初めての決算月なので、2017年までの振り返りと来期のやりたいことマトメ

もう2018年に入って、2か月が終わりました。僕の会社は2月決算なので、一つの区切りとして、アフィリエイト始めてから2017年までの振り返りと2018年にやりたいことをまとめました。

2017年は、専業スタート+法人化したこともあって、区切りになった年。専業化したこと、法人化したこと、これから先のこと、色々と思うところがあるので、つらつらと書いていきます。

スポンサーリンク

アフィリエイト専業になるまで

2016年までは、サラリーマンをしていました。仕事は、車に関する研究職です(外装と電装部品に関する仕事)。

仕事的には、8:00ごろに出社して、基本的に18:00には退社していたので、ホワイト企業でした。

会社に行くまでの通勤が長く(合計4時間半ほど)、電車の中でパソコンを打ち、仕事の合間にはアフィリエイトのことばかり考え、昼休みもスマホでずっと見出しを打ち出していました。

会社でめっちゃアクセス解析見てましたね(笑)

当時から稼ぎたい、という気持ちはありましたが、どちらかといえば、どうやったらハチを飛ばせるか、という試行錯誤のプロセスを楽しんでいた気がします。今見返すと、ひどいクオリティですが。

そんなこんなで、アフィリエイトに取り組んでいると2016年10月に初めて確定100万円を超え、好きなことで食べていけるかも、と思い始めました。

ちょっと話が変わりますが、アフィリエイトに出会うまで、心からやりたいことって、全然なかったんですよね。

周りが行っているから、という理由で大学に行って、理科が得意だから、という理由だけで流されるまま、理系の道に進みました。

結局そのまま就職して、仕事をしていましたが、アフィリエイトに出会ったことで、この仕事楽しいな、という転機をもらえたんですよね。

アフィリエイトの魅力は、お金を稼ぐところだと思っていません。

24時間ネット上にいる、僕の分身がお客さんたちに文章でクロージングして、接客し、おすすめする商品を買ってもらえるプロセスを洗練させていくところが醍醐味だと思ってます。

何かの決定、決断をしようとしている人に間接的にでも関われるって素敵じゃないですか?

しかも自分がいいと思っているものをすすめられる。

こんなに面白い仕事はないな、と思いましたし、今でも変わらずその気持ちを持っています。

 

専業を受けて入れてもらえるまで

妻と妻の両親からはすぐに承諾をいただきましたが、自分の両親からはなかなか理解が得られませんでした。

まぁ当然ですよね。親からしてみれば、高い学費を払って、大学院まで行かせて、上場企業で研究職として働いているのに、わざわざ不安定な方に行くわけですから。

しかも、アフィリエイターなんて聞いたことがないし。不安にさせるのも当然です。

会社なんて自分の意志でやめればいいじゃん!っていう人もいますけど、なかなかそうもいかないんですよね。

自分だけならまだしも、おじいちゃん、おばあちゃんと疎遠になると、子供が可哀相じゃないですか。

何度か話をして、時間はかかりましたが、結果的に認めてもらい、専業として2017年から仕事をスタートしました。

 

2017年の出会い

Twitterはやってましたが、見るだけだったので、全くつながりがありませんでした。

2017年からまともにやり取りを始めて、一番最初に会ったのが、ひつじさんでした。懐かしい。

それから2か月間くらいの間で、立て続けに、ゴレムスさん、ページュンさん、なかじさん、ウィズさん、いのまさん、ヒトデさん、と会いました。他にも、セミナーで知り合い、仲良くなった方もいます。

アフィリエイターは孤独だと言われてますが、あまりそういったことも思わずに暮らしてきました。

他にもコワーキングで、エンジニアの方とのつながりができたりと、今まで出会うことのなかった人たちとつながり、刺激をたくさんいただいています。

出会って頂いた方に感謝です。

 

