UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【個性派、変わり種から正統派まで】オシャレなおすすめ腕時計30選

大学生になる時、20代で新社会人になる時、大事な人にプレゼント、ファッションのワンポイントとして・・・、そんなシーンで必ず話題に上がるのが時計だと思います。

そこで、今回は僕がオススメしたい時計を30種類、さらにおまけとしてオススメのスマートウォッチ7種類についても合わせて紹介したいと思います。

これだけあれば、あなたのお気に入りも見つかるはず・・・、それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

文字盤や針が個性派、変わり種の腕時計

ISSEY MIYAKE (イッセイ・ミヤケ)

イッセイ・ミヤケの時計は、とても個性的な物がたくさんあってどれも魅力的なんですが、中でも僕が好きなのがこちらの「TO」シリーズ。

短針と長針が針ではなく、円盤で示しているためフラットで無表情なフェイスですが、だからこそ個性を出しているように感じます。

イッセイ・ミヤケの時計はこれだけではなく、他も魅力的な商品が多いのでぜひチェックを。

 

Void

変わり種時計の一つがこちらの「Void」。

一般的なアナログ時計も取り扱っていますが、個人的にはこちらの変わり種時計の方が好きですね。

普通の時計と異なり、フェイスがツートーンとなることで手首に巻く時計でアクセントカラーを与えられそうな一品です。

 

ZIIRO(ジーロ)

超個性的なフェイスを持つ「ZIIRO」の時計。この時計の他にも、ZIIROの時計は、特徴的なフェイスを持っているため、人と被りにくくかつ、目立つのがいいですね。

こちらの商品は青ベースですが、他にもホワイトや、イエローがあって、アクセントカラーとして、ファッションの一つに取り入れられそうです。

 

NAVA(ナヴァ・デザイン)

めちゃくちゃ個性的なフェイスを持っているのがこちらのNAVA(ナヴァ)。

紐の端がそれぞれ、短針と長針を指しています。

この「ORA UNICA」を含めて、「NOVA」は他にも個性的なフェイスを持っているものがたくさんあるので、次はこのNOVAを買おうと思っています。

 

noon(ヌーン)

フェイスが特徴的なnoon(ヌーン)。長針と短針がそれぞれ色付きの半面が付いているので、時間とともにフェイスが変わっていきます。

こちらのnoonも実際に使っているのですが、特徴的なのと、意外に認知度が高く話の種になることがよくあります。

noonは同じフェイスでサイズが違うものがラインナップとしてあるので、ペアで使うのも有りだと思います。

 

HYGGE(ヒュッゲ)

一見、先に紹介した「ZIIRO」と似たフェイスを持っているのがこちらの「ヒュッゲ」。

ただよく見ると全然違っていて、短針と長針がそれぞれ円盤状の少し出っ張りがあるスタイルになっています。

ヒュッゲは、このモデルの他にも、かなり特徴的な時計を出しているので、変わり種が好きな方にはオススメのメーカーですね。

 

ROSENDAHL(ローゼンダール)

変わり種時計である「ローゼンダール ピクト」。短針と長針が、針と点で示される形になっているのが、シンプルでありながらお洒落ですよね。

ローゼンダールはデンマークの時計メーカーです。

 

エスニックやアウトドアがこのみな人向けの素材が特徴的な腕時計

RELAX(リラックス)

文字盤が木で出来ているとても珍しい時計がこちらのリラックスの「RTB-BLB」。

リラックスは、メタル系の時計が主なんですが、印象に残ったのがこちらの木製時計だったので、こちらを挙げさせてもらいました。

 

Timberland(ティンバーランド)

トレッキングシューズで有名なティンバーランドは、時計も出しています。

ポイントは、ベルト部分に靴と同じヌバック素材を使っているのが特徴。ティンバーランド好きにはたまらない一品です。

 

シンプルからゴツ目までの正統派アナログ式の腕時計

 INDEPENDENT(インデペンデント)

個性的なフェイスを持つ時計を数多く発売している「INDEPENDENT(インデペンデント)」。

インデペンデントが発売している時計は大きく分けて2つあり、一つは上にも載せた「TIMELESS LINE」。こちらはフォーマルからカジュアルまで使えるフェイスになっているのが特徴。

もう一つは「INNOVATIVE LINE」。

 

カジュアル中心になりますが、個性的なフェイスを販売しているのがこちらのシリーズ。ウルトラマンとコラボしたシリーズなんかもあり、面白いですよ。

 

ヴィヴィアン・ウェストウッド

ヴィヴィアンといえば、マンガ「NANA」がなんとなく出てきて女性物のようなイメージが湧きますが、メンズの時計も有ります。

「ヴィヴィアン・ウエストウッド」としての、個性派あまり強くはありませんが、それでも独特な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。

 

ORIENT(オリエント)

セイコーブランドの傘下にある時計メーカー「ORIENT(オリエント)」。自動巻きの時計をたくさん販売しています。

オリエントの時計は、フォーマルのシーンに合うものが多く、僕も使っているのですが、これが凄く良いんです。

自動巻きの腕時計なので、電池を気にする必要もなく思い立った時に使えるのも、大きなメリットの一つ。5年近く使ってますが、壊れる気配はないですね。

 

Orobianco(オロビアンコ)

お洒落な人が持っている鞄で有名なイタリアの「オロビアンコ」。

鞄だけではなく、時計も出していて、鞄同様にオシャレな時計を数多く出しています。

オロビアンコの「TIMEORA」シリーズは、フォーマルでも使えるタイプの時計なので、オススメです。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

男性で付けているのをよく見かけるカルバン・クラインの時計。

色々なパターンがありますが、やっぱり真っ白のフェイスに黒のバンドがカルバンクラインのイメージです。

 

 SKAGEN(スカーゲン)

フォッシルグループの傘下にある「スカーゲン・デンマーク」の時計。デンマークという名前が付いていますが、アメリカの時計になります。

SKAGENの走りは、値段にこだわらずデザインに拘るというコンセプトなので、カッコよさとは裏腹に、値段がリーズナブルなのが嬉しい所。

SKAGENの時計はあんまり付けているのを見ないので、プレゼントに喜ばれるかもしれません。

 

SWISS MILITARY(スイスミリタリー)

ミリタリーウォッチとして視認性とシンプルデザインに拘る「スイスミリタリー」。 大きく分けて3つのラインが有り、スタンダードライン、スポーツライン、ミリタリーラインがあります。

スイスの国旗が印字されているのは、国家がその性能を認めているという証なので安心の製品です。

 

SWATCH(スウォッチ)

スイスミリタリーと同じスイスの国旗が入ったのがこちらのスウォッチ。割りとリーズナブルな値段で手に入るのが嬉しいですね。

スウォッチは、メタル製品からプラスチック主体のポップなものまで色んな種類があるので、選ぶのに困りません。

 

TACS(タックス)

とっても珍しいフェイスの時計を数多く出しているのがこちらのTACS。このPIXELも通常フラットな表面に立体的にブロックが積み上げられている珍しい時計になっています。

また、他にもカメラをイメージした時計である「LENS-M」、「Mirror」、「PointLinePlate」などがあって魅力的なラインナップが揃っています。

 

TIMEX(タイメックス)

アメリカに残っている唯一の時計メーカーであり、米国の要人も多く着用している「TIMEX(タイメックス)」。

アメリカで大衆時計として親しまれていることもあり、シンプルなフェイスが特徴になっています。

ベルト部分が布製で最初から付いている時計は少ないので、逆にそれがTIMEXの特徴なんじゃないかなぁ、と個人的に思っています。

 

Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)

めちゃくちゃ可愛いフェイスが特徴なダニエル・ウェリントンの時計。女性に人気が高いこちらの時計ですがですが、径の大きいタイプは男性でも十分に似合うと思います。

ダニエル・ウェリントンは、ベルトを簡単に変更できるのが特徴。

女性にも人気があるし、男性にもシャツファッションなどと合わせやすいので、ペアで持ってもいいと思います。

周りから見て、決してわかりやすいペアではないので、二人だけで秘密を共有している感じになるんじゃないでしょうか。

 

