【実機レビュー】スタンドアロン型VR「Mirage Solo(ミラージュソロ)」を試す

VR・AR

lenovoのVR機器にはPCが必要になる「explorer(エクスプローラー)」と本体のみで動く「Mirage Solo(ミラージュソロ)」があります。

今回は、本体のみで動く「Mirage Solo」をお借りしたので、レビューしてみました。

専用のデバイスだけあって、スマホのVRとは一味違う没入感を楽しめる一品です。

スポンサーリンク
もしamazonで買うものがあるなら、2,3分で最大2.5%ポイントがプラスされるamazonチャージ使いましょう。キャンペーン中で初チャージでぷらす1000ポイントもらえます。
amazonチャージを見てみる⇒

Mirage Soloとは?本体だけで楽しめるgoogleのVR「Daydream」対応機器

Mirage Solo(ミラージュソロ)って何なの?必殺技みたいな名前だけど?

これは本体だけで動くVR機器なんだ。だからコードも何も必要ないんだよ。

Mirage Soloはスタンドアロン型のVR機器です。

そのため、動くときに煩わしいコード類が一切なく、動き回ってもコケる心配の少ない構造になっています。

 

スタンドアロン式で、OSはスマホと同じandroidになっています(VR用に最適化はされている)。

そのため、androidスマホをVRにしたと思ってもらえると、いいでしょう。

 

Mirage Solo(ミラージュソロ)の同梱品

本体だけで動くなら、色々とオプションの部品は少ないのかな?

そうだね。充電器とモーションセンサーくらいだよ。

中に入っているのは、Mirage Sole本体とモーションセンサーそして、充電用のケーブルくらいです。

 

Mirage Solo本体

本体は白色で、いわゆる一般的なVR機器です。サイドに「DayDream(デイドリーム)」と書いているのは少し違うポイントかもしれませんね。

 

目の周り、おでこのあたりにはしっかりとクッションが盛られているため、長時間装着しても痛みはほとんどありません。

 

lenovoのバンド調整は優秀かつ、簡単でダイヤルを回すだけで調節ができます。

 

付けてからも調整が楽なのもおすすめなポイントですね。

 

シンプルな形状のモーションセンサー

モーションセンサーは一つだけです。

 

ボタンは、マウスとボタンが2つあります。ちなみに後ろが顔みたいでかわいいです。

 

充電方式と外部メモリについて

充電器はUSB-Cになっています。モーションセンサーと本体の充電器を兼ねています。

外部メモリはSDカードを使って、Mirage Soloとのデータのやり取りができます。

 

3Dカメラ「Mirage CAMERA(ミラージュカメラ)」

オプションで、3Dカメラを使って動画が取れるってきいたんだけど?

そうなんだよね。Mirage Soloは専用のカメラを使って動画撮影ができるんだ。

3Dのカメラを楽しみたい人には、オプションでMirage CAMERA(ミラージュカメラ)があります。

 

これを使うことで、Mirage Soloの中で自分で撮影した動画を楽しむ事ができます。

 

Mirage Soloを使う前の事前の準備

Mirage Soloの設定って簡単?難しいのいやだなぁ・・・

簡単だけど、ちょっと時間がかかるね。あと事前に準備しておいた方がよいものもあるんだ。

Mirage Soloは電源を入れてからセットアップまで少し時間がかかります。主に

  • 購入時から最新verへのアップデート
  • googleアカウントの連携

 

の2つがあるからです。アップデート及び入力を含めて、15~20分くらい見ておきましょう。

 

注意:googleアカウントはPaymentの登録が必要

Mirage Soloで使うアカウントはgoogle paymentの登録が済んでいる必要があります。

Paymentへの登録は、クレジットカード、もしくはGooglePlayカードがあれば登録ができます。

 

Google Playで事前に登録ができるので、やっておきましょう。

Mirage Soloでも設定できなくはないですが、キーボードがないので設定が大変なので、PCもしくはスマホが推奨です。

 

Mirage Soloのセットアップの流れ

セットアップは、

  1. googleアカウントの設定
  2. googleアカウントのPINの設定
  3. チュートリアル

の3ステップです。

VR機器の場合、指紋認証や顔認証ができないため使う前のパスワードとしてPINコード(4桁の暗証番号)を登録しておくんですね。

セットアップは、登録以外は次に進むが基本なので簡単です。

 