2017年の仕事・収益について

順調でした、といいたいところですが、まぁ激しい年でした(笑)。ダメージが大きかったのは、

  1. 月100万の非承認を初めて食らう
  2. 100万/月のクエリが吹っ飛ぶ

の二つ。

特に2が大きくて、確定100万くらいのクエリ(そのまま繁忙期なら確定200万は固かった)をごそっと失ったんですよね。案件の単価ダウン、そして終了、めっちゃ強いライバルが出てきて順位落ちと、色々あって、かなり凹みました。

兼業の時で100記事、専業になってから200記事くらい書いて、さぁこれからもっと上げていこー、というところだったので、とてもショックでしたね。

実は、この時のメインで稼いでいたクエリって商標だったんです。商標って、3位くらいまで入らないと報酬があがってきません。逆に、公式の次になったら、バカ売れするようになることもあります。

それくらい、順位が上がると指数関数的に増えてくるポイントだったこともあって、順位とともに売り上げが下がっていく様子を管理画面で毎日確認することは辛かったです。

そんなこんなで、11月くらいまで、なんとかリカバリーしようとしていました。

逆に落ちてきたことで、これはなんとかしないとヤバい!という気持ちになり、色々とあの手この手を打っていました。焦ってSSLしたりとか。

でももがけばもがくほど、落ちるんですよ。ほんと不思議。

たぶん、今のSEOで一番ダメなパターンは、「焦って、記事を量産すること」。この時は焦りが前に出ていて、すべて空回り(むしろマイナス回り)していた気がします。

で、結局捨てたんですよね。きっかけになったのはこちらのサイトの言葉。

未来と過去に悩むのをやめたら、今に注力するようになった

引用|減らせば、増えるの法則:earth in us

この言葉が体にスーッと入ってきたんですよね。

それから憑き物が落ちたように、悩んでてもしょーがないなと考えられるようになり、あきらめて、他のサイトを作る方向へ。

結果、同じクエリで失った100万円を取り戻すには、まだまだ遠いですが、少しづつリカバリができつつあります。運が良かった。

ダメージを受けた時、8サイト運営していて、バランスが悪く2サイトが稼いでいましたが、今はバランスが良くなり、複数サイトでうまく回せています。

2016年から2017年までのサイトの運営スタイルが一番変わったポイントかもしれません。

 

法人化しました

色んな人から法人化したほうがいいんじゃないの?的な話を頂いていたんですが、ずぼらだったので、「まだ個人事業主でいいかな」なんて呑気に考えていました。

ところが、手当の関係や、税金を考えるとどう考えても法人の方が良い、となり税理士に相談、結果すぐに法人化することに。

税理士さん決めてから、3週間くらいで法人化しました。

税金のことはさておき、一人法人なのでやることは変わりません。むしろ法人口座作ったり、サーバーの権利変えたりとやらないといけないことが増える方向なので、正直、めっちゃ面倒です。

ただ、法人化したことで妻の両親と、自分の両親を安心させられたことは良かったな、と今でも思います。

「肩書」って本人にすれば、別にあってもなくても変わらないんですが、大事な人を安心させるための要素だと思うんですよね。

税金とか、手当のお金の面を優先する形で法人化しましたが、結果的に、周りの人の安心につながったのは、良かったなと感じています。

※社長になりましたが、妻からは相変わらずないがしろにされています(笑)

 

2018年にやりたいこと

1つ目は地域サイト

色々とやりたいことがありますが、その一つが地域サイトの骨格を作ること。

ちょっと前にTwitterでインターネットの広告費が2桁パーセントの成長、という話がありました。だからこそ、Twitterでも、7ケタ超えの景気のいい話が出てきているんだと思います。

このまま進むとどうなるのか?と考えた時、地域エリアごとの広告出稿が増えてくるんじゃないかと考えています。フリーペーパーに広告ではなく、地元のネットメディアに出稿するみたいな。

