UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【3つの注意点】楽天モバイルで楽天スーパーポイントを使う方法とメリット・デメリット

新規申し込み・MNP

これ、購入するまで全然知らなかったんですよ。楽天カードを持っていて、ポイントがガンガン貯まっている私にとっては、とても良いニュース。

なんと楽天スーパーポイントが楽天モバイルで使えちゃうんですよ。

楽天市場をよく使う人や楽天カードを持っている人は必見のサービスだよ。

スポンサーリンク

端末購入時の支払いに使える

私が使った方法はこの「端末購入時の支払い割り当て」で、前回購入したZenFoneGOの支払い時にポイントを割り当てて、4000円引きで購入しました。

 

秋のキャンペーンを開催していて、ZenFoneGOの値段が10,000円を切っていたので、4,000円の割引を適用して、なんと6000円台。

スマホが6,000円で買えるとか・・・メーカーは大変ですね。

 

月額料金の支払いにも使えます

もちろん、楽天スーパーポイントは月額料金の支払いにも使えます

 

上手く楽天のポイントを貯めておけば誰でも、3.1GBプランはほぼ無料で使えるくらいまで運用できると思います(ただし、この場合は楽天カード必須で詳しくは後述します)。

ポイントって普通「新しいものを買う時の割引」だけど、こういう割引ならちゃんと節約できるよね

新しいものを買う時の割引って、得しているようで結局新しいものを買うために足りない部分を自分で補うので、出費に掛かる方向なんですよね。

「楽天モバイルの月額料金の割引」のように「今使っているものの料金の割引」であれば、料金を安く(月々の負担を減らす)ことができます。

ポイントをより上手に活用することができて、さらに家計が節約できちゃうね。

 

毎月の支払方法に楽天ポイントを当てる方法

楽天モバイルにスーパーポイントの支払いを当てる方法は簡単。

楽天のメンバーズステーションから楽天スーパーポイントを充当する手続きをするだけです。

 

楽天モバイルでスーパーポイントを使う場合の注意点

支払いに使える額は最大30000ポイントまで

一度に使えるスーパーポイントの最大額は30000ポイントまでです。

honorシリーズをはじめ、5万円以上するようなハイエンド端末の場合は、一括でポイント支払ができないので注意する必要があります。

 

分割払いの場合の支払いには当てられない

分割払いの場合の金額について、スーパーポイントを使うことができません。

 

楽天でんわの移行が完了していない場合は使えない

楽天モバイルと楽天でんわは、実はもともと別のサービスなので、楽天でんわ側の支払いには使うことができませんでした。

楽天側が順次移しているので、完了次第使えるようになります。

楽天でんわがスーパーポイントの対象になっているかどうかは、マイページで確認できるよ。

 

紹介した3つの注意点については、楽天モバイル公式のスーパーポイント支払方法に解説されています。

 

ポイントを効率的に貯めるなら、楽天カードは持っておくべき

楽天モバイルに申し込んでいる時点で、何かしらのクレジットカードはお持ちだと思いますが、それでも楽天家カードは作っておくべきです。

もちろん僕も持ってるよ。ガンガンポイントが貯まるんだ。

 

その理由はシンプルに、ポイントが貯まってお得だから。100円の支払いに対して1ポイントが貯まる楽天カードは非常にお得。

例えば、

項目 支払金額 ポイント
食費 30000円 300ポイント
外食費 10000円 100ポイント
光熱費 10000円 100ポイント
インターネット代 15000円 150ポイント
合計 65000円 650ポイント

 

洋服を買ったり、化粧品を買ったり、はたまた会社での飲み会が多い人は、支払いを建て替えてクレジットカードで払っておけば、めっちゃポイント貯まって、結果的に楽天モバイルの支払いを無料に近づけていけますよ。

 

楽天モバイルでスーパーポイントを使うメリット・デメリット・注意点まとめ

身近な楽天スーパーポイントがスマホが使えるというメリットを持っている楽天モバイル。

他の格安SIM(MVNO)には無い大きな特徴なので、ぜひとも押さえておきたいポイントです。

楽天モバイル公式を見てみる⇒楽天モバイル

楽天カード公式を見てみる⇒楽天カード