UQモバイルで13000円もらう方法⇒

3DVR体験にはどのiPhoneのディスプレイサイズが最適か検証してみた

スマホアクセサリー

スマホを画面にして使える3Dゴーグルを購入しました。

今までの動画やゲームの感覚変わりますね。

ただし、スマホを併用した3Dゴーグルの弱点は、どうしてもスマホのディスプレイサイズに依存してしまうこと。

今回は、「iPhoneのディスプレイサイズの違いが、VR体験にどのような影響を及ぼすのか」を検証してみました。

スポンサーリンク

検証に用いた3Dゴーグル

今回、実験に使ったのは、VOX BEの3Dゴーグルです。

音量調整や、動画の一時停止が可能なモデルになります。

ヘッドフォン一体型なので、これ一つでVRの世界に没入できる優れもの。

 

さらに検証として、ディスプレイサイズの異なる3つのiPhoneを用意しました(4インチのiPhoneSE、4.7インチのiPhone6S、5.5インチのiPhone7Plus)。

試したアプリは、ハコスコから出ている「VRダンジョン」。

ハコスコ

ハコスコ
開発元:HACOSCO, Inc.
posted withアプリーチ

 

視点の移動だけで、ダンジョンの敵を倒していくゲーム。結構面白いんですよ、コレ。

 

iPhoneSE(4インチ)

結論として、4インチでは十分な没入感は得られません。

その理由は、装着した時に、左右と上部のスマホの縁が見えてしまうから。

左右はあまり気にならないのですが、上部が厳しい・・・。

隙間が見えてしまうのは、VRにとって最大の弱点です。

 

iPhone6s(4.7インチ)

4.7インチの場合、左右は気にならないものの、残念ながら上部には少し隙間が空いています。

しかし、iPhone6sサイズなら、十分に没入感を感じられます。

VRダンジョンやってても、「うおー、デカイサボテン来たー!!」ってなります。

 

iPhone7 Plus(5.5インチ)

もしVRするなら、絶対大きい画面を買った方が良い。そう思えるのが、iPhone7 Plus。

VR体験をする上で、一番大事なのは没入感。

その没入感を支配しているのは、目の前に広がっている光景が、VRの世界だけかどうか、というところです。

iPhone7 Plusの場合は、SEや6sであった画面上部に見える隙間は、ほぼ見えません。

目の前に広がるのは、ダンジョンだけ。

VRダンジョンのステージ1で、柱の上を飛び越えていくシーンがあるんですけど、これが本当に落ちそうで怖いんです。

それくらい、「VRの中に入り込んでいる感」があります。

ちなみに、柱を飛び越えるところがこちら

 

まとめ:VRゴーグルに適したスマホサイズはiPhone7 Plus(5インチ)

ゴーグルで見た内容なので、写真がなく、文字だけになってしまい、ちょっとわかりにくい記事になってしまいました・・・が、しかし!!

一番伝えたい事は「これからVR体験することを前提にスマホを買うなら、iPhone7 Plus(5.5インチ)のサイズにしましょう」ということ。

iPhone6や7のような4.7インチでも十分、没入感はあるので楽しめます。

お試しで、という事であれば、スマホを使ったVRゴーグルはとってもリーズナブルに買えます。

ぜひ、色々と試してみて下さいね。