UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【販売終了】楽天モバイルで購入できるVAIO S11のメリット・デメリット

タブレット・パソコンで試す

あまり知られていませんが、実は楽天モバイルの取扱商品の中にパソコンがあります。それが、SONYのVAIO S11。

SIMを指して単独でデータ通信することが可能なノートパソコンですね。今回はこちらを紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

VAIO S11の基本性能

冒頭に書いた通り、S11は格安SIMを挿して使うことができるノートパソコン。

 

楽天モバイルで取扱されているモデルは、core i5 6200u(2.3GHz)なので、スペック的には、S11の中でも、普通よりも少し良いというところでしょうか。

普通の作業(ネットサーフィンや、Offceの編集など)では、このスペックなら、作業性が問題になることはほとんどないと思います。

後で書いているLTEが使える事以外の特徴は、920gの軽さと最大15時間駆動できるバッテリー性能でしょう。実際に15時間はさすがに持たないと思いますが、一日くらいなら充電無しでも使えそう。

外出の多いビジネスマンには有難い、「気軽に持ち出せるタイプのノートパソコン」ですね。

 

格安SIMを挿せると、何が良い?

ノートパソコンに格安SIMを指すことができれば、Wi-Fiに接続せずともネットを使うことができるようになります。

つまり、スマートフォンやタブレットとほぼ同じ状態。電源を立ち上げるとすぐにネットが使えるようになります。

これはカフェで仕事するノマドワーカーにとって、本当にありがたい。いちいちスマホを取り出して、テザリングを立ち上げて、パソコン側からWi-Fi接続して・・・という煩わしさから逃れることができます。

 

楽天モバイルで買うメリットは?

楽天モバイルで購入する一番のメリットは、分割払いが可能になることです。通常価格は148,600円。

かなり高額なんですが、分割払いなら6,060円にすることができます(24回払、2017/1/17現在)。

普通に購入すれば、現金、クレジットで一括払いか、ボーナス払いぐらいしかありません。

分割で購入する選択肢が持てるのは一つのメリットだと思います。

 

楽天モバイルで購入するデメリットはカスタマイズできないこと

一番のデメリットは、カスタマイズモデルの選択ができないことです。

VAIO S11を始め、SONY製品の多くは、MacやDELLの製品のようにカスタマイズすることが可能。

このVAIO S11もカスタマイズ可能なモデルで、お金をかければ、さらにモンスタースペックにすることも。

せっかくパソコンを購入するんだから、出来るだけ良いモデルで長く使えるモデルにしておきたい・・・という人は、SONYストアで購入することをお勧めします。

公式サイトを見てみる⇒VJS1121(VAIO S11 2017年モデル)

 

4G LTE対応のノートパソコンはレッツノートやレノボにもある

楽天モバイルで取り扱っているLTE対応のノートパソコンは、SONYのS11だけ。

しかし、LTE搭載のノートパソコンは、Panasonicの「Let’s Note」や、Lenovoの「ThinkPadシリーズ」にもラインナップがあります。

4G LTE対応SIMフリーパソコンの専門サイト「SIMPC(シンプシー)」でLTE対応パソコンをまとめてるからこっちも見てね。

 

楽天モバイルで買えるLTEパソコン「VAIO S11」のまとめ

今回は楽天モバイルが取り扱っているVAIO S11を取り上げてみました。

LTE対応のノートパソコンというのは非常に少ないのですが、これからもっと広がってくれれば、ノマドもさらにやりやすくなるんじゃないかなと思います。

外でノートパソコン使うことが多いんだよなぁという人は、LTEを使って接続時間を短縮してスマートに仕事をするのが良いかもしれません。

パソコンを広げるだけでネットスタートできるので、ストレスがなくなって快適に仕事できるよ。

 

VAIO S11の実機レビューについて

VAIO S11を実際に購入して実機レビューを行いました。

4G LTEパソコンの専門サイト「SIMPC(シンプシー)」で格安SIMのマイネオを使って、テストしています。

参考 4G LTE対応パソコン「VAIO S11」をmineo(マイネオ)で使ってみたレビュー・評価