同じドメインでWordPressとはてなブログを使う方法(サブドメイン方式)

はてなブログとWordPress(ワードプレス)の比較記事でも書いたようにそれぞれには一長一短があります。

そこで思うのが「どっちのサービスも同じドメインで使えないの?」ということです。

実は、サブドメインと使えば、はてなブログとWordPressを同じドメインで使うことができます

この記事では、その手順をくわしく解説していきます。

WordPressとはてなブログで同じドメインを使う仕組み

今回の方法は、はてなブログをサブドメインで、メインをWordPressで運用します。

例えば以下の通りですね。

・https://example.com(wwwも含む)⇒WordPress

・https://blog.example.com ⇒はてなブログ

 

やり方は簡単ですが、僕が検証した方法では、使えるドメインとサーバーの組み合わせが限られています。

サーバーはヘテムル、ドメインはムームードメインを使います。

後で説明しますが、ヘテムルとムームードメインが同じ会社なところがポイントです。

 

はてなブログとWordPressを同じドメインで利用するための手順

まず、ムームードメインでドメインを取得します。取得するドメインは、「.com」、「.net」でもなんでも構いません。

次にドメイン操作でDNSを変更します。

通常ドメインの方は、ヘテムルを利用にチェックを入れ、サブドメインの方は他社を利用にチェックを入れます。

 

さらに、この状態でサブドメインのCLAME設定を行います。ここは、はてなブログ公式で公開されている通りで大丈夫です。

※このドメインはすでにはてなブログ以外のサーバーに移しています

 

ここで注意したいのは、wwwのサブドメインを使わないこと。

wwwは、有りと無しが一緒として扱われる関係です。

・https://example.com

・https://www.example.com

 

ヘテムルがの設定でも、wwwの有り無しは同じものとして扱われています。

そのため、新しいサブドメイン(例えばblog)などを入力して使いましょう。

僕はblog.example.comで運用していました。

 

Xサーバー、ムームードメインの組み合わせでは上手くいかなかった

ムームードメインでヘテムル以外のサーバーを使った場合も検証しました。

組み合わせは、以下の通りです。

ドメインの種類ネームサーバーの向き
メインドメインXサーバーに変更
(ネームサーバーを変更)
サブドメインはてなブログ公式の設定
(CLAMEで設定)

※DNSの設定は、メインドメインを他社に設定

 

この組み合わせでやりましたが、はてなブログ側で、ドメインの取得エラーが起こり、上手くいきませんでした。

メインドメインはきちんと設定されていました。

メインドメインをヘテムルから、Xサーバーに変更したことで、CALNEが効かなかったのかなと推測しています。

もしかしたら、メインドメインをAレコードで設定すればうまくいくかもしれません。

 

はてなブログからWordPressに移転するときはどうする?

サブドメインをheteml(ヘテムル)以外のサーバーに移す場合

この方法は実践済みです。

メインドメインをヘテムルにして、サブドメインをXサーバーにする方法で説明します。

すでにはてなブログ側で、CLAME設定していますが、こちらにAレコードを当てます。

Aレコードは、「このURLは、このIPアドレスにデータがあるよ」と教えてくれるものです。

 

Aレコードと言うとややこしいですが、やることは2ステップ。

まず、CLAME設定しているところは「A」に変更します。

 

Xサーバー側で、IPアドレスを取得する必要があるので、サーバー情報からIPアドレスを確認。

 

さきほどのところに貼り付けるだけです。

 

Aレコードでの設定を切り替えているだけで、ネームサーバーの変更がないため、5分ほどで切り替わります。

なので、実はドメインをお名前.comで取って、はてなブログからXサーバーに引っ越すなんかよりも、よっぽど簡単で、アクセスエラーが起きにくいですよ。

 

サブドメインをheteml(ヘテムル)に移す場合

この方法はやっていないので、一般的なやり方を解説します。

サブドメインをヘテムルに移す場合は、サブドメインの向きを、ヘテムルにすれば良いです。

DNSの設定を、「ヘテムルを利用する」にするだけですね。

↓さきほど「利用しない」にしていたところを、「heteml」に戻します。

 

ヘテムル側でサブドメインのWordPressを設定するなど、はてなブログへ移す準備が必要なので、注意しましょう。

 

はてなブログで運営したサブドメインをメインのドメインに統合する場合の注意点

はてなブログとWordPressの比較でデメリットとして挙げた「はてなブログは301リダイレクトができない」欠点があります。

そのため、記事を移すだけで順位を維持したままの統合は難しいです(というか順位を維持するのはほぼ不可能)。

理論上完全に維持したまま、メインのドメインに移す場合は、301リダイレクトできるサーバー環境づくりが必須です。

サブドメインを、一旦どこかのサーバーに移転してから、301リダイレクトを行うと良いでしょう。

 

サブドメインを分けるメリット

サブドメインを分ける利点は以下の通りです。

  • サイトごとの関連性を高める
  • サーバーの負荷状態を抑える

 

一つ目は、サイトが別々になるのでそれぞれ違うカテゴリ(内容)に特化して作れば関連性を高め、回遊率、直帰率改善につながる可能性があります。

二つ目はトレンドに近いサイトを運営する場合爆発的なアクセスが集まる場合があります。

サーバーの負荷状態抑えるために、トレンドをサーバーの強いはてなブログで、コーポレートサイトをWordPressで運営してもいいでしょう。

 

サブドメインを分けるデメリット

サブドメインを分けることで、サイトの評価が分散する欠点があります。

本来であれば同じサイト内に入れている方がサイトのドメインパワーは強くなる傾向があります。

 

まとめ:WordPressとはてなブログは同じドメインで一緒に使えるからやってみよう

この記事では、同じドメインではてなブログとWordPressを併用して使うウラ技を紹介しました。

ブロガーさんならメインの特化サイトをWordPressで、雑記に近い日記をはてなブログでやってもいいかもしれません。

企業や法人なら会社のホームページをWordPressで、会社のニュースをはてなブログで伝えてもいいかもしれませんね。

ヘテムルとムームードメインを使って設定すれば、簡単なので、ぜひ使ってみて下さい。

公式サイトを見てみる⇒heteml

ドメインを見てみる⇒ムームードメイン

ヘテムルとムームードメインの組みあわせ以外で使える方法があれば、教えて欲しいです。他の組み合わせで使っている人はいるので、たぶんやり方はあるはず・・・

 

【玄人向け】マルチサイトでもOK

この内容は難しいので、初心者は飛ばしてください。

今回試したのは、WordPressをマルチサイトにした状態で、はてなブログをサブドメインで運用しました。

結果的にマルチサイトだから起こりうるトラブルや、順位の低下は見られませんでした。

 

 

おまけ:法人ならサブディレクトリを切り分けてはてなブログにする方法もある

法人限定(しかも大きな会社ばかり)ですが、はてなブログには、メインドメインのサブディレクトリにはてなブログを設置する方法があります。

参考 Hatena blog Media

 

法人向けで価格が公開されていませんが、もしより効果的にはてなブログを運用するなら問い合わせしてみてもいいかもしれません。

お気軽に質問をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました