楽天モバイルのキャンペーン ⇒

【動画レビュー有】ファーウェイのhonor9を楽天モバイルで使ってみた口コミ・評判

androidスマホで試す

Huawei(ファーウェイ)スマホの中でも、特にコスパが良く、しかもハイスペックなhonor9(オナーナイン)。

特に楽天モバイルの場合は割引率が大きいので、「honor9を選ばないともったいない」と思えるほど、非常に格安で手に入れることができます。

この記事では、honor9を実際に購入して使ってみたレビュー、動画での検証を紹介していきます。

honor9ってどんな端末なの?

5万円以下で買えるスマートフォンとしては、ほぼ最強スペックのスマホだね。じゃあくわしく解説していくね。

公式サイトを見てみる⇒楽天モバイル

honor9のスペック・特徴

まず、honor9のスペックを紹介します。後ほど各項目について、くわしく紹介しているので、特徴の身知りたい人読み飛ばしてください。

良いところを青字にしています。

寸法 147×71×7.5mm
重さ 155g
ディスプレイ 5.15インチ
背面カメラ 2000万画素(カラー)
1200万画素(モノクロ)
(ワイドアパーチャ搭載)
内側カメラ 800万画素
電池容量 3200mAh
(急速充電対応)
プロセッサ Kirin960
(性能良い)
ストレージ(ROM) 64GB
メモリ(RAM) 4GB
下り最大 150Mbps
無線 a/b/g/n/ac
外部メモリ microSD256GBまで
おサイフケータイ ×
生体認証 指紋
(触れるだけで解除)
カラー サファイアブルー
グレイシアグレー
ミッドナイトブラック
(※ブラックは楽天モバイル専用)

 

このスペックってかなりいいよね?高級スマートフォンレベルじゃない?

そうなんだ。性能的に見れば、Xperiaクラスと変わらないんだけど、値段は5万円以下とかなり安くなってるよ。

honor9は、非常に性能が良いです。

スマートフォンの処理速度(サクサク動くかどうか)の判断基準は、CPU(プロセッサ)を見れば判断できます。

このKirin960は、Xperia等で搭載されているSnapdragon800番台と同程度の性能を持っておりサクサク使えます。

 

デメリットで言えば、ハイスペックスマホとしては少しメモリが4GBと少ないこと。

そしてもう一つが、最大受信速度が150Mbpsと低めなこと。

とはいっても、他の格安SIMと比べれば、十分普通以上になっています。

このレベルのスマホが5万円以下、しかも楽天モバイルなら3万円台で買えるのは正直驚き。悩むなら一番おすすめのスマホだね。

楽天モバイルでhonor9を見てみる⇒対応端末

 

honor9の外観は美しい

honorシリーズはどれも外観が美しいです。

私が購入したものはブルー。こちらも反射して映り込むほどの綺麗さ。

 

サイドには電源ボタンと音声ボタン。

 

下側には指紋認証ボタン(押し込むタイプではなく、触れて反応する静電タイプ)。

 

指紋認証の動作はスムーズで、小気味良い解除音とともに使えるようになります(動画でこちらも撮影しています)。

 

電源ケーブルはUSB-Cになっています。また同梱のUSBケーブル充電器は急速充電に対応しています。

 

ディスプレイも美しく見やすいですね。

 

背面には2000万画素のカラー、1200万画素のモノクロを搭載したダブルカメラがあります(ワイドアパーチャについては次の項目で説明します)。

 

インカメラは800万画素になっています。

 

指紋認証速度をチェック

honor9は処理速度が高いこともあって、指紋認証速度もスピーディです。

こちらを動画で撮影し、Youtubeにアップしました。

 

デュアルカメラの性能・ワイドアパーチャを動画で検証

honor8に搭載しているダブルカメラって特徴あるんだよね?