Mirage Solo(ミラージュソロ)の魅力・メリット

Youtubeが最高のエンターテイメントになって楽しめる

Mirage SoloのベースになっているGoogleの「Daydream」も、他のVR機器同様に、コンテンツがまだまだ少ないです。

 

しかし!その中でもおすすめが、YouTube

YouTubeなんて、スマホでもパソコンでも見れるから変わらないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、全く違います

DaydreamのYouTubeは専用の画面が用意されていて、超大画面に間近で楽しめるんです。

特に音楽が好きでミュージックビデオを見る人にはおすすめです。最高。

 

他にもLIVE映像もこれまでYouTubeで見ていたのとは違う迫力が楽しめます。

PVによっては360°映像もあり、今までとは違う感覚で見れますね。

 

ボカロLIVEのマジカルミライなんかもいいですね。結構楽しめます。

 

音声検索・入力が優秀

VR機器の面倒なところは、キーボード入力が必要なところです。

ところが、Daydreamは音声入力機能が優れてきているため、簡単に言葉で検索をかけることができます。

精度も高いので、検索が非常に楽ですね。

 

他のVR ゴーグル機器との比較

スマホ用VRゴーグル(3D VOX)との比較

スマホ用のゴーグルも持っていましたが、完全に別物です、当たり前ですが。

スマホの場合は、専用設計ではないためどうしても隙間ができて、外が見えるんですよね。

スマホでAR、VRをうたう「ZenFone AR」を使っても、この弱点は完全には改善されません。

 

外が完全に遮断されて、VRの世界だけを楽しめる「没入感の深さ」こそがMirage Soloの魅力だと思います。

 

Lenovo explorer(Windows MR)との比較

explorerも良いVR機器です。

 

特に、自分の行動範囲に対して境界線を作れるので、障害物と接触する心配がありません

ただ、explorerには2018年7月段階でYoutubeアプリの配信がないため、身近な魅力はMirage Soloの方が断然大きいですね。

また、スタンドアロン型なので場所を問わずどこでも楽しめることも違いの1つです。

 

Mirage Soloの注意点、デメリット:時々落ちる

このMirage SoloはCPUにSnapdragon835を積んでいます。

 

スマートフォン類の中ではハイスペックですが、動画をずっと再生し続けているとさすがに負担がかかっているようで、たまに落ちます。

いきなり真っ暗になるので、少しびっくりしますね。

 

まとめ:YouTubeを見ることが趣味ならMirage Soloは買いの一品

何度も繰り返しになりますが、Mirage SoloはYouTubeとの相性が抜群です。

良いヘッドフォンと組み合わせることで、さらに深い没入感で楽しむ事ができます(僕はソニーのMDR-1Aを使っています)

 

全体的なコンテンツはこれからに期待ですが、まずはYouTube一本でも、買う価値があるVRデバイスですよ。

amazonでお得に買い物をする方法

amazonで通常通り買い物をすると、本来もらえるポイントを取り逃していることをご存知ですか?

実はamazonはギフト券を購入すると、最大2.5%分のポイントがもらえる仕組みがあります(公式 amazonチャージ)。

チャージ額通常会員プライム会員
5,000~19,999円0.5%1.0%
20,000~39,999円1.0%1.5%
40,000~89,999円1.5%2.0%
90,000~円2.0%2.5%

 

しかも初回購入の場合は、5000円以上のチャージをすれば、1000円分のamazonポイントが付きます(公式 amazonチャージの初回特典

パソコンパーツは高額なものが多いので、数%でも積み重なると大きな金額になります。

チャージ自体は、とても簡単で電子マネーをチャージする感覚でamazonチャージのページから、お金を入れておくだけでOK。

チャージ金額は1円単位で変更可能なので、買い物前にひと手間入れるだけでポイントがゲットできますよ。ぜひ活用してみてください。

amazonチャージ公式を見てみる

VR・AR
スポンサーリンク
PCISM:ピシズム
タイトルとURLをコピーしました