UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【活量計を比較】apple watch series2とfitbit altaのメリット・デメリットと違い

iPhone7 Plusと同時に発表された「apple watch series2」。

迷うことなく、直ぐにポチりました。僕が購入したのは、割安の「アルミニウム」のバージョンの物です。

今回は、同じ腕時計型のガジェットで、活量計の「Fitbit alta」と比べて、apple watch series2はどうか?」というところを中心に紹介します。

スポンサーリンク
もしamazonで買うものがあるなら、2,3分で最大2.5%ポイントがプラスされるamazonチャージ使いましょう。キャンペーン中で初チャージでぷらす1000ポイントもらえます。
amazonチャージを見てみる⇒

apple Watch series2とfitbit altaの比較

apple watch(42mm)と、fitibit altaを比べると、apple watchの方が大きいのが目立ちます。

fitbit altaが活量計であることを考えれば、当たり前ですが。

apple watchの方は、「いかにも時計!」という感じを出しているのに対して、fitbit altaの方は、細いのでミサンガ的なイメージで装着しています。

写真では革のベルトを装着していますが、普段スポーツする時はシリコンのバンドをしているので、よりスポーティ感が高まります。

 

上の写真を見ると、fitbit altaの方が厚みがありそうですが、実際には二つはほとんど差がありません。

むしろfitbit altaの方が少し薄いくらいです(下の画像は、わかりやすくするためにfitbit altaのバンドを外して比較した画像)。

 

付け心地はどちらも大差ありません。普通の時計を付けているなぁ、という感じです。

特に重さを感じる、ということもありませんでした。

 

apple watch series2の特徴

iPhoneありきな存在であるapple watchですが、単体でもそれなりに色々なアプリを動かせることが誰でも共感できるメリットだと思います。

例えば、シンプルな事ですがアラームのセットをする時に、apple watchで設定すれば済むのは非常に楽なんですよね。

しかも、apple watchそのものが振動して、アラームを伝えてくれる事や、iPhoneで設定しているアラームと独立して設定できるところも魅力です。

 

他にも、メールやLINEがスマホを見ずとも確認できたり、ランニングに出かけた時にGPSでapple watch単独でも追跡してくれるのは、後にデータを整理するのに便利そうです。

 

fitbit altaの良い点、悪い点

シンプルな答えなんですが、活量計として、そしてデータを確認するソフトのユーザビリティが良くできていると感じました。

シンプルであるが故にクオリティが高い

fitbit altaはさほど大きな事ができるわけではありません。

活量計として歩数計やスポーツの時間を記録してくれるだけです。

もちろんこういったことはapple watchでも可能です。

それでも、データの確認のユーザビリティの方で、Fitbit altaに一歩先を行かれているイメージです。

例えば、下記の写真は僕のアクティビティ(1日の運動)の時間を測定してくれています。

他にも、歩数換算したり、消費カロリーなどをスマートフォンで簡単に確認することができます。

 

さらにfitbit altaの優れているところは、睡眠計。

睡眠時の起きた回数などを計測してくれています。

同じようなアプリはapple watchにもありますが、fitbit altaの場合最初からインストールされています。

特に設定することなく使えるのも嬉しいポイント。

 

fitbit altaの方は、スマートフォンと連動した通知機能は、電話とSMS(ショートメッセージサービス)しかありません

そのため、LINEの通知が必要だったりする場合は、apple watchの方が良いですね。

 

まとめ:apple watch と fitbit altaはライフスタイルで選ぼう

どっちが良いという事はありません。この二つはライフスタイルで選ぶもの。

あえて二つを比べて基準を作るとすれば、apple watchは、単独でもできることが多いため、「能動的に自分が動くデバイス」。

fitbit altaはスマートフォンが必須なので、「受動的に、そして淡々とデータを蓄積するツール」。

活量計の機能だけでよければfitbit altaを、ランニングやウォーキング時のGPSの機能や、電話以外の通知機能を使いたければapple watchを選択する方が良いでしょう。

amazonでお得に買い物をする方法

amazonで通常通り買い物をすると、本来もらえるポイントを取り逃していることをご存知ですか?

実はamazonはギフト券を購入すると、最大2.5%分のポイントがもらえる仕組みがあります(公式 amazonチャージ)。

チャージ額通常会員プライム会員
5,000~19,999円0.5%1.0%
20,000~39,999円1.0%1.5%
40,000~89,999円1.5%2.0%
90,000~円2.0%2.5%

 

しかも初回購入の場合は、5000円以上のチャージをすれば、1000円分のamazonポイントが付きます(公式 amazonチャージの初回特典

数%でも積み重なると大きな金額になります。

チャージ自体は、とても簡単で電子マネーをチャージする感覚でamazonチャージのページから、お金を入れておくだけでOK。

チャージ金額は1円単位で変更可能なので、買い物前にひと手間入れるだけでポイントがゲットできますよ。ぜひ活用してみてください。

amazonチャージ公式を見てみる

ファッション・バッグ
スポンサーリンク
MONOISM:モノイズム