【初心者向け】格安SIMとは?初めての人向けに仕組みをわかりやすく図解 | スマホ百科

【初心者向け】格安SIMとは?初めての人向けに仕組みをわかりやすく図解

いきなりですが、「格安SIMって何?」と思っている人ってすごく多いんじゃないでしょうか?

そもそも、「格安」という言葉を使っているからこそ、なんだか怪しく聞こえちゃいますよね。なんか悪いところがあるんじゃないの?的な。

この記事では、「格安SIMとは何か?」ということを徹底的に、そしてわかりやすく、図解しながら解説していきたいと思います。

格安SIMとは?仕組みと原理

格安SIMって何なのかな?最近よく聞くけどあんまりわかんない・・・

格安SIMは月額料金を安くできるスマートフォンの会社のことなんだ。

格安SIMの説明をする前に、まずSIMとは何かを説明します。

SIMとは、スマートフォンを使う上で欠かせない「電話番号の情報が入ったカード」のことです。「SIMカード」とも呼ばれることがあります。このカードには3種類の「標準、micro、nano」という種類があります。

 

このSIMカードを端末に入れて使います。

 

格安SIMはこのSIMカードを提供している会社で、ドコモ、au、ソフトバンクと違って”安い通信回線”として使えるから、格安と呼ばれているんだ。

 

格安SIMは大手キャリアから電波を借りている

格安SIMってどうやって運営してるの?電柱をいっぱい立ててるのかな?

それは違うよ(笑)。格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクから電波を借りて運営しているんだ。だからたくさんの会社が参入出来てるんだよ。

格安SIMの会社は、ほとんど全て、大手キャリアから回線を借り受けることで運営を実施しています。ですので、電波の届き具合などは全て一般的なキャリアと同じです。

では、なぜ安くなるのでしょうか? 普通に考えれば、回線を借りる立場なら高くなりそうなもの。でも、実際は安くなります。その大きなポイントは次の2点。

 

特に、2番目の理由が大きいですね。特に店舗数が少なく人件費を抑えているのは、大きなメリットと言えますね。

同じような例で言えば、ネット型の保険も、申し込みをインターネットに限定して人件費を節約しているんだ。

 

「回線を借りる」というちょっと難しいお話

ちょっとこの章のお話はマニアックだから飛ばしてもいいよ。

格安SIMの会社が回線設備は大手キャリアから借りていると言いましたが、実はそんなに簡単ではありません。大きな流れとして、MMO、MVNE、MVNOという流れがあります。

 

まず、MMOとは、いわゆるキャリアでdocomo、au、Softbankがこれらにあたります。そこかなら、回線を借り受けている会社があります。

これらのサービスは、全てMVNO(仮装移動体通信事業者)と呼ばれていて、先ほどのMVNEからその回線やノウハウを借受ける形になっているのです。

注意しておいて欲しいのは、MVNOが借受けする最後だからと言って、サービスが悪いということではないこと。

その理由は、「通信するための帯域にどれだけのユーザーを割り当てているか?」がポイントになるからです。

 

MVNO、MMVE、MMOにしても、ユーザーをどれだけ帯域に割り当てているのかがポイントになるため、借り受けている末端だから通信品質が悪いということにはならないのです。

別サイト「格安SIMキャッシュバック研究所」では、各社の口コミを調査しています。きちんと評判をチェックしてから申し込みをしましょう。

 

サブブランドと格安SIMの違い

上記では一般的なMVNOとしてお話をしましたが、他にもキャリアであるMNOが安く出している場合があります。

それが、サブブランドであるUQモバイルとワイモバイルの2つのキャリアです。

 

最近は、キャリアが割安で出しているSIMも同じように格安SIMと呼ばれるようになったので、違いがわかりにくくなりましたが、この2つのキャリアについては、サブブランドとして立ち位置が少し違います。

 

まず、悪いところとして値段が他の格安SIMに比べると少し高め。

キャリアが直接運営しているということもありますし、家電量販店を見ても、色々なところで店舗が多いから、という理由があります。

格安SIMは、店舗を持たないことで、そこに掛かるコストをユーザーへ還元することで安くしていますが、UQモバイルとY!モバイルは店舗が多いため、値段が高なってしまうんですね。

しかし、キャリアが直接運営している大きなメリットもあります。それが「通信速度」。どちらもキャリアも、通信速度がかなり速い特徴があります。

特にUQモバイルは、2018年度に通信速度が最も速い格安SIMとして賞をいくつか取っていますし、契約していても僕自身もその速さに驚いています。

 

