UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【SIMロック解除】楽天モバイルでiPhoneを使う方法キャリア別まとめ【docomo、au、softbank、SIMフリー】

楽天モバイルの基礎知識

iPhoneって、docomo、softbank、auでしか使えないと思っていませんか?私の周りにも同じように思っている人がたくさんいました。

結論から言うと、「楽天モバイルは使えます」。

ただし、どこのキャリアのiPhoneを使っているか、どの機能が使えなくなるか等、いくつか条件があるので今回は、そのポイントについて詳しくまとめていきたいと思います。

公式サイトを見てみる⇒楽天モバイル

対象となるiPhoneのグレード

docomo(ドコモ)のiPhoneの場合

楽天モバイルはdoomoの回線を利用しています。そのため、docomoのキャリアを使っているiPhoneは苦労する事なく乗り換えが可能です。

iPhoneで楽天モバイルに乗り換えるケースはこのパターンが一番多いのではないでしょうか。

実際にやってみるとわかりますが、①SIMを差し替えて、②プロファイルをインストールする、だけの簡単な2ステップです。

docomoを使っているパターンなら、簡単に、そして値段も大幅に安くできるし、ぜひ一度考えてみる価値が十分にありますよ。

 

au,softbankのiPhoneの場合

au,softbankのiPhoneを使っている場合は、SIMロック解除の手続きが必要。

この場合、楽天モバイルで安く使いたければ、それなりに手間がかかるので、注意して下さい。

簡単に言うと、au、softbankで6か月以上使用している状態で、SIMロックを解除する必要があります(iPhone6s以降に発売された機種のみ、SE含む

SIMロックを解除する手続きは、Softbank、auそれぞれ後の項目で説明します。

 

SIMロックフリーのiPhoneの場合

apple storeで購入できるSIMロックフリーのiPhoneは、docomo版とほぼ同じ。

楽天モバイルから提供されているプロファイルをインストールする事によって、使えるようになります

 

こちらも別途記事にまとめる予定ですが、非常に簡単に使えるようになるので、iPhoneをできるだけ安く運用したいと思っている人はお勧めの方法です。

 

使えなくなる機能はMMS

iPhoneでキャリアのメールアドレスを使っている人は多いのではないでしょうか。

 

私も過去使っていたうちの一人でしたが、今となっては使っていません。LINEが便利すぎて、他の連絡手段を使わなくなっちゃってるんですよね。

一応、電話番号で送るSMS(ショートメッセージサービス)は使えるので、心配しないでね。

 

テザリングは使える、しかも無料で

キャリアには無い大きなメリットとして、テザリングが無料で使えます。キャリアなら、月500円の使用料を取っているはず(ほとんどが、最初の2年間は無料)。

 

最近は、自分の周辺でも新幹線の中でもWi-Fiルーターを繋いで、パソコンをしている人よりもスマホからテザリングしてつないでいる人の方が多い気がします。

スマホと同じで、4Gの快適な速度でネットが使えることから、 パソコンやタブレットをテザリングで繋いで見れるのはメリット大きいんですよね。

この「テザリング」が無料で使えるのは、本当に有り難いところです。

 

iPhoneで使うならプランは?

コレばっかりは正直、使う人に依りますが、ほとんどの人が3.1GBプランか、5GBプランではないでしょうか。

iPhoneは、設定から、通信量を計測することができます。

 

「設定⇒モバイルデータ通信」で、一番下の「統計情報のリセット」をしてから、一定期間測定する事で簡単にチェックできます。

 

「自分がどれくらいの通信量を使っているかわからない!」という人は、一度、自身のデータ容量を見てみてはいかがでしょうか。

 

楽天でんわアプリは使おう

楽天モバイルを使っていて、電話を1分でも使うなら、「楽天でんわ」は必須のサービスです。

写真の一番右側が「楽天でんわ」アプリだね。

 

他の格安SIM(MVNO)も電話アプリを出していますが、ダントツで使いやすい。

電話番号もIP電話とは異なり、090,080発信してくれるので、相手を困らせなくて済むのもメリットです。

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
開発元:Rakuten Communications Corp.
posted withアプリーチ

