.4 2.0
インカメラ 700万画素 800万画素
f値 2.2 記載なし
認証方式 顔認証 指紋認証

 

プロセッサ(CPU)の処理速度について

まず、最も重要なポイントはスマートフォンの処理速度です。iPhoneXは「A11 Bionic」、そしてZenFoneARは「Snapdragon821」というプロセッサを搭載しています。

メーカーが違うため番手による比較はできませんが、Appleは基本的に高性能なプロセッサしか出しませんし、SnapDragonは800番台が高級仕様なので、どちらも非常に高速なプロセッサです。

iPhoneXはメモリ3GB、ZenFoneARでは8GBを搭載しています。メモリは倍ほど違いますが、どちらの場合でも使い切ることはなく、処理速度に影響が出ているという感覚はありません。

 

実際に使った体感としての快適性

上の処理速度と重複する部分がありますが、どちらの端末も使用する上での違い(体感としての遅さ)はありません。

動作面でのひっかかりもなく、非常にスムーズです。

 

UI(ユーザーインターフェース)の違い

iPhoneはお馴染みのiOS、そして、ZenFoneの方はZenUIという、ユーザーインターフェースになっています。

 

ZenFoneを含め、android端末の場合は、ウィジェットを使って、ホーム画面上に色々な情報を置いておくことができます。

5.7インチのディスプレイサイズを生かして、アクセス性が挙がっていることは見逃せないポイントです。

iPhoneXのUIの特徴は、全面ディスプレイになったことによる、縦長のフォルムです。ホームボタンもなくなりました。

縦長になりましたが、横幅がほとんど変わらないので、UIが劇的に変わった印象はありません。

ホーム画面の他に重要なポイントが「コントロールセンター」です。iPhoneXは上から出すスタイルになり、ZenFoneと同じUIになっています。

 

androidとiOSの差ともいえる部分ですが、コントロールパネルにおいて、直接テザリングをON/OFFできることはZenFoneが勝っていると感じるポイントです。

 

インターネット(safari、chrome)の閲覧性

iPhoneXが手元に届くまで、縦長のフォルムの恩恵を疑問視していましたが、インターネット(safari)を使ってみると、おそらくそういった疑問が消し飛びました。

iPhoneXでは、とにかくインターネットが見やすい。縦長になったことで、画面に表示される量が増えて、とても快適。

 

androidでも、これから全面ディスプレイが流行り始めるかもしれませんが、同じように縦長のフォルムになることで、インターネットが見やすくなることを期待しています。

 

ディスプレイの綺麗さ

iPhoneX、ZenFoneARの両方とも、有機ELディスプレイが搭載されています(iPhoneXはSuper Retina、ZenFoneARはAMOLEDという名前)。

どちらもとにかく美しい。

ただ、感覚から言えば、iPhoneXの方が発色が綺麗です。

 

ディスプレイサイズ比較

ディスプレイの大きさは、iPhoneXが5.8インチ、ZenFoneARは5.7インチです。大きさは似通っています。

しかし、iPhoneXは縦長なので、ディスプレイサイズを比べることは難しいです。

上でも書きましたが、インターネットを楽しむことが前提なら、縦長の方が良いです。

しかし、ゲームを楽しんだり、マンガを読んだりする場合は、ZenFoneARのように通常のアスペクト比で楽しむ方が、そのままのサイズで拡大されるのでいいですね

 

本体のサイズ比較

iPhoneXとZenFoneARは、2017年の最高スペックスマートフォンで、性能面での違いは少ないです。そのため「本体の大きさ」こそが最大の差かもしれません。

実際に重ねて比べてみたものがこちらの写真です。


一番違いを感じるタイミングはポケットにそれぞれのスマホを入れて椅子に座った時。

ZenFoneARは、大きすぎて角があたるため、椅子に座るたびに出していました。iPhoneXはコンパクトなため、そういったことはありません。

 

