【違いを知れば怖くない】MNOとMVNOのメリット・デメリットを基本から解説 | スマホ百科

【違いを知れば怖くない】MNOとMVNOのメリット・デメリットを基本から解説

近頃よく耳にする「MNO(エムエヌオー)」や「MVNO(エムブイエヌオー)」という言葉。

特に「MVNO」については、一体どういうものなのかをしっかりと理解していると、よりお得で賢いスマホライフを送ることができるのです。

お得さを求めてMVNO(格安SIM)に乗り換えようと思っている人は、MNOとの違いやMVNOならではのメリット・デメリットについてもよく知っておきましょう!

メリット・デメリットを知っておけば怖くないよ。じゃあ、順番に勉強していこう!

MNO(エムエヌオー)とは大手キャリアのこと

MNOって一体なんのこと? 

自社で通信回線網を持っている事業者のことだよ。日本では、ドコモなどの大手キャリアのことを指すんだ。

MNOとは、「Mobile Network Operator(モバイル・ネットワーク・オペレーター)の略。

日本語に訳すと、「移動体通信事業者(いどうたいつうしんじぎょうしゃ)」です。

移動体通信というのは、簡単に言えば携帯電話やPHSなどの回線のことですね。

つまり自社で携帯電話の通信回線網を持っていて、それを利用した通信サービスを提供している事業者が「MNO」ということになります。

言葉にして説明するとなんだかややこしい感じがしますが、MNOは日本ではドコモ、au、Softbankの大手キャリアのことを指す場合がほとんど。

 

ややこしいことは抜きにして、MNO=大手キャリアと覚えておけばOKです。

 

MVNO(MVNO)とは格安SIM事業者のこと

MNOと名前が似ている「MVNO」って何?

自社の回線を持っていない通信事業者のことだね。一般的には、MNVO=格安SIM事業者のことを指すよ。

大手キャリアを示す「MNO」に対して、最近良く耳にするのが「MVNO」。

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の略です。

日本語に訳すと、「仮想移動体通信事業者」。

頭に「仮想」が付いている通り、自社の回線を持たずに、他社から借り受けてサービスを提供している事業者のことを指します。

例えるなら、ビルのオーナーがMNOで、オーナーからワンフロア借りて賃貸に出しているのがMVNO…と考えるとわかりやすいですよ。

もっと具体的に言えば、MVNOはドコモやau、Softbankなどの大手キャリアの回線を借りてサービスを提供している「格安SIM事業者」のことです。

 

こちらもひとまず、「MVNO=格安SIM事業者」と覚えておけば大丈夫ですよ。

なんで他社の通信回線を借りると、格安でサービスを提供できるの?

それは、通信回線を構築するための初期費用や、維持のための設備投資が必要ないからなんだよ。基地局(アンテナ)一つ建てるだけでも、数百万~数千万の費用がかかるからね…。

 

基本的に電波の強弱に違いはない

MVNOだと、なんだか電波が入りにくいイメージがあるんだけど…。

使っている回線はMNOと全く同じものだから、大手キャリアと比べて電波が届く範囲が狭いなんてことは無いんだよ。

「MVNOは電波が弱い!」というイメージを持っている人は、結構多いのではないでしょうか?

「MVNOにしたら電波が弱くなった気がする」という意見を耳にすることもあります。

しかし実際には、MVNOだから電波が届く範囲が狭いなんてことはありません

回線を借りるというのは、MNOの基地局を利用して自社専用の電波を飛ばしているというわけではなく、MNOが飛ばす電波の一部を使って通信を行うということです。

ですので、MNOの電波が届くところには、当然MVNOの電波も届きます。

 

MVNOは端末と電波の相性が問題

それじゃあ、なんで「MVNOだと電波が弱くなった気がする」なんて意見が出るのかな?