 

docomo(ドコモ)の場合

楽天モバイルで使う場合、docomoから販売されているiPhoneを使うのであれば、SIMロックを解除する必要はありません。そのまま使うことができます。

もちろん、SIMロックを解除して使ってもOKです。docomoのしがらみから逃れたいよー、という人はぜひやってみて下さい。個人的にはSIMロックを解除している方が後の事を考えると楽なのでオススメです。

 

対象は2015年5月以降に販売されたiPhone

具体的に対象となるiPhoneは「iPhone6s、6s Plus、SE、7、7Plus」です。これらは以下の条件をみたすことによって、SIMロックの解除を行うことができます。

  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 契約者本人の購入であること
  • 端末購入から6ヶ月以上経過していること※

※4回線以上契約している場合は、この6ヶ月制限の特例パターンがあります。

 

SIMロックの解除方法は、My docomoから行う方法と店頭で行う方法があります。大きな違いは、My docomo(インターネット上)で手続きすれば、事務手数料が3000円が不要ということ。

インターネットでのやり方がわからない!!という人は3000円掛かってでも店頭で行う方が無難かもしれません。

もう一点、docomoのSIMロック解除で注意してほしいことが、docomoを解約してから3ヶ月以内でないとSIMロック解除の受付をしてくれないこと。あの時、SIMロック解除しとけば良かったーと思わないように、解約するタイミングで、ぜひやっておくことをオススメします。

 

Softbank(ソフトバンク)の場合

楽天モバイルでソフトバンクのiPhoneを使う場合は、SIMロックの解除が必須になります。

SIMロック解除対象となるiPhone

こちらは、docomoと同じくiPhone6s以降。2015年5月以降に販売されている端末が対象になっています。Softbankの場合も、ほとんどdocomoのSIMロック解除条件と同じです。

  • 購入日より181日後以降より対応
  • ネットワーク制限がかかっていないこと
  • 購入者本人であること

 

Sotfbankの場合も、docomo同様に解約後は90日以内しかSIMロック解除を受け付けていません。

SoftbankのiPhoneの場合は、SIMロック解除を行わなければ、Wi-Fi環境下でしか使えなくなり、もったいないのでぜひともSIMロック解除しましょう。

au(エーユー)の場合

3大キャリアの中で、一番SIMロック解除がやりやすいのがauです。個人的には、すごく親切でわかりやすいので、逆に申し訳なくなるくらいです。

親切な理由は、docomo、softbankの用に条件を確認しなくても、auの公式HPの中に「SIMロック解除できるかどうかを確認する」という項目があるから。

auさん、SIMロック解除して流出されても良いのかな・・・とちょっと心配になります。

SIMロック解除を調べるページを見てみる⇒SIMロック解除の可否判定 | auお客さまサポート

このページでIMEI番号(製造番号みたいなもの)を入力するだけで、持っている端末がSIMロック解除できるかどうかを調べることができます。IMEI番号は、「設定⇒一般⇒情報」をタップすると、下の方に「IMEI」という項目が出てくるので、そこで15ケタの番号を確認してみてください

 

条件はdocomoやソフトバンクと変わらず、購入してから181日後というのが、ベースなんですが、調べた方が早いので、ぜひ検索してみてください。

合わせて、auだけの特徴として中古の端末もSIMロック解除の対象になっています。

今auの端末を使っていなかったとしても、新しくiPhoneを格安で使うなら、auの中古スマホを手に入れる方法も有りだと思います。

 

Y!mobile(ワイモバイル)の場合

準キャリア扱いのY!mobileでも、iPhone5sが販売されています。

かなり安く買えると言うこともあって、使っている人も多いみたいです。ただし、残念ながら、Y!mobileのiPhone5sは、SIMロックできませんので、ご注意を。

 

まとめ

冒頭でも書きましたが、iPhoneは3大キャリアでしか使えないと思っている人がたくさんいます。周りの人に伝えると、「ほんとに!?iPhoneでも月額料金安く出来るの?」という返答をされることがよくあります。

iPhoneは、多くの人が使う非常に良いスマホ。しかし、iPhoneが高いからと言って、わざわざ通信料金まで高くする必要はありません。せっかくなら安く使った方が賢いですよ。