FaceID(顔認証)か指紋認証か

もう一つ決定的に違うポイントは、顔認証か、指紋認証か、ということです。

顔認証は面倒と言われることが多いみたいですが、私はそうは思いません。むしろ便利です。

手が水で濡れていたり、汚れていると、指紋認証が通らないことがありましたが、顔認証はそういったことはありません。

また、指紋認証の場合、子供が遊んで何度も押してロックがかかることがありましたが、顔認証ではそういったことがないので、便利さを感じるポイントでもあります。

 

ApplePay(アップルペイ)の便利さは支払い革命

アップルペイ、本当に便利なんですよね。クレジットカードを登録しておけば、コンビニでさっと払えますし、モバイルSuicaを登録しておけば、電車にも乗れる。

電子決済はZenFoneARにはない部分。コンビニの利用が多い場合は、一旦考えてみてもいいかもしれません。

 

メインカメラ、インカメラの比較

ZenFoneARとiPhoneXはカメラが全く異なります。ZenFoneARには、3種類のカメラが搭載されていますが、このうち2つは通常のカメラではなく、焦点深度を測ったりするためのもの。

 

iPhoneのカメラは、望遠と広角の2つのカメラになっています。

この2つのカメラを利用して、背景をぼかして一眼レフのような写真が撮れる「ポートレードモード」があります。

 

人物写真を撮るときは、ぜひ使ってみてほしいですね。とても綺麗な写真が撮影できます。

アウトカメラだけでなく、インカメラもデュアルカメラなので、自撮りのポートレートモードも試してみることをおすすめします。

通常の写真だけを比べるのであれば、ZenFoneARの方が画素数が高く、綺麗な写真が撮れそうですが、何故かiPhoneXの方が綺麗に撮れます。これはちょっと不思議ですね。

ZenFoneAR、iPhoneXともに、AR機能を搭載していますが、実質のところあまり使わないので、ほとんど差を感じないのは残念なポイントかもしれません。

 

イヤホンジャックの問題とZenFoneARの優れた音質について

iPhoneXにはイヤホンジャックがありません。ZenFoneARにはイヤホンジャックがあります。

iPhoneXの場合、イヤホンジャックはありませんがLightningの変換ケーブルがあるので、イヤホンジャックの有り無しは、充電時以外はあまり関係ないかなと感じます。

音楽が好きな人はぜひ覚えておいて欲しいのですが、ZenFoneARはかなり音が良いです。

ハイレゾに対応していることもありますが、初めて聞いたとき、思った以上に音が綺麗で、音圧があり、ちょっと感動した記憶があります。

 

充電方式について

iPhoneXは、置くだけ充電に対応しています。ZenFoneARは対応していません。

 

本体周辺との組み合わせについて

iPhoneの利便性の高さの1つは、やはり周辺機器との接続でしょう。MacBookとの組み合わせや、iPhoneを2台持ちした時の、電話機能の共有などはメリットが大きな部分です。

個人的に、最も大きなメリットはAirPods(エアーポッズ)ですね。

 

AirPodsは、bluetoothで接続できるイヤホンですが、耳から外すだけで、OFFする機能があったり、Siriが直接起動できるというメリットがあります。

もちろん、ハンズフリーで電話ができることも利点ですね。

一方、ZenFoneARの周辺機器で最大のメリットといえば、「純正のフリップカバー」です。

もし、ZenFoneを購入するなら、絶対に買った方がいいですね。最高です。

 

薄くて使いやすい上、フリップカバー上から、ライトのON/OFFや音楽の再生が調整出来る仕組みがあります。

思った以上に使い勝手が良いので、使ってみるときっと驚きます。実際に撮影した動画がこちらです。

 

最強ハイスペックスマホ「iPhoneX」と「ZenFoneAR」まとめ

今回iPhoneXと、ZenFoneARを比べてみました。もちろんどちらもSIMフリー端末があり、格安SIMでの利用が可能。

どちらにも長所、短所があるので、悩んで選ぶようにしましょう。

ただ、どちらを買っても、向こう何年も使えるモデルなので、性能的に満足度は高いと思いますよ。

最近は安くてもパフォーマンスが良いスマホも多いよ。3万円以下で買える格安スマホランキングを毎月更新でまとめたから、こちらもチェックしてね。