地域ブログをやっていて、ローカライズされたアドセンス広告を見ていると、地元の脱毛屋さんがアドセンスを出してたりするんですよね。

こういった流れがどんどん大きくなっていき、地域での広告出稿や、SEO、PPCコンサル業みたいなのがより増えるんじゃないかなと思っています。

google検索もローカライズが強くなってますから、より一層、流れが速くなるのではないかと。

そういったところで一枚噛めると面白いと思いますし、自分がASP側になるのも面白いなと思っています(経験がないので、現実味がありませんが)。

実際、地域コワーキングの取材の話とかも出ていて、なんだかリアルとネットの橋架けができそうな展開も・・・。色々、行動してみるもんですね。

もしうまくいかなくても、僕が運営している滋賀の地域サイト(35記事くらい?)で2月発生2万/月、確定1万円/月超えているので、なんやかんやで、アフィリエイトだけでも30万くらいまではなんとかできるかなと、勝手に思ってます。

地域サイト、やってみませんか?責任取りませんが(笑)

 

2つめは役に立つサイト

もう一つは、自分を出しながら、人の役に立つサイトを作ることです。

そのきっかけで考えされられたのが、たからさんのアルケーのインタビュー記事。

以下の引用は、サイトが飛んだ後に、リカバリを図っている状況のたからさんのコメントです。

お金丸に突っ込んでいって、どうすればライバルのサイトより上のものを出せるか、めちゃくちゃ考えて、自分の中で今できることをすべてやったんですね。

で、「どやっ」って出したんですよ。まあすぐに評価はされないにしても、やっぱり「どやっ」ってがんばって出したものをライバルと比較しても、ほんのちょっとの差なんですよね。

そのほんのちょっとの差をGoogleがどうやって評価してくれるか考えると、過去にあるサイトやドメインのパワーだったりが評価されてしまって、僕の勘違いかもしれない程度の良いであろうと思っているページは、Googleに理解できなるのか疑問に思ってしまったんですよね。

そのときに(自分が)何やってんだろうって思ったし、逆にそこにねじ込んだところで僕以外のサイトがやってくれていることがいっぱいあるのに、なんでわざわざ俺がそこに行かなくちゃいけないのかと思ったんですよ。

引用|アルケーの記事:そのサイトに、「僕」がいない

 

この記事読んで、共感の嵐でした。さらにこの次に続く「僕のサイトがなくてもユーザーは困らない」の章も、うなずきながら文章読んでました。

100万のクエリが吹っ飛んだ話を書きましたが、悲しいことに飛んでも、うちのサイトを目的に来ないんですよ。結局、順位次第。

一期一会で契約してくれているなら、それはそれで嬉しいんですが、なんか悲しいなと感じるようになりました。

そして、同時に自分の経験をもとにした人の役に立つサイトを作りたいなという感情がふつふつと湧いてきました。僕が理想だと考えている「役に立つサイト」の指標は、

  • サイトタイトルで検索される
  • ブラウザブックマークしてもらえる
  • スマホのホームに置いてもらえる

というところで、そこを目指したいと思ってます。

 

色々と考えていることはありますが、まずは自分がアフィリエイトをする上で付けてきた知識、プラグインを公開していきたいと思ってます、もちろん無料で。

独学なので偏りあるかもしれませんが、誰かの役に立てばいいかな、と思ってます。

あと、趣味全開で突っ走っている車のサイトですね。気ままに更新するつもりですが、いずれレンタカーブロガーとして、「そのサイトに、僕がいる(むしろ僕がいるから、そのサイトが成り立つ)」状態を確立したいです(笑)

 

さいごに

話があっちこっちに言ってますね・・・。まとまりのない文章で申し訳ありませんでした。

2018年は、金額的な目標というよりも、やりたいことを踏まえて「後悔のない行動をすること」に焦点を当てて動いていければいいな、と思っています。

お役に立てるかどうかはわかりませんが、これから積極的に情報発信していきます。

どうぞこれからもよろしくお願いします。

コメント・質問をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました