UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

iPhone7Plusで使えるカード収納一体型ケースを5種類紹介します

スマホケース・カバー

デュアルレンズが搭載されたiPhone7plus。写真の性能もさることながら、注目のポイントが、Felicaが搭載されておサイフケータイが使えること。

しかし、iPhone7PlusのFelicaが対応すると公表されている電子マネーはまだ少ないのが現状です。

そのため、まだまだICカードスロットが搭載されたケースの需要はあると思っています。

今回はそんなiPhone7Plusのカードスロットの付いたケースについてまとめてみました。

スポンサーリンク

Phoneform GOLF Original

個人的に街で一番見かけるICカードケースがこちらのPhoneform Golfのスマホケースですね。iPhone7 Plusに限らず他の端末でもよく見かけます。

横スライドで簡単にICカードが取り出せるのがメリット。カード型の電子マネーを使っている人はチャージする時に便利ですよね。

 

Spigen スリム・アーマー

耐久性の優れたスマートフォンケースの代名詞であるSpigenのICカードケース。横スライドで収納するタイプがこちらになります。耐衝撃性に優れ、米国のMIL規格も取得済みのケースです。

カードは2枚まで収納可能なので、クレジットカード+ICカードの組み合わせで持ち歩いてみても良いかもしれません。

 

Spigen フリップ・アーマー

MIL規格を取得している訳ではありませんが、ICカードスロットのついた”いかにも” 感の少ないスマートフォンケースがこちら。

SpigenのiPhoneケースの力の入れようは凄いですね。こちらも上のSpigenのケース同様にカードを2枚収納可能です。

 

 VRS DESIGN Simpoli Lether キックスタンド搭載

ICカードケースの中では、非常に珍しいキックスタンドが付随しているタイプのICカードケースがこちらのタイプ。

カードは券面の一部が露出しているタイプなので、取り出しやすいです。また、本革製でで、見た目も渋くてカッコイイです。

 

Slectec(セレクテック)

PhoneFoamに似た形状の横スライド取り出しタイプのICカードケースがこちら。

カラーバリエーションは3色になっていおり、中でも珍しい色が上記のオリーブになっています。

 

 TaoTech(タオテック)

本革タイプのiPhone7Plus用のケースがこちら。本革なので、使い込むことでその色落ちした時の風味を楽しむことができるのが特徴。

もともとのブラウンも、ハード、ソフトケースどちらでも滅多に見ないカラーリングなので、カードスロットのあるなし関係なしに目立ちそうな一品です。

 

URBAN ARMOR GEAR

とにかく頑丈さがウリのUAGのスマホケース。

丈夫なところもポイントですが、カードが背面に数多く収納できるのもポイントのうちの一つ。

いくつもカードを持ちあるかないといけない人にお勧めです。

 

まとめ

iPhone7Plusのカード一体型ケースって少ないんですよね。どうしてもiPhone7Plusはそのサイズ感から手帳型で使う人が多いみたいなので・・・。

とはいっても、iPhoneのケースは、今後も追加で販売されてくるはず。

“これぞ!”と思う商品があれば、どんどん追記していきたいと思います。

 

追記:ApplePayの便利さはすごい

Apple Payを使い始めましたが、めちゃくちゃ便利です。

 

これまで、コンビニの支払の時、財布出して、ウダウダしてたんですけど、クレジットカードで簡単に決済できることで、ストレスフリーになりました。

Apple Payで使えるおすすめのクレジットカードについては下記でまとめているのでぜひご参考にどうぞ。

Apple Payのまとめサイトを見てみる⇒

 

中でも、あんまり知られてないけど、高還元率で、めちゃくちゃお得なリクルートカードでApple Payを使うのが一番お得です。

リクルートカードの記事を見てみる⇒