そうなんだよ。Huaweiが熟成してきたワイドアパーチャ技術が搭載されてるよ。

もともとダブルカメラを出したのは、iPhoneではなくこのHuaweiのhonorシリーズの方が先でした。

このダブルカメラを生かした機能がこちらのワイドアパーチャ(iPhoneでは、機能が少し違いますが、ポートレートモードがその機能に当たります)。

 

一番最初の搭載モデルは、honor6plusです。

 

この時は、カメラの画素数も少なかったし、まだまだダブルカメラの性能も低くなっていました。

しかし、honor8、honor9とバージョンアップを重ねるにつれ、どんどんカメラの性能が上がっています。

実際に撮影した写真がこちらです。

 

ピントを変更したものがこちら。

 

honor6plusの時はまだまだでしたが、本当に出来が良くなっていて、カメラの画素数向上と合わせ、一回の撮影でいろんなバリエーションを楽しめるようになっています。

実際に、ワイドアパーチャを動画で撮影してみました。こんな感じで、写真のボケ具合を調節できます。

 

楽天モバイルで設定+実際に使ってみたレビュー

実際に楽天モバイルで使ってみたレビューが知りたいな?

OK。設定も含めて詳しく解説していくよ。

まず、楽天モバイルでhonor9を契約すると、家に楽天モバイルのSIMカードと、本体が届きます。

 

申し込み手順については、下記の記事を参考にしてみてね。

参考 【手順を解説】楽天モバイルの手続き(申し込み)の方法をまとめてみました

 

楽天モバイルのSIMカードが到着したら、開通をします。そしてhonor9にSIMカードをセッティング。

 

電源をONして設定を行います。基本的に、指紋認証、Wi-Fiの設定、googleアカウントの設定をするだけなので、困ることはないでしょう。

悩むのは、SIMカードのAPN設定(アクセスポイントネーム)。楽天モバイルの場合は、発行された時期によって2種類あります。

 

楽天の公式サイト「メンバーズステーション」を確認すれば、どちらかはわかります。

参考 楽天メンバーズステーション

 

でもそこまで面倒なことをする必要はないよ。どちらかで試したらいいだけだよ。

2つあるうちのどちらかを選んで、右上に4GもしくはHと出れば、通信接続は成功しています。

間違えていれば、ここが表示されません。

もし間違えた場合は、「設定→その他→アクセスポイント名」でもう一度設定できるので安心してください。

まず設定をタップ。

 

次に「その他」を選択。

 

モバイルネットワークを選択。

 

最後にアクセスポイント名で先ほどの画面に戻ります。

 

接続が完了した段階で、一度通信速度を図ってみました。私の家は電波が悪いのですが、それでもYoutubeなどは全く問題なく見れるくらいの速度になっています。

 

honor9で電波(4G LTE)につながらない場合

APNの設定アカウントが間違えている

一つは、楽天モバイルの異なるアカウントに接続している場合です。

この場合は別のアカウントに再度設定しなおしてください。

 

格安SIMを設定したばかり

楽天モバイルに限った話ではありませんが、格安SIMのAPN設定したばかりの時は、4G LTEに接続できないことがあります。

この場合の解決方法は、上のステータスバーから、一度機内モードをONにして、すぐに解除してください。

(左上から2段目)

 

これで、すぐに4G LTEに接続するケースがほとんどです。

 

honor9で使ってみた感想・まとめ

honor9は、コスト面で見て本当に素晴らしい端末です。

外観、中身の性能、そしてデュアルカメラで文句なしの端末なのに、楽天モバイルで、3万円台で手に入ってしまいます。

端末にこだわりがないなら、ぜひこれを選んでください。後悔しない端末ですよ。

公式サイトでhonor9を見てみる⇒対応端末

 

楽天モバイルは端末関係はキャンペーンをやっていることが多いので、ぜひキャンペーン、キャッシュバックは確認しておくようにしましょう。

参考 楽天モバイルのキャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

 

ちなみにamaozonでも、割安で手に入るので、楽天モバイル以外ならこちらでもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました