おすすめ便利グッズまとめ ⇒

TANK:タンク(2017)のレビュー・インプレッション:型式:1KE-FE

トールワゴンとして、人気のある「ROOMY(ルーミー)」、「TANK(タンク)」。他にもOEMでいえば、スバルのジャスティ、ダイハツの「トール」が外観は同じで、フレーム、エンジンなどが同系統の車になります。

今回は、「TANK(タンク)」に乗ってきました。N-BOXやTantoのようなトールワゴン系の軽自動車を二回りくらい大きくしたような車で、居住性もいいし、トランクも広め。

TANKはファミリー層にはピッタリのクルマになっています。外観、内装、チャイルドシートを付けてみた様子まで、詳しく解説しました。

スポンサーリンク
もしamazonで買うものがあるなら、2,3分で最大2.5%ポイントがプラスされるamazonチャージ使いましょう。キャンペーン中で初チャージでぷらす1000ポイントもらえます。
amazonチャージを見てみる⇒

TANK(タンク)の外装(エクステリア)

 

シンプルなヘッドライト、上級グレードではヘッドライト形状が変わる

乗ったタンクのグレードは、「X」です。このグレードでは、ヘッドライトはシンプルな形状になっています。

 

タンクのヘッドライトはグレードによって違いがあり、「カスタムG」以上のグレードになると、インパクトのあるLEDヘッドライトに変わります(トヨタの公式ホームページ)。

ヘッドライトがグレードを見分ける一つの手段になりますね。

ヘッドライトを転倒させてみた様子がこちら。それぞれローライトの点灯と、ポジションの点灯になります。

 

開口部の広いトランクドア

タンクの特徴は、トールワゴンとしての使いやすさの他にも、トランクルームの広さがあります。

タンクは背が高いため、比較的大きなものでも入れやすいメリットがあります。

 

乗り降りしやすい、前席、後席スライドドア

タンクの後席はスライドドア形式になっています。今回乗ったタイプでは、片側(左側のみ)電動のタイプでした。スライドドアは開口部が広く、子供を抱っこして入りやすいメリット、子供が急にドアを開けても隣の車にぶつからないなどの利点があります。

上位グレードになると、両側パワースライドドアに変更が可能です。

一方、前席のドアも大きくて、乗り降りはしやすいですが、かなり大きめのドアになるので、駐車場で少し気を使う必要があるかもしれません。

 

外装というよりも内装になりますが、後席スライドドアの付近には、乗り降りを補助するためのバーがあります。

僕の祖母は足が悪いので、こういった小さな配慮がとても助かります。

 

電動のスライドドアは、スイッチでも操作可能になっています。Xのキーは、開錠、施錠、電動ドアオープンの3つになっています。

 

ドアノブは、静電気式ではなくボタン式

今回乗ったタンクのドアの開錠は、ボタン式でした。個人的にできれば、ドアの施錠、開錠はスマートエントリーを導入してほしいところ。

下の写真は、C-HRの写真ですが、ドアノブに触れるだけで開錠できるスマートエントリーはとても便利な仕組みです。

上位グレードでも、タンクの場合はスマートエントリーが公式ページでオプションを確認できませんでした。

 

TANK:タンクの内装(インテリア)

 

シンプルなハンドル周りと特殊なウィンカースイッチ

タンクのハンドル、メーター周りはとてもシンプルです。必要最低限の情報、といったところでしょうか。

下位グレードと、上位グレードではメーター周りがかなり違っています(下位グレードは1眼メーター、上位グレードでは、回転数表示付きの2眼のオプティトロンメーターに変わります)

このメーター上では、オドメーターなどの値は確認できません。ダッシュボード上で確認することができます。

 

タンクを載るうえで一番気を付けてほしいポイントは、ウィンカーです。特殊なウィンカーで慣れるまで時間がかかります。

ウィンカーは通常、「倒す⇒カーブを曲がる⇒自動的に戻る」流れですが、タンクの場合「倒す⇒自動的に戻る⇒カーブを曲がる⇒ウィンカーが自動で消灯する」流れです。

ウィンカースイッチが倒しっぱなしにならないのは、違和感が強く、初めて乗ると困惑すると思いますね。

メーター周りの追加情報になる、オドメーターや、気温情報、シフトの状況はセンターダッシュボード上で確認できます。

タンクはハイブリッドでもないため、メーター以外に必要になる情報はあまり見ないので、運転中もあまりダッシュボード上は見ませんでした。

コンパクトカーながら、カーナビは大画面を埋め込めるようになっています。今回乗ったタンクは、通常サイズだったため、パネルで隙間が調整されています。

 

カーナビ下にシフトレバー、エアコンスイッチがあります。上位グレードではオートエアコンですが、下位グレードは、手動になります。

 

ドライバー席のスイッチ類がこちら。下位グレードであっても、エンジンスターターのボタンが付いているのは嬉しいポイントですね。

他にもパワースライドドアのオンオフ、ヘッドライトのレベリング調整などが集約されています。

 

