レノボのPCをクーポンで最安値に ⇒

【実機レビュー】外付けUSBでパソコンを4G LTE化する「PIX-MT100」ドングルを評価

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
4G LTEノートパソコンの基礎知識

パソコンを4G LTE化したいという人は多いのではないでしょうか。

ピクセラの「PIX-MT100」を外付けUSBドングルとして挿せば、それが簡単に実現します。

今回はPIX-MT100を実際に購入した上で、どのような製品なのかをまとめてしょうかいしていきます。

スポンサーリンク

LTE通信用ドングル:PIX-MT-100とは?

PIX-MT100の一般名称は「LTE対応USBドングル」と言います。

ドングルって何? と思われるかもしれませんが、簡単にいうと「取り付け装置」のこと。

つまり、4G LTE通信できるUSBタイプの取り付け装置、ということ。

USBメモリのように、取り付け部があります(対応は2.0になっており、3.0でもどちらでも使えます)。

 

もっとざっくり言うと、「パソコンのUSBにこれを挿せばネットが使える」ということなんです(もちろん通信の契約は入りますが)。

 

無線LANのアクセスポイントにもなっちゃう器用なやつ

上述した使い方の場合、USBに接続している端末しかネットをすることができません。

しかし、このPIX-MT100の凄いところはコンセントに挿すと、アクセスポイント(無線LAN)として使えること。

 

簡単に言うと、コンセントが必要な「モバイルルーター」。

コンセントが必要、と書くとデメリットのように感じますが、固定回線を置いていない家庭にとっては、常にコンセントから給電されてWiFiがスタンバイされている状態ほど、ありがたいことはありません。

 

コンセントのある場所を無線化できるので家の中心部にセットできる

このPIX-MT100なら、コンセントのある位置をアクセスポイントにできますから、ある程度好きな位置に配置できます

また、できるだけ家の中心部に配置することによって、電波が届かないという問題も排除できます。

アクセスポイントの専用機器ではないので、決して電波が強いわけではありませんが、一部屋またぐぐらいなら普通に使うことができますよ。

ワンルームで邪魔にならない場所なら、冷蔵庫の上もおすすめです。

 

アクセスポイントモードなら当然スマホとの接続も問題なし

PIX-MT100は、コンセントに挿した状態の場合、アクセスポイントモード(無線Wi-Fiルーター)になります。

そのため、スマートフォンとの接続も全く問題ありません。

 

SIMフリーでdocomo(ドコモ)回線に対応

このPIX-MT100は、docomo回線に対応しています。

  • 楽天モバイル
  • マイネオ Dプラン
  • IIJmio Dプラン
  • LINEモバイル
  • その他、ドコモ系格安SIM

 

他にも、docomoプランに対応している格安SIMはたくさんあるので、選びたい放題ですね。

 

PIX-MT100はルーターとして使える? ⇒ Windowsアップデートもできました

変な言い方ですが、思った以上に普通に使えます。

LTEを挿せる無線LANと考えると、あまり使えなさそうですが過去「Windows10のアップデート」もPIX-MT100のデータ通信で行なったことがあります。

決して通常の固定インターネットほど速くはありませんが、家のインターネットを気軽に使うなら、PIX-MT100はありですね。

格安SIMでデータ回線の契約なら、解約料がかからないので一時的な単身赴任や出張に向いており、PIX-MT100との組み合わせはばっちりです。

 

まとめ:PIX-MT100は手持ちのパソコンをLTE化できる優れもの

当サイト「SIMPC(シンプシー)」でも、LTE対応パソコン一覧としてまとめているように、SIMスロットが付いたパソコンが増えてきました。

しかし、アクセサリー的な存在であるUSBでLTE通信できるのはこの「PIX-MT100」が初めて。

実際に試してみても、これまでの無線LANと同じように使えて便利な上、コンセントに挿すだけなので、とてもラクチンです。