UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【iPhoneも対象】楽天モバイルの「つながる端末保証」を解説【故障、水没】

楽天モバイルの基礎知識

スマートフォン落として破損してしまった、とか水没させてしまった・・・とかってよく聞く話ですよね。

私が聞いた中で一番ひどい話は、トイレで水を流したタイミングでスマホを落としてしまった、と言う話。悲惨ですよね。

楽天モバイルには、そういった破損に対して端末に保険をかけておける仕組みがあるんだよ。

スポンサーリンク

楽天モバイルのつながる端末保証とは?

楽天モバイルの端末保証は500円/月で、破損したスマートフォンやタブレットの保険をかけておける仕組みです。

 

破損といっても、「自分で壊してしまった」とか、「水没させてしまった」というパターンでは保証されないケースがほとんどですよね。

しかし、楽天モバイルの端末保証の場合はそういった自損や浸水による破損も保証の対象内になっているんです。

 

つながる端末保証の嬉しいポイントは「iPhone」も対象であること

こういう保証ってやっぱり、楽天モバイルの公式サイトで買った端末だけだよね?

いいや、そんなことないよ。ドコモから持ってきたiPhoneも対象になるんだ。

楽天モバイルの「つながる端末保証」のすごいところは、Apple ストアやキャリアから持ってきたスマホも対象になるところです。

具体的な対象を表にしたものが以下です。

iOS Apple Store購入品 正規修理サービス
で修理を行う。
キャリア端末
android SIMフリー品 修理、もしくは
交換機を提供
キャリア端末

 

iPhoneの場合は、10万円以上するハイエンド機種もたくさんあるので、買ったばかりなら、端末保証も価値があるね。

 

修理にかかるお金は500円/月だけじゃない?

ややこしい話なんですが、実は保証を受けようとすると、月々料金に加えて免責料金として、費用がかかります

修理回数 料金
1回目 4,000円
2回目 8,000円

 

2回目の修理は、同じ年に修理の対象となった場合です。

修理には、毎月の保証料金と別に支払いがあることに注意しておこう!

 

途中での解約も可能

ある程度の年数がたったら解約したいんだけど?

もちろん解約できるよ。メンバーズステーションから手続きできるんだ。

つながる端末保証に2年縛りなどのルールはありません。

そのため必要に応じて解約することができます。しかもネットから簡単に手続きできるので、必要なくなったタイミングで解約してください。

公式 楽天モバイル「メンバーズステーション」

 

端末保証をかけるならハイエンド端末で

正直なところ、私なら申し込みはフラッグシップモデル以外はしません。

端末の交換費用を払うくらいなら、折角ですから新しい格安スマホを乗り換えますね。

しかし、HuaweiのP9やmateSといったフラッグシップモデルの場合は、5万円以上かかってきますから、自損の時にショックが大きいですし、保険をかけておく価値がありそうです。

格安スマホはそもそも値段が安いので、保険をかけるより、買い換えた方が安いよね。

 

手続き時の対応スピード

スマホが破損したら困るもの。どれくらいのスピードで対応してくれるのかがポイントです。

できるだけ早いほうが良いですよね。実際の対応は下記の通りです。

  • 平日:16:00までの受付で当日発送
  • 休日:12:00までの受付で当日発送

平日はもちろんの事ながら、休日も即日対応してくれるのが良いですよね。

受付はメンバーズページに記載の「楽天モバイル端末保証センター」に電話する事で申し込み可能です。

 

まとめ:つながる端末保証はハイエンド端末におすすめ

楽天モバイルは、ローエンドのZenfone Goから、ハイエンドなP9までたくさんの種類のSIMフリースマートフォンを揃えています。

しかしながら、実は防水可能かつ、SIMフリーなスマートフォンというのは、ほとんどありません。

本文でも書きましたが、高級な端末程壊れるのを気にしてしまうもの。でも、端末保証があれば「もしも」の時にも安心して使えますよね。