レノボのPCをクーポンで最安値に ⇒

ThinkPad X1 Carbonユーザーが、VAIO S13のメリット・デメリットを比較しました

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
SIMフリーパソコンのおすすめタイプ

LTEのパソコンは、少しづつ増えてきてはいるものの、Panasinic、VAIO、Lenovoがメーカーとしては、中心的な存在です。

X1 Carbonを購入して使っていることで、他のLTEパソコンの利点、欠点が見えてきました。今回は、VAIO S13とX1 Carbonを中立的な視点で、比べてみたいと思います(S13は購入していませんので、あくまでスペック上の比較として、ご覧ください)。

ディスプレイは14インチか13インチか

X1 Carbonと、S13の違いの一つにまず14インチか、13.3インチかの違いがあります。過去13.3インチのパソコンを使っていたことがありますが、正直14インチでも、13.3インチでもパソコン作業をする上で大差はありません。

むしろ、14インチであることで、どうしても最大サイズが大きくなってしまうため、モバイル性の観点では、いくらベゼルが狭くてもX1 Carbonの方が不利になってしまいます。

モバイル性は圧倒的にVAIOが上

ディスプレイサイズだけでなく、重量で見てもVAIO S13の方が100gほど、軽い設計になっています。

軽ければ、軽いほど持ち運びが楽になるので、S13の方がメリットですね。

SDカード独立がVAIOのメリット

X1 Carbonにあまり不満はないんですが、写真撮影をする人なら、これは不満になるかも・・・と感じたポイントがSDカードです。

X1 Carbonの場合、SDカードがSIMカードスロットと同一になっているため、背面をSIMピンで外して入れる必要があります。

一方、S13の場合は、サイドからフルサイズのSDカードがアクセスできるので、SDカードを使う機会の多い人にとっては、メリットが大きいと感じます。

(VAIO S13公式より引用)

キーボードの打鍵感

X1 Carbonは実際に使って、S13は店頭で試し打ちした感想です。

キーボードの打鍵感には好みがありますが、個人的には、X1 Carbonが圧勝です。というよりも、ノートパソコンでX1 Carbonに勝る機種はないくらい快適な打鍵です。

S13もMacBookに比べると悪くありませんが、ある程度深さを打ち込みたい私にとって、X1 Carbonの打ち心地はとても魅力的。タイプミスもほとんどなく、扱いやすいですね。

VGA端子の有り無し

X1 Carbonには、VGA端子がありませんが、S13には標準で搭載されています。

最近は、プロジェクターの接続がUSBやHDMIのところが増えてきたので、VGAの出番が少なくなってきていることも事実ですが、使う機会はゼロではありません。プロジェクターなんて、なかなか買い換えないですから、古い機種を使っているところもあります。

S13の場合は、HDMIもVGAもありますから、適用性が高くなっています。

LTEモジュールはX1 CarbonはSierraの「EM7430」、S13は非公開だが対応バンド多め

こちらがVAIO S13の対応バンドです。後で書いていますが、X1 Carbonと比べるとかなり数が多いですね。

  • LTE対応:1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,18,19,20,21,25,26,28,29,30,38,39,40,41,66
  • 3G:1,2,4,5,6,8,19

X1 Carbonの方は、シエラのワイヤレスモジュールを利用しています(スペックはこちら)。最大ダウンロード速度が300Mbps、アップロードが50Mbpsとなっています。対応バンドは以下の通り。

  • LTE:1,3,5,7,8,18,19,21,38,39,40,41
  • 3G:1,5,6,8,9,19

データ通信バンドの対応でいえば、VAIOの方が上ですね。しかもS13はキャリアアグリゲーションが使えるため、最大ダウンロード速度は450Mbpsであり、こちらもX1 Carbonよりも上になります。

基本的に、VAIO S13は、X1Carbonのバンドをすべて網羅しているので、上位版と思っていただければよいですが、3G のBand9のみ重複していません。ただ、Band9はあまり使われていないので、気にする必要はないでしょう。

この二つを見てみると、LTEモジュールとしての性能はVAIO S13の方が良いことは明らかです。しかし、X1 carbonのLTEがすごく劣るというわけでは、ありません。