格安SIMのメリット・利点

格安SIMで覚えておいて欲しいメリットは「電話の基本料金が劇的に安くなる」、これに尽きます。

 

1回線当たりの値段で言えば、電話番号付きのプランであっても2,000円を超えているものはありません。キャリアのスマホなら当たり前に7,000~10,000円になることを考えるとこの安さは素晴らしい。

年間で見ると、スマホ一台につき年間6万円節約できる計算になります。

 

格安SIMのデメリット・欠点

これから格安SIMを使おうとしている初心者に、絶対に覚えておいてほしいデメリットは下記の3つです。

 

格安SIMの電話代について

キャリアのスマートフォンを契約している場合、おそらくほとんどの人が「かけ放題」のプランを利用して使っているのではないでしょうか。

格安SIMの場合、かけ放題のサービスは「オプション」扱いになっているところがほとんど。

そのため、普通に電話を使ってしまうと、20円/秒という値段がかかります。電話を長く使う人は、かけ放題オプションを付けるようにしましょう。

 

平日12時台の通信速度が遅い

この平日昼間の通信速度が格安SIMの最大のデメリットと言っても過言ではありません。ほとんどの格安SIMは、平日12時台は使い物にならないと思ってもらっても良いです。

ただし、一部の格安SIMでは昼間でも速度が落ちないものがあります。それが次の2つ。

  • UQモバイル
  • Y!モバイル

 

特にUQモバイルはすごいですよ。キャリアと比べても全く大差ないため、スマホ代は安くなるのに、性能は変わらないという素晴らしい格安SIMです。

1分ほどの短い動画です

 

実店舗がほとんどない

スマートフォンに詳しくない人の場合は、実店舗がないことがデメリットになる可能性は高いです。

格安SIMの安くなっている理由の一つに店舗を少なくして、人件費を掛けていないことを挙げましたが、その分ユーザーが設定をする必要があります。

もちろん、トラブルが起きた場合には、自分で対応しないといけません。

周りに詳しい人がいればいいですが、「本当に自信が無い」という人は格安SIMはやめておくか、Y!モバイル、UQモバイルを選択すると良いでしょう。

 

格安SIMのQ&A

格安SIMって電波は悪くなる?

悪くならないです。基本的に電波は大手キャリアと同じです。ただし、混雑具合には影響されやすくなるようです。

 

新幹線でも使える?

使えます。電波回線は同じなので安心です。

 

iPhoneは使える?

iPhoneは格安SIMでどのメーカーでも使えます。

 

iPhoneでできないことはある?

あります。一番影響が大きいのはMMS(マルチメッセージサービス)です。MMSが使えるのはワイモバイルとUQモバイルのみ。

使えないわけではないですが、Facetimeは格安SIMの会社によっては高額になるケースがあるため注意が必要です。

 

海外で格安SIMは使える?

海外で格安SIMは使えるケースと使えないケースがあります。これは会社によって対応が全く違うので要注意です。

中でもパケット放題に対応しているのはワイモバイルだけなので、海外でもよく使う場合は、ワイモバイル一択です。

 

キャリアメールは使える?

キャリアメールは提供しているところとしていないところがあります。

中でも注意しておかなくてはならないのは、格安SIM系のキャリアメールは「セキュリティが低い」こと。フリーメール扱いになっています。

迷惑メールとして弾かれないキャリアメールを提供しているのはUQモバイルだけなので注意しておきましょう。

 

LINEの年齢認証は使える?

年齢認証ができる格安SIMは「LINEモバイル」と「ワイモバイル」だけです。

 

その他の質問についてはコメント欄から答えるので、お気軽に質問してくださいね。

 

まとめ

今回の記事で、初心者向けに「格安SIMとは何か?」について、基本的な知識をまとめてみました。

長々と書いていますが、とてもざっくりいうと、「ほとんどの人が月額2000円以下で使えるスマホ」なので、使わないと損ですよ。

コメント

\当サイト自慢のクイズ/
簡単な5問で腕試し

フリック入力の「フリック」とはどんな意味?
テザリング機能を使うと、スマホが何と同じ役割になる?
テザリングの語源「Tether(テザー)」とはどんな意味?
ASUSの「Zen」シリーズの名前の由来は?
スマホの画面上で2本の指を広げたり縮めたりする操作のことを、何と言う?
スマートフォンクイズ(簡単)
{{maxScore}}問中、{{userScore}}問正解でした。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

タイトルとURLをコピーしました