コンパクトカーらしく、収納に優れた助手席

昨今のコンパクトカーはどれも収納に優れています。タンクもその一つ。

まずドリンクポケットは、常時使えるタイプではなく、スライドで収納できるタイプになっています。ドリンクポケットはほこりがたまりやすいので、収納できるメリットは大きいです。

 

写真ではわかりにくいですが、助手席の前には、広めのポケットがあります。ティッシュが入れば最高なんですが・・・そこまでの大きさはありません。

エアコン操作パネルの下にも、ゴミ箱の代わりになりそうなポケットがあります。容量はかなり大きめ。

スマホの充電器や、AUXのオーディオケーブルなど、車と接続するためのカー用品を入れておいてもいいかもしれません。

 

助手席側のサイドポケットがこちらです。パワーウィンドウの操作パネル部がブラウンでシックなツートーンカラーになっています。

サイドは、ドリンクポケットも付属しています。

 

ゆったりとした後席シートでリクライニング可能

タンクは後席シートがかなり広めです。コンパクトクラスでは、ヴィッツやAQUAがありますが、それとは比べ物にならない広さ。

足元のスペースもゆったりです。

 

後席ドアは、両側スライドドアになっており、ポケット類がありません。しかし後席でも、ドリンクを置けるよう、スライドドア横にポケットが作られています。

ファミリーで乗る際、後席で子供を見ながら乗るというケースもあると思いますから、後席のホスピタリティが高くなる機能は、嬉しいですね。

 

後席シートはリクライニング機能を備えたものは少ないですが、タンクは可能です。下の写真は限界まで倒した様子になります。

フラット、とまではいきませんがこれだけ倒れると、使い勝手が良いでしょう。前席のヘッドレストを取り外し、フラットにすると、車中泊ができるくらいの大空間を作ることも可能です。

 

どれくらい広いかを示すために、後席シートにお昼寝布団とかごを置いた様子がこちら。後席シートはスライドできるため、それに応じて広さが変わります。

この写真は後席を最も後ろまで下げた状態。ショッピングカゴがらくらく置けるスペースは、買いものにいったとき、楽に載せ替えができ、便利です。

 

ベビーカーを折りたたんだ状態で入れることもできます。多少は前席と接触しますが、それでも十分な余裕ではないでしょうか。

 

ベビーカーを設置の上、荷物をを入れてみた様子がこちら。子供用のお昼寝布団に隠れてしまっていますが、足元にはショッピングカゴがあります。

後席でこれだけの容量が確保できるのは、子育て世代には助かります(※発進時には、ベビーカーはトランクに収納してくださいね)。

 

フロアシートの高さは35cm

タンクのフロア高さを実測してみたところ、35cmでした。低床ミニバンを語っているであるシエンタの32cmにはかないませんでしたが、35cmでもかなり優秀。

フロア高が低いほうが、子供、お年寄りともに乗り降りしやすいですね。

 

シート移動や、後席収納で幅広い勝手の良さを持つトランクルーム

タンクのトランクルームの収納はとても大きくなっています。ポイントとして、

  • シートを前後に移動できる
  • 後席シートを倒して、トランクスペースを拡大できる

という2つのメリットがあるからです。

まずこちらが、後席シートを一番後ろまで持ってきた状態で、折りたたんだベビーカーを置いた様子です。こちらでも問題なく、トランクドアの開け閉めが可能になっています。

 

続いて、後席シートを一番前までずらした状態で、収納した様子がこちらです。ショッピングカゴを縦にしても、まだあまりあるほどの収納になっています。

このトランクスペースの可動性はTANKの魅力ですね。

 

ただし、残念なポイントが幅。奥行きはそれなりに取れますが、横方向は決して大きくはありません。女性用のゴルフケースが横でぎりぎり入るくらいです。

男性用のケースや、長尺のクラブが入っている場合は、シャフトにストレスがかかりそうです。

 

シートはスライドが可能でしたが、全面リクライニングも可能です。跳ね上げ機構がないため、フルフラットにはなりませんが、その分操作は簡単。

背面に見えている長方形の取って部分を引くだけで後席のトランクスペースを拡大することができます。

 

広い室内のおかげで、チャイルドシートを設置しても余裕あり

後席のチャイルドシートの様子がこちらです。タンクの後席シートは広いためチャイルドシートを置いてもかなりのスペースがあります(前席のシートは一番後ろまでスライドさせてあります)。

 

続いてチャイルドシートをつけた状態で後席シートを、最大限前にスライドさせた様子がこちらです。

後席にはかなりスペースがあるため、チャイルドシートと前列のシートの間にはまだスペースが残っています。

 

続いて前席にチャイルドシートを取り付けた様子がこちらです。一番後ろまでスライドさせた状態では、かなり大きなスペースがあります。

一方前列のシートを一番前までスライドさせた状態では、ほとんどスペースがなくなるため注意が必要です。

 

