【どちらがメールがお得】SMSとMMSの違いを基礎からやさしく解説 | スマホ百科

【どちらがメールがお得】SMSとMMSの違いを基礎からやさしく解説

スマホの基礎知識

現在スマートフォンでは様々な方法を使って、メッセージを送り合うことができるようになっています。

しかし、それぞれの機能の違いがわからず、どれを使っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

特に、「SMS」と「MMS」はややこしいことこの上ないですね。

機能や料金などに違いがあるので、違いや使い方をよく知らないと請求書を見てビックリしてしまうことも。

SMSとMMSの違いについて、しっかりと理解しておきましょう。

SMS(ショートメッセージサービス)とは

SMSの説明図

SMSってどんなものなの?

電話番号を使ってメッセージのやり取りをする機能のことだよ。全世界で、携帯電話を利用したメッセージのやり取りに利用されているんだ。

SMSとは、「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」の略

メールアドレスではなく、通話回線を使って携帯電話番号あてにメッセージを送ります。

ドコモ、au、Softbankなど大手キャリアはもちろんのこと、格安SIMでもSMSは利用可能

海外でも、携帯電話を利用したメッセージの通信手段として、広く使われています。

ただし、格安SIMの「データ専用プラン」の場合には、SMSは使えないよ。SMSを使うなら「SMS対応SIMカード」を選んでね!

SMSは文字数に制限があり(キャリアにより約70文字~最大で全角670字ほど)、画像などの添付ができないのが特徴です。

ただし相手キャリアに関係なく電話番号のみでメッセージを送ることができるので、「電話番号はわかるけれど相手のキャリアは不明」という場合に大活躍。

SMSって、キャリアによって呼び方が違ったような気がするけど…

ドコモでは「ショートメール」、auでは「Cメール」って呼ばれているね。海外では「テキストメッセージ」と呼ばれることもあるけど、これらは全部SMSのことだよ。

 

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)とは

SMSと一文字違いの「MMS」は、一体何が違うの?

メールアドレス宛に送れることや、送れる文字数や内容にも違いがあるんだよ。

MMSとは、「Multimedia Messaging Service(マルチメディアメッセージングサービス)」の略

文字しか送信できないSMSに対し、画像や動画などマルチメディアに対応した形式がMMSです。

MMSについて

 

同じキャリア間では電話番号のみで送信可能ですし、何よりSMSと違うのは、Eメールアドレス宛に送信できるという点。

このため、スマホや携帯電話間だけではなく、タブレットやパソコンなどメール対応機器に対して送信することが可能です。

ただしMMSを利用するためには、「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」など、キャリアが提供する各端末固有のメールアドレスが必要。

Gメールなどのフリーメールアドレスでは利用することができないので、フリーメールアドレスの利用が大前提となっている格安SIMでは、MMSを使うことはできません。

つまり、「MMS=キャリアメール」って思っておけばOKってことね!

大体の場合はそうだね。だけど例外として、ドコモはMMSに対応していないんだよ。だからドコモに限っては「MMS≠キャリアメール」だってことを覚えておこう。

ドコモでも「@docomo.ne.jp」というキャリアメールアドレスが提供されているので、当然MMSが使える!と思っている人も多いでしょう。

しかしドコモの場合は、MMSに対応していません

なので、例えばMMSが送れるメッセージアプリを使っても、ドコモでは使えないということになります。

ドコモでキャリアメールを送る場合は、MMSではない別のメールアプリを利用する必要があることを覚えておきましょう。

ドコモの場合、基本的にiPhone、androidの通常のメールアプリを使うことになるね。

 

SMSとMMSの違いを一覧表でチェック

SMSとMMSの違いを一覧にまとめてみました。

SMS MMS
宛先 ・電話番号 ・メールアドレス
・電話番号(同キャリア間)
送信先 ・携帯電話(スマホ含む)
・PHS
・携帯電話(スマホ含む)
・PHSタブレットやパソコン等のメール対応機器
送信内容 ・件名無し・文字(70字)
※場合により最大670字
・件名有り
・文字・画像
・動画など
受信料 ・無料 ・データ量に応じた通信料
※ただしパケット定額適応内で実質無料
送信料 ・約3円/1通
※場合により無料
※文字数に応じて最大30円/1通
・データ量に応じた通信料
※ただしパケット定額適応内で実質無料
通信環境 ・音声通話回線のつながる場所
※Wi-Fiのみの環境では使えない

 

同じ内容を送受信するならMMSがお得

SMSとMMS、メッセージのやり取りをするならどっちがお得なの?

契約プランや内容にもよるけど、多くの場合はMMSのほうがお得だよ!

SMSとMMSは文字数などの条件が違うので一概には言えませんが、もしも全く同じ内容のメッセージを送ると想定した場合には、SMSよりもMMSのほうがお得です。

理由を表にまとめました。

SMSとSNSの違い

 

SMSは電話と同じで、受信に関しては無料ですが、送信には料金が発生。

同じキャリア間なら無料になるプランなどもありますが、他キャリアへの送信は1通につき約3円の料金がかかります。

文字数が多ければ1通が30円になることもありますし、SMSは音声通話回線を使うのでパケット定額サービスの適応外(かけ放題プランも適応外。)

それに対してMMSの送受信料はパケット定額サービスに含まれるので、契約データ量の範囲内であれば料金が発生することはありません。

あまりいないとは思うけど、万が一パケット定額サービスに入っていないという人がいたら、その場合はMMSのほうが高くついちゃう場合もあるよ!

 

SMSはLINE(ライン)などで使う「SMS認証」がポイント

SMSは文字数制限がある上にお得でもないなら、別に無くてもいいような気がするけど…

だけど「SMS認証」などSMSが使えないと困ることもあるから、格安SIMでもSMSオプションをつけることをおすすめするよ。

SMSが使えないと困ること、それは「SMS認証」をしなくてはならない場合です。

SMS認証とは、SMSでパスワードを送ってもらい、それを入力することで本人確認ができるという仕組みのこと。

例えばLINEを認証する場合もSMSを使って認証しますし、おさいふケータイのApple Payを使う場合にも認証が必要です。

SMS認証の説明図

 

現代では一人一台スマホや携帯電話を持つのが普通であり、一台の端末につき電話番号は一つのみ、という特徴を利用しています。

様々なサービスでより手軽で信頼性も高い本人確認方法として、SMS認証が導入されているので、SMSが使えないともっと手間のかかる本人確認を行う必要があったり、そもそもサービスを利用できなかったりするケースも。

標準でSMSが使える契約プランの場合は心配ないですが、格安SIMでSMSは別オプションという場合にも、SMSオプションに入っておくことをおすすめします。

 

まとめ

この記事では、SMSとMMSの違いを解説しました。

気をつけなければいけないのは、「いつどんなときでもSMSしか使っていない」というパターンですね。

キャリアが違う相手にもSMSばかりでメッセージを送っていると、たとえ1通3円でも積もりに積もって高い料金になってしまっていることがあります。

SMSとMMS、それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で、上手に使い分けることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました