【実機レビュー】honor9のスペック、メリット・デメリット

Huaweiファーウェイスマホの中でも、特にコスパが良く、しかもハイスペックなhonor 9オナーナイン

honorシリーズはファーウェイスマホの中でも、「高性能ながら5万円台で買える」コストパフォーマンスの高い機種。

この記事ではhonor9のスペック、使ってみて感じたメリット・デメリットについてレビューしました。

目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

honor9の特徴

Kirin960を搭載しながらも低コスパなスマートフォン

高スペックなプロセッサであるKirin960を搭載しながらも5万円台(楽天モバイルなら時期により、3万円台)で購入できるスマートフォンです。

フラットなカメラでデザイン良し

昨今のカメラは、性能アップもありカメラが飛び出している傾向があります。ところがhonor9はフラットなカメラデザインとなっています。

 

ケースを付けずに運用するタイプの人であれば、背面フラットはとても魅力的に映るのではないでしょうか。

ワイドアパーチャでカメラの楽しみが広がる

ファーウェイは日本で一番最初に出したデュアルカメラのhonor6plusからワイドアパーチャ機能を搭載しています。

後からピントを調節できる機能ですが、honor9では熟成され、より自然にピントが合うようになっています。

カメラ機能を楽しんで使いたい人にはぜひ一度触ってみて欲しいですね。

目次に戻る⇒

 

honor9のマシンスペック

honor9のマシンスペックは以下の通りです。

発売日2017/10/02
寸法143×71×7.5m
重さ155g
ディスプレイサイズ5.15インチ
形式IGZO
画素数1920×1080
バッテリー電池容量3200mAh
ワイヤレス充電×
リバースチャージ×
急速充電記載なし
プロセッサ(Soc)Kirin960
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
外部メモリ256GB
通信下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
Wi-Fia
ac
b
g
n
bluetoothバージョン4.2
最大接続台数公式記載なし
生体認証指紋センサー
顔認証×
光彩認証×
おサイフケータイ×
緊急避難速報公式記載なし
防水×
防塵×
ワンセグ/フルセグ×
赤外線通信×
コネクタUSB-C
OSandroid 7.0

 

2017年発売モデルとしては、ハイスペックに位置するモデルです。Kirin960を搭載し、4GBなので、性能面ではほぼ問題ないレベルで使えるでしょう。

本音を言えば6GB欲しかったところですが、それだと価格面が合わないので、5万円台だとこれくらいが妥当かな?と思える仕様です。

残念なのは、下り最大速度が150Mbpsとなっていること。nova liteシリーズのように低価格モデルは下り最大速度が制限される傾向がありますが、honor9もまさにそうなっています。

充電コネクタはUSB-Cでこれからの汎用性に合わせたモデルになっていますね。

目次に戻る⇒

 

honor9のカメラスペックと作例

honor9のカメラに関するスペックは以下の通りです(作例はこちら)。

メインカメラ1
有効画素数1200万画素
(カラーセンサー)
F値2.2
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×
メインカメラ1
有効画素数2000万画素
(モノクロセンサー)
F値記載なし
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×
インカメラ
有効画素数800万画素
F値2.0
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正×

 

honor9で撮影した作例

後日追加予定です。

目次に戻る⇒

 

honor9の外観

honorシリーズはどれも外観が美しいです。僕が購入したものはブルー。こちらも反射して映り込むほどの綺麗さ。

 

サイドには電源ボタンと音声ボタン。

 

下側には指紋認証ボタン(押し込むタイプではなく、触れて反応する静電タイプ)。

 

指紋認証の動作はスムーズで、小気味良い解除音とともに使えるようになります(動画でこちらも撮影しています)。

 

電源ケーブルはUSB-Cになっています。また同梱のUSBケーブル充電器は急速充電に対応しています。

 

ディスプレイも美しく見やすいですね。

 

背面には2000万画素のカラー、1200万画素のモノクロを搭載したダブルカメラがあります。

 

目次に戻る⇒

 

honor9のメリット・長所

ワイドアパーチャで写真を楽しめる

もともとダブルカメラを出したのは、iPhoneではなくこのHuaweiのhonorシリーズの方が先でした。

このダブルカメラを生かした機能がこちらのワイドアパーチャ(iPhoneでは、機能が少し違いますが、ポートレートモードがその機能に当たります)。

 