対応バンドは少ないかもしれませんが、普通にLTE環境でネット環境を作れば、10Mbps以上の通信スピードが出るので、今のところ、X1 Carbonの対応バンドが劣っているからといって、速度影響や通信エリアが原因で仕事ができなかったことはありません。

過去、格安SIMを使って、スピードテストしていますが、 十分な速度が出ています。

X1 CarbonはUSB-TypeCで充電できる「USB-PD」搭載

X1 Carbonと、S13には充電形式に大きな差があります。X1 CarbonはUSB-typeCを使った、USB-PDという規格対応しているのに対して、S13は通常の充電ケーブルです。

USB経由で充電できるかどうかの違いは、とても大きく、出張時の荷物に影響します

スマートフォンがUSB-TypeCに対応していれば、X1 Carbonとスマホの充電器が一つで済みます。

また、私自身、MacBookも使っていますが、こちらもUSB-TypeCで充電可能であり、充電器を共有することができるため、机の上をスッキリと使うことができ、実際にとても便利です。

S13も、USB-PD搭載でType-C経由で充電出来たら、さらに便利なのになー、と感じましたね。

LAN端子の違い VAIOは通常

S13は、通常のLAN端子が使われていますが、X1 Carbonでは、ネットワークコネクタが通常よりも小さいサイズが使われています。LANネットワークにつなぐことを前提にすると、アダプタが必要になります。

いくつかの支所を行ったり来たりして使うような用途でかつ、無線に対応していない事務所であれば、使い勝手はS13の方が良いでしょうね。

4G LTEパソコンとしての値段(コスト)

値段帯は、lenovoの方が安いです。

特にThinkPadシリーズを含む、lenovoはEクーポンを使って、割引を使えるからです。例えば、私が購入した、X1 Carbonは、以下のスペックですが、約19万円で購入しています。

LTEモジュール搭載、Corei7、メモリ16GB、指紋認証搭載となると、S13の場合は、234,800円(税抜き)となります(キャンペーンがあるので、詳しくはVAIOのS13のカスタマイズページで一度試算してみてください。

ただ、約4万円の違いですし、このレベルのスペックのパソコンを買えば向こう4年くらいは使えると思うので、値段の差はあまりないかもしれません。

また、VAIOの場合は、Celron、Corei3,i5,i7が選択できるので、コストを抑えることもできます。

どちらにせよ高級品なので、値段帯を重視するよりも、自分の好みで選ぶほうが良いでしょう

それと、ThinkPadを購入するつもりがあるなら、一度はネットの限定セール(Eクーポン)はかならず見るようにしてください。かなり割安でThinkPadを買えるケースがあります。

ThinkPad X1 CarbonとS13の比較まとめ

最後に、S13、X1 Carbonのそれぞれの比較を表にしてみました。

項目ThinkPad X1 CarbonVAIO S13
ディスプレイ1413.3
重量1.13kg1.02kg
キーボード
VGA端子
SDカードSIMトレイと同一
(microSD)
サイドにコネクタ有り
(フルサイズSD)
LTEモ対応バンド普通多め
USB-TypeCの充電×
LAN端子△(アダプター必要)

簡単に言葉でまとめると、

  • S13の方は端子が多く、外での適応性が高く、モバイル性に優れたモデル
  • X1 CarbonはLTEノートパソコンでありながら、キーボードが優れた生産性の高いモデル

といった感じです。

どちらも一長一短あります。また値段が高いので、簡単にポンポン買い換えるものでもありません。

多少、値段が張ったとしても、自分の仕事のスタイル(生活スタイル)に合ったパソコンを購入するほうが、のちのち満足につながるでしょう。

VAIOの公式サイトを見てみる⇒VAIO S13

ThinkPad X1 Carbonの公式ページを見てみる⇒ThinkPad X1 Carbon

追記:VAIO S11のLTEバージョンの記事を書きました

VAIO S11(2015)を手に入れたので、かなり詳しくレビューしてみました。

S13とは違う部分もありますが、開発の方向性はかなり似ているので、購入に向けての指標になると思いますので、ぜひどうぞ。

参考記事:SIMフリーノートPC「VAIO S11(2015)」を実際に購入してレビュー・評価