幼児用のチャイルドシートを後席シートに取り付けた様子がこちらです。タンクはリクライニングの調節機構があるので、幼児用のチャイルドシートの角度調節も簡単にできます。

 

タンクに乗ってみた感想・インプレッション

良い点・メリット

コンパクトなのに広い車内

タンクのいいところはやはり前席後席ともに広い車内です。 特に、後席シートは前後にスライドができるため足元にかなりのスペースができます。

 

身長が高い人にとって後列シートに乗った場合には足が当たる可能性があることを考えると、後席シートが前後にスライドできるのは大きな利点と言えそうです。

 

大きく使い勝手のいいトランクスペース

トランクについては写真で詳しく説明しましたが、後席シートの前後スライド、また後席シートを倒すことができることによって大きなスペースを確保することができます。

子育て世代にとっては、ベビーカー、アウトドア用品、マザーズバッグなど、ちょっとしたお出かけでも荷物が多くなるケースが数多くあります。

さらに旅行の時はもう一回り荷物が多くなることを考えるとタンクのトランクの容量を変えられる機能は大きなメリットとなってくるでしょう。

 

運転しやすい広い視界

タンクのインテリアの章でははあまり詳しく書きませんでしたが、タンクは運転席からの広い視界が魅力の車でもあります。

 

運転が苦手な人にとって、前面のガラスが大きく視界が広いことは、安心して運転できるひとつのメリットです。

また後ろのスライドドア、トランクルームのガラスも大きく取られているため後ろの確認が簡単なこともメリットの一つですね。

 

悪いところ・デメリット

1Lサイズなのでそれなりに賑やかなエンジン音

タンククラスの車ではしょうがないかもしれませんが、エンジン音がかなり賑やかです。

 

タンクは排気量が1Lサイズです。燃費や税金の面では、1 L サイズはメリットが大きいですが、残念ながら乗り心地という観点ではエンジン音の大きさはマイナスに感じます。

もし、うるさいのが嫌で予算に余裕があるなら、カスタムGを選択してみてもいいかもしれません。こちらのクラスであれば、1.3LのDOHCターボなので、排気量も上がるし、ターボで加速が良くなるでしょう。

 

ハンドルが軽い

少し個人的な意見が入りますが、ハンドルが軽く感じます。少し重めのハンドルの方が好きなので好みが分かれるところですね。

 

特殊なウインカースイッチ

タンクの一番のデメリットはこのウインカースイッチです。ドライバーズシートの所でも触れていますが、タンクのウインカースイッチは通常のものとは異なります。

使い勝手が違いすぎて気になるシーンが何度もありました。

おそらく車を一台しか持っていない場合はあまり気にならないかもしれませんが、 タンク以外の車を二台持ちしている場合はウインカーの操作方法が異なるため違和感を感じるケースが増えるのではないでしょうか。

 

実測燃費(満タン法)で24.22km/L

今回の走行距離は、24.22km/Lでした。1Lサイズということもありますが、ガソリン車でこの燃費は優れていますね。昨今のコンパクトカーはやはり素晴らしいです。

 

ガソリンはもちろんレギュラー。車格としての使い勝手も良いですし、燃費もいい。1Lサイズなので、税金も安いということなし。メインカーでもいいですが、新しくパートナーの車を買う予定なら、軽自動車ではなくあえてタンクでも良いでしょう。

 

TANK(タンク)の感想・インプレッションの総括

すこし言葉が悪いですが、TANK(タンク)にはあまり期待していませんでした。もともと、僕自身が1Lクラスのコンパクトカーにあまり興味がないからです。

ところが、実際に1日乗ってみると、違った目で見れるようになり、「このクルマ、ファミリー向けとしてしっかり使えるじゃん」と感じましたね。

1Lサイズとしては値段帯は少し高めですが、燃費が良いことや税金が安いことでカバーする考えのもと、広い車内でストレスなく使う方法もアリだな、というインプレッションを残してくれる車でした。

amazonでお得に買い物をする方法

amazonで通常通り買い物をすると、本来もらえるポイントを取り逃していることをご存知ですか?

実はamazonはギフト券を購入すると、最大2.5%分のポイントがもらえる仕組みがあります(公式 amazonチャージ)。

チャージ額通常会員プライム会員
5,000~19,999円0.5%1.0%
20,000~39,999円1.0%1.5%
40,000~89,999円1.5%2.0%
90,000~円2.0%2.5%

 

しかも初回購入の場合は、5000円以上のチャージをすれば、1000円分のamazonポイントが付きます(公式 amazonチャージの初回特典

数%でも積み重なると大きな金額になります。

チャージ自体は、とても簡単で電子マネーをチャージする感覚でamazonチャージのページから、お金を入れておくだけでOK。

チャージ金額は1円単位で変更可能なので、買い物前にひと手間入れるだけでポイントがゲットできますよ。ぜひ活用してみてください。

amazonチャージ公式を見てみる

自動車
スポンサーリンク
MONOISM:モノイズム
タイトルとURLをコピーしました