UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【実機レビュー】楽天モバイルをiPhoneSEで使ってみた感想・評判

iPhoneシリーズで試す

格安SIMの中でもメインで使われている数としてシェアの多い楽天モバイル。

今回は、iPhoneSEで使ってみました。

実際に、楽天モバイルのSIMを使ってみて感じた内容を余すところなく、悪いところも含めて、伝えていきたいと思います。それでは、いってみましょう。

公式サイトを見てみる⇒楽天モバイル

今回は音声通話SIMとiPhoneSEでテスト

試しに使ってみたのは、iPhoneSEと楽天モバイルの音声通話SIMとの組み合わせです。今回は、楽天モバイルの設定、通信速度の測定、体感速度について検証しました。

また楽天モバイルの特徴の1つである、かけ放題(5分かけ放題、もしくは無制限かけ放題)になる「楽天でんわ」についても設定を実施してみました。

 

楽天モバイルの設定方法

iPhoneSEの横からSIMトレイを引き出し、セットします。こちらへ楽天モバイルから送られてきたSIMを入れてセットします。実際に取り出してみた図がこちら。

 

そしてSIMカードを挿入しているのがこちらの図。

 

ここで、次にプロファイルをセットするのですが、楽天モバイルの場合は、契約した時期によってインストールプロファイルが異なります

そのため、送られてきた冊子に応じたURLからプロファイルをインストールするようにしてください。

 

楽天モバイルのプロファイルが異なる理由は、実は回線の種類が異なるからなんです(全て同じdocomo回線ですが、楽天モバイルが借り受けている回線の種類が異なり、現在2種類あります)。

プロファイルのページにアクセスすると、それぞれに応じたプロファイルの案内ページがあり、自分の回線種別(006,008など)に応じたものをインストールする必要があります。回線種別は送られてくる書類に書いてあるので、すぐにわかるでしょう。

 

後ほど、スピードテストは実施していますが、それぞれの回線ごとに少しづつ異なりますので、今回の結果はそのうちの1つとして見ておいてください。

 

アプリによる通信速度検証と体感速度

通信速度の検証を行った結果がこちらです。スピードテストはooklaというアプリで行いました。

 

ちなみに、楽天モバイルはスピードテストの値はあまりあてになりません。

その理由は、Youtubeなどのアプリや、一部ダウンロードに通信速度制限をかけているからです。ダウンロードしながら動画再生すると、表示が止まることがあります。

実際に使ってみて、インターネット、LINE、ゲームなどは問題なく使えますが、Youtubeや画像の多いサイトはダウンロードが手間取る印象です。

楽天モバイルは、端末などの割引価格が大きかったりと大きなキャンペーンを打つことが多い一方で、安くするためにこういった制限を行っているのは覚えておかなければならないポイントです。

裏を返せば、動画を見たり、ハードにインターネットを使わない人はキャンペーンの恩恵を最大に受けれるので、メリットは特に大きくなります。

 

iPhoneSEで楽天モバイルを使った場合の料金

楽天モバイルでiPhoneを使う場合は、本体の端末代は楽天モバイル経由での購入はできません(キャリアの端末をそのまま持ち込むか、apple storeで購入したSIMフリーiPhoneを利用することになる)。

そのため、実質的に楽天モバイルの基本料金がそのまま適用される事になります。楽天モバイルの基本料金は、以下の通りです。

月額データ量 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
3.1GB 1600円 1020円 900円
5GB 2150円 1570円 1450円
10GB 2960円 2380円 2260円
20GB 4750円 4170円 4050円
30GB 6150円 5520円 5450円

 

オプションはたくさんありますが、中でも実際に使う可能性が高いのは、「電話かけ放題サービス」ではないでしょうか。

楽天モバイルの電話かけ放題サービスの場合、850円/月で10分間無料通話できます。

 

iPhoneでのメールはどうなる?

楽天モバイルに加入すると、@rakuten.jpのメールアドレスを使う事ができます。

格安SIMの会社によっては、メールアドレスを用意していない通信会社もあるため、きちんとメールアドレスを提供しているのは大きなメリットです。

もしiPhoneでメールアドレスを使う場合、ビジネスライクに使いたければ「Spark」、チャット風に使いたければ「Swingmail(スウィングメール)」がおすすめです

 

楽天のサービスの併用で月額料金オフ?

iPhoneと格安SIMを組み合わせる上で知っておいて欲しいことが、格安SIMそれぞれの会社が出しているポイントサービス(会社によって、有無がわかれます)。

楽天モバイルとiPhoneの組み合わせで大きなメリットが、「楽天ポイントを楽天モバイルの月額料金の割引に使える」ということ。

現時点で楽天のカードを持っている人は、楽天モバイルを併用することで、「+1倍」のポイントをもらうことができます。そのポイントを楽天モバイルの支払いに回すことができるので、余すことなく、お得に利用することができますよ。

ちなみに、楽天モバイルで機種変更するときに楽天ポイントを使用することも可能です(最大30000ポイント)。

 

楽天モバイルとiPhoneSEの組み合わせで感じたデメリット・欠点

サービスによってダウンロード速度を制御している

途中でも少し話題にあげましたが、楽天モバイルのデメリットは「サービスによってダウンロード速度を制限している」ことです。

動画サービス、画像が多いページをよく見る人にはおすすめできません。

 

SIMカードのみのキャンペーンは弱め

楽天モバイルの場合は、端末同時申し込みの場合キャンペーンが豊富です。

しかし、キャリアのiPhoneをそのまま使う場合、SIMカードだけの申し込みとなり、メリットが小さくなります。

SIMカードの申し込みだけなら、キャンペーンを考えると他の格安SIMを使う方が良いでしょう。

UQモバイルならキャンペーンで現金13,000円キャッシュバックがあるのでこっちを使った方がいいかも。

 

楽天モバイルでiPhoneSEを使ってみたまとめ

今回は楽天モバイルとiPhoneSEの組み合わせで使ってみた内容についてまとめました。

楽天モバイルは、メインで使っているスマホ(複数台持っている人がメインで使っている)としてシェアNo.1であり、周りにも楽天モバイルを使用している人は数多くいます。

楽天モバイルに変えれば、格段に安くなるので、ぜひとも検討してみてください。

楽天モバイルでiPhoneシリーズを使った感想・MNP時の注意点を別の記事でくわしくまとめているので、参考にしてみて下さい。