一番最初の搭載モデルは、honor6plusです。

 

この時は、カメラの画素数も少なかったし、まだまだダブルカメラの性能も低くなっていました。

しかし、honor8、honor9とバージョンアップを重ねるにつれ、どんどんカメラの性能が上がっています。

実際に撮影した写真がこちらです。

 

ピントを変更したものがこちら。

 

honor6plusの時はまだまだでしたが、本当に出来が良くなっていて、カメラの画素数向上と合わせ、一回の撮影でいろんなバリエーションを楽しめるようになっています。

実際に、ワイドアパーチャを動画で撮影してみました。こんな感じで、写真のボケ具合を調節できます。

 

低価格だがKirin960を搭載

honor9が搭載しているKirin960は、プロセッサの中ではハイエンド級に入ります。そのため3Dゲームもこなせるほどの実力を持つ端末の一つ。

低コスパで高性能を求める人にはKirin900番台の選択肢はとても良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

honor9のデメリット・欠点

下り最大速度が150Mbps

honor9の下り速度は150Mbps、上りが50Mbpsとなっています。

Kirin960のような高性能機種では、これくらいの低い下り速度は、悪い意味で非常に珍しいです。

ファーウェイでコスパが良いスマホは全体的に下り速度が低くなる傾向がありますが、このhonor9もまさにその一つです。

ただし最大150Mbpsと言っても、格安SIMなら正直そこまで速度が出ないので、あまり気にする必要もありません。

Kirinは本来ゲーム向きではない

プロセッサの性能が上がってきているため、あまり最近は気になりませんが、一応Kirinは本来ゲーム向きではありません。

同じ程度のコスパでゲーム専用で使うなら、スナドラ835搭載のEssential Phoneも考慮に入れておくと良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

honor9の口コミ・評判

Twitterの良い口コミ

 

Twitterの悪い口コミ

 

あなたの口コミを投稿する

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

格安スマホのトリセツ
レビューの平均: 
 0 レビュー

目次に戻る⇒

 

honor9がおすすめのタイプ

3Dゲームしつつも、コストバランスを求める人

とにかくコストを安く、3Dゲームまで楽しみたい人、honor9はファーウェイのスマホの中でも最上位にあたるKirin960を搭載しているため、日常生活におけるほぼすべての用途で使いこなすことができます。

その上で5万円以下、時期によっては3万円以下で買うこともできる優れた端末。

例えば2台目で3Dゲームの運用に使うコスパが良いスマホが欲しい人にもおすすめです。

カメラ機能を楽しみたい人

カメラを楽しみたい人はhonor9のデュアルカメラはおすすめ。iPhoneシリーズでは、後からボケ具合を変えるワイドアパーチャは備えていません。

写真をとりあえず撮影しておき、後からピント具合を変えられるワイドアパーチャは暇な時間にちょこっといじくるだけで、新しい発見ができる素晴らしい機能です。

目次に戻る⇒

 

honor9のレビューまとめ

honor9は、コスト面で見て本当に素晴らしい端末です。

外観、中身の性能、そしてデュアルカメラで文句なしの端末なのに、5万円台で手に入ってしまいます(キャンペーンによっては3万円台になることも)。

端末にこだわりがないなら、ぜひこれを選んでください。後悔しない端末ですよ。

honor9のキャンペーンを見てみる⇒

 

目次に戻る⇒

 

関連記事を見てみる

 

関連サイトを見てみる

 

honor9のキャンペーン・最安値で買うために

honor9は時期によって、価格が驚くほど変わります。注意して欲しいポイントは楽天モバイルとamazon。

まず、楽天モバイルキャンペーンで端末割引が非常に大きくなるケースがあること。amazonは、型落ちしていく毎に値段が大幅に下がる、という2点。

どちらにしても、価格を都度チェックしながら購入することをおすすめします。

楽天モバイルを見てみる ⇒ 楽天モバイル

amazonを見てみる ⇒ honor9(amazon)

 

タイトルとURLをコピーしました