NIXON(ニクソン)

最近良く見るNIXON(ニクソン)の時計。

フォーマルな時計から、カジュアルな時計までたくさん種類を出しています。

これ、という特徴的な時計はないですが、逆にどんなパターンでも対応できるのがニクソンの強みだと思います。

 

MONDAINE(モンディーン)

スイスを代表する時計メーカーである「モンディーン」の時計がこちら。

モンディーンはスイスの鉄道で使われるスイス レイルウェイ ステーションクロックをベースに作られた腕時計。

鉄道が好きな人に送るとともに、その選んだ背景を話して見るといいかもしれませんね。

 

HAMILTON(ハミルトン)

スイスの時計メーカーの一つ「ハミルトン」。現在はスウォッチ・グループの傘下に入っています。

ハミルトンの印象を一言で言うと「正統派」。上記に出している「Jazzmaster」のようにフォーマルでもカジュアルでも使える、まさに「時計」というラインナップをたくさん出しています。

ただし、一方で「Ventura(ベンチュラ)」という個性の尖ったモデルも出しています。どちらも素敵な時計ですが・・・あえて選ぶなら正統派の「Jassmaster」がかっこいいですね。

 

BRAUN(ブラウン)

男性でBRAUNを知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。あの髭剃り機のメーカー「BRAUN」です。

BRAUNは意外にも、腕時計の他にも目覚まし時計やウォールクロックといた商品も出しているんです。

BRAUNの時計の見た目はシンプルなので、フォーマルなシーンで活躍しそうです。

 

FOSSIL(フォッシル)

NIXONと同じくらい見る印象の強い「Fossil(フォッシル)」の時計。

NIXON同様にFossilもフォーマルからカジュアルまで色々なラインナップを取り揃えているので、自分に似合う一品が見つかるはずです。

 

POLICE(ポリス)

サングラスのメーカーとして有名なPOLICEの腕時計。

サングラスも少し厳ついイメージですが、時計もそんなイメージ。ただ、厳つさの中にラグジュアリーな感じがあるのが、POLICEならではですよね。

 

JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)

シンプルさが素敵なヤコブ・イェンセンの時計。

シンプルなモデルですが、それ故にカラーリングの異なるモデルのオシャレさが際立つモデルがいくつかあります。

ごちゃごちゃした機械式が嫌だ、という方にオススメ。

 

防水防塵モデルも多数あるデジタルタイプの腕時計

G-SHOCK

耐衝撃、耐水など、アグレッシブにアウトドアで使う時計の代名詞である「G-SHOCK(Gショック)」。限定モデルなどもたくさんあり、根強い人気があります。

男性版だけではなく女性向けの「baby-G」もあり、G-SHOCKとのペア商品もあるので、クリスマスプレゼントで一緒に買うのも良いかも。

 

NEOLOG(ネオログ)

NEOLOGの時計は、シンプルなデジタル表示でありながら、リストバンド上になっており、時計らしさを感じさせないデザインになっています。

シリコン素材になっているので、金属が苦手な人にもおすすめです。

 

normal TIMEPICES(ノーマルタイムピーシーズ)

円形なので、アナログ時計かと思いますが、実際はデジタルになっているのがこちらの「ノーマルタイムピーシーズ」のDG-L01。

ノーマルタイムピーシーズの時計はシンプルながらも、デザイン性に溢れています。

ノーマルタイムピーシーズはそのブランドの経緯が面白くて、代表の「ロス・ミクブライト」さんはアメリカ出身ながら日本大学で研修生修了後、日本で働き、現在このメーカーを立ち上げているんです。

アメリカと日本の世界観が融合したこの時計に凄く注目しています。

 

プレゼントに選びたいおすすめの腕時計まとめ

正直、時計はたくさんの種類がありすぎて全部を見てられません。だからこそ、見てみた時に「これが良い!!」というインスピレーションが大事です。

僕は変わり種時計が好きなんですが、そういった意味ではZIIROやローゼンダールは魅力的。あとはダニエルウェリントンかな。

今から時計を買おうと悩んでいる人の助けになれば幸いです!