それはMVNOの電波だからということではなくて、周波数と端末の相性の問題が大きいんだよ。

MNOもMVNOも電波の強さは同じはずなのに、なぜMVNOだと電波が弱くなった気がするのでしょうか。

その理由は電波のせいではなく、端末と電波の相性が原因です。

MVNOを利用する際は、キャリアで購入した端末をSIMロック解除して使うか、SIMフリースマホを購入するかどちらかですよね。

しかし、各MNOが使用する電波の周波数帯(Band:バンド)と、各端末がそれぞれに受信できる周波数帯というものは決まっています。

キャリアで購入した端末は自社回線の周波数と合うようにカスタマイズされていますが、SIMロック解除して他社の回線を利用したりSIMフリースマホを利用したりすると、使われている周波数と受信できる周波数が合わずに、電波が受信できないことがあるのです。

 

MVNOはMNOに比べて回線が混雑しやすい

じゃあ通信速度についてはどうなの?電波がよく入っていても、通信にすごく時間がかかることがあるんだけど…。

それは借り受けている回線の容量や、契約者数の問題なんだよ。

たとえ電波がよく入っていても、MVNOでは「通信速度が遅い!」という意見をよく耳にしますね。

通信速度が遅い理由は電波の強弱ではなく、借り受けている回線の容量や契約者数に原因があるのです。

道路渋滞に例えるとわかりやすいですね。

例えばMNOの専用道路のうち、1車線を借りたとします。

道路が巡る範囲はMNOと全く同じではありますが、MVNOでは1車線しか使えないので、契約者数が増えれば増えるほど渋滞が起きてしまう…という仕組み。

 

またお昼休みなど回線利用者が多い時間帯や、人が多く集まる場所では通信速度が遅くなります。

各MVNOによって回線容量や契約者数には違いがあるため、MVNOを選ぶときはできるだけ通信速度の速いところを選ぶと、MVNOでもストレス無く通信ができますよ。

 

MNOとMVNOのメリット・デメリットを表で比較

ざっくりとMNOとMVNOの違いはわかったけど、もう少し細かい違いもまとめて知りたい!

それじゃあ最後に、それぞれのメリット・デメリットについて簡単にまとめてみよう。

MNOMVNO
メリット・安定した電波
・安定した通信速度
・サポートが充実
・価格が安い
・契約年数の縛りが緩い
・プランが豊富
デメリット・価格が高い
・契約年数の縛りがある
・電波との相性が悪い可能性もある
・通信速度が遅くなりがち
・サポートが少ない(実店舗が少ない・もしくは無い)

 

MNOのメリットとしては、やはり常に安定した通信状態が保たれていることが大きいですね。

価格が高いことや契約年数の縛りといったデメリットもありますが、「高くても高品質なサービスを受けたい」という人にはMNOがおすすめ

それに対してMVNOは、やはりなんと言っても安くて契約年数の縛りが緩く、お得さを求めてどんどん乗り換えやすいというのが大きなメリット。

デメリットとしては通信状態が不安定なことが挙げられますが、そこはMVNOの中でも、より通信状態の優れている事業者を選ぶことで解決できます。

通信速度の安定性については、当関連サイトで毎月iPhoneを使って計測しているよ。

参考 【iPhoneスピードテストのトリセツ】格安SIMの通信速度をiPhoneで測定しました

 

自分でよりお得で便利なサービスを見極められる人には、ぜひMVNOをおすすめしたいですね。

 

「MNOとMVNOの違い」のまとめ

MNOとMVNO、その違いをよく理解できれば、メリットとデメリットを取捨選択しながら、自分に最も合った通信業者を選べます。

MVNOについてよく知らないのに、安さに釣られて安易に乗り換えてしまっては、通信速度や電波状況に不満が出ることも。

そこで「MVNOだから安い、けれどサービスの質は悪い」となるか、「MVNOだから安い、なのに便利に使える」となるかは、あなたの選択次第ですよ。

コメント

\当サイト自慢のクイズ/
簡単な5問で腕試し

スマホの画面上で指をスライドさせる操作のことを何と言う?
プラチナバンドはどんな通信に適している?
テザリングの語源「Tether(テザー)」とはどんな意味?
「Arrows」シリーズのメーカーはどこ?
電話番号宛にメールを送り、本人確認をする認証方法をなんと呼ぶ?
スマートフォンクイズ(簡単)
{{maxScore}}問中、{{userScore}}問正解でした。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

タイトルとURLをコピーしました