Lenovo(レノボ)の4G LTE対応SIMフリーパソコンのレビューとラインナップ

Lenovo(レノボ)の4G LTE対応SIMフリーパソコンのレビューとラインナップ Lenovo(レノボ)

Lenovoは、2016年から他の会社に先駆けてSIMフリーパソコンを数多く出してきているパソコンメーカーです。

このページでは、Lenovo(レノボ)の4G LTE対応SIMフリーパソコンについてまとめました。

Lenovoのクラムシェル型のスタンダードSIMフリーPC

Lenovoでは、費用に合わせて数多くのクラムシェル型PCを発売しています。現在発売されている機種は以下の通りです。

 

ThinkPad X1 Carbon

14インチで軽量カーボンを使ったクラムシェル型で最高スペックを誇るノートパソコンがこちらのThinkPad X1 Carbon。

筆者は2年以上こちらのパソコンを愛用していますが、キータッチが非常によく、快適性抜群のPCです。

参考 ThinkPad X1 Carbonの実機レビュー

 

ThinkPad X280

ThinkPadシリーズで12インチ台となるノートパソコンがこちらのThinkPad X280。

ThinkPad X1 Carbonと同様にCore i7までラインナップから選ぶことができる上、コスパが優れた軽量ノートパソコンです。

参考 ThinkPad X280の実機レビュー

 

ThinkPad T480

ThinkPad X1 Carbonと同じ14インチノートパソコンのLTE対応SIMフリーパソコンがこちらのT480。

重量がX1 Carbonに比べると重くなりますが、逆にイーサネットコネクター、フルサイズSIMカードの挿入口があるため、拡張性に優れたモデルと言えます。

 

Lenovoの2in1型SIMフリーPC

2in1パソコンは高性能なパソコンは少ないですが、Lenovoは2in1でも高性能なパソコンを発売する傾向にあります。

特にThinkPad X1 Yogaは超ハイスペックも選択できる非常に優れたモデルです。

 

ThinkPad X1 Yoga

クラムシェル型のThinkPad X1 Carbonの性能に2in1的な性能、さらにタッチパネル性能、そしてスタイラスペン入力を兼ね備えたモデルがThinkPad X1 Yogaです。

高機能な分1.3kg台と少し重くなりますが、それでも一般的なモデルよりも軽いので、2in1を最高レベルで使いたい!という人には選んで間違いないモデルです。

参考 ThinkPad X1 Yogaのレビュー

 

ThinkPad X1 Tablet

ThinkPadシリーズの中で、唯一分離型のタブレットになっているものがこちらの「ThinkPad X1 Tablet」です。

軽量でかつ3K液晶を搭載、さらにタッチパネル対応、Corei7対応と異次元なモデルです。価格は高めですが、すべてを一つに集約したい人におすすめしたいですね。

 

Yoga Book C930

デュアルディスプレイ搭載で10.8インチのノートパソコンがこちらのYoga Book930です。

液晶はIPS、手前はE-inkディスプレイでキーボードすらもタッチパネルになった革新的なモデルです。

スポンサーリンク
Lenovo(レノボ)

【実機レビュー】ThinkPad X1 Tabletのスペック、メリット・デメリットまとめ

Lenovo(レノボ)

【スペックレビュー】ThinkPad X1 YOGAのメリット・デメリットとライバル機種の比較

Lenovo(レノボ)

【実機レビュー】12.5インチLTEパソコン「X280」のスペック、メリット・デメリットまとめ

Lenovo(レノボ)

【Haloキーボードが凄い】 4G LTE対応「YOGABOOK(ヨガブック)」のレビュー・口コミ

Lenovo(レノボ)

【長文です】ThinkPad X1 Carbon(2017)を購入したのでレビュー・評価しました

Lenovo(レノボ)

Let’s note(レッツノート)シリーズのLTE搭載パソコン一覧の比較とレビューまとめ

スポンサーリンク