QRコード決済とは?コードの仕組みから代表的な決済アプリを紹介 | スマホ百科

QRコード決済とは?コードの仕組みから代表的な決済アプリを紹介

様々なサービスが続々と誕生している電子決済。

その中でも、近年特にその勢いを伸ばしているのが「QRコード決済」です。

今までQRコード決済をしたことがないという人でも、これからどんどんQRコード決済を利用する機会は増える可能性があります。

そこで、ここではQRコード決済について、仕組みやメリットなど様々な視点から詳しく見ていきましょう。

QRコード:キューアールコード決済とは

QRコード決済ってどんな仕組み?

表示されたQRコードを読み取らせたり、逆に読み取ったりすることで、簡単に決済ができるシステムだよ。

QRコード決済とはその名の通り、QRコードを読み取ることで支払いを完了させる決済方法のこと。

具体的には、店側が表示するQRコードを客側が読み取る方法と、客側がスマホ等で提示したQRコードを店側が読み取る方法の2つがあります。

キャッシュレスで支払いが可能なので、財布を持ち歩いたり、レジでお金を出したりおつりをもらったり…といった手間を省くことができて、とても便利。

決済の記録が残るので、レシートをもらわなくても支出がしっかり管理できるというメリットもあります。

 

QRコードは2次元になったバーコードシステム

そもそも、QRコードって一体どんなものなの?

黒いドットを縦横に配列して、その並びで様々な情報を表すことができる仕組みだよ!商品などについている「バーコード」の上位版、と言ったらわかりやすいかな?

QRコードがよくわからないという人でも、「バーコード」は知っていますよね?

ほとんどの商品についているシマシマのコードです。

この従来のバーコードは、横方向の棒の幅や並び方によって、数字やアルファベットなどを表しています。

ですが、横方向の一次元だけでは、表せる情報に限りがある…。

そこで誕生したのが、二次元コードとも呼ばれる「QRコード」!

以下はこのサイトのトップページのQRコードです。ぜひスマホで読んでみてください

 

このように、横方向だけでなく、縦方向にも小さな四角(ドット)を配列することによって、バーコードもよりも更に複雑な情報を格納できるようになったのが、QRコードというわけです。

コードが二次元化することで、数字やアルファベット以外に、漢字や記号までも表すことができるようになったんだ。

 

日本のQRコードの普及率(シェア)について

QRコード決済って、どのくらい普及しているの?

国内での利用率は、わずか6%ほど。ただし、これからの普及に期待はできるよ!

今やQRコードは、日常生活にいたるところで見かけるようになりましたね。

商品やチラシについているキャンペーンや商品情報へのアクセスや、名刺にQRコードを載せている人もよく目にします。

企業では在庫管理や顧客管理に使われることもあり、私達の生活の中に、QRコードは欠かせません。

しかしQRコードを使った決済については、現在国内での利用率はわずか6%(別の調査でも9%)。

参考 世界一から後進国に… 日本のスマホ決済、爆発的普及の中国に大差つけられた理由

参考 QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査

 

このようにQRコード決済ができることを知っていても、使ったことがない…という人が大半なのです。

また、QRコード決済ができるお店も少なく、まだ一部の店舗でしかQRコード決済ができないという点も、認知度の低さの一因となっているのではないでしょうか。

 

QRコード決済の世界事情:普及率トップは中国、その理由とは

QRコード決済って日本ではまだあまり見かけないけど、世界的に見るとどうなの?

QRコード自体は日本で生まれたものだけど、日本での普及率はとても低い。逆に、中国など海外でのQRコード決済は爆発的な広がりを見せているんだ。

現時点で、日本国内でのQRコードをコード決済の認知度は、まだまだ低いです。

それでは、世界で最もQRコード決済が普及している国はどこか知っていますか?

答えは「中国」。ちょっと意外じゃないですか?

電子決済が進んでいるのは、当然日本やアメリカなどの先進国というイメージがありました。

しかし、先ほどの産経BIZの記事でも書かれているように、中国ではQRコード決済を含め、電子決済の普及率が98%以上だとも言われています。

参考:日本銀行発表レポート

 

店頭やオンラインでの買い物だけではなく、タクシー、自転車レンタル、個人間のやりとりまで、QRコード決済が利用されているんだとか…!

中国でこれほどQRコード決済が広まった理由は、偽札の横行など貨幣への信頼度の低さが一端となっています。

その点、日本では貨幣への信頼が高く現金主義がまだまだ根強いので、電子決済の普及に時間がかかるのも納得ですね。

 

QRコードとNFC(近距離無線通信)の違いとそれぞれのメリット

QRコード決済と、Apple Payなどのレジでピッとやる決済には、どんな違いがあるの?

レジでピッとやるのは「NFC(近距離無線通信)」という決済方法だね。それぞれの違いやメリットを詳しく見てみよう。

NFCとは「Near Field Communication」の略称で、「近距離無線通信」のことです。

簡単に言えば、10cmほどの超近距離のみで可能な通信ということ。

「Apple Pay」や「おサイフケータイ」など、レジで機械にピッとスマホをかざすだけで決済が完了する、あのシステムです。

 

NFCとQRコード決済、どちらもキャッシュレスで簡単に支払いが完了するので、それぞれどう違うのかがわからないという人も多いでしょう。

ここでは、QRコード決済とNFCの違いやそれぞれのメリットについて、詳しく紹介します。

ちなみに改札を通る時に使うSuicaやiCocaもNFCになるんだ。

 

QRコード決済は機種に依存しない

QRコード決済は、どの機種でも問題なく使えるの?

コードを読み取るカメラさえついていれば、機種やOSに関わらずどんなスマホやタブレットでも使えるよ。

QRコード決済は、機種に左右されず利用できるのが、NFCとの大きな違いです。

例えばおサイフケータイは機能搭載機種でしか使えませんし、Apple PayはiOS搭載の機種でしか使えません。

 

なので、AndroidからiPhoneに変えた場合はおサイフケータイが使えませんし、iPhoneからAndroidに変えるとApple Payは使えないという仕組みになっています。

その点、QRコード決済はアプリでの利用になるので、コードを読み取るカメラさえついていれば、どんな機種だろうと使うことができるのです。

機種変更をしても、アプリをインストールし直してメールアドレスやパスワードを入力すれば、以前の端末で利用していたデータをそのまま引き継ぐことが可能。

 

QRコード決済は導入が容易

QRコード決済には、お店側にもメリットがあるの?

NFCに比べて導入が簡単だから、小規模なお店でも導入しやすいというのがメリットだね。

これはユーザー側ではなく店舗側のメリットとなりますが、QRコード決済は、NFC導入よりも手が出しやすいという特徴があります。

読み取り機器など初期費用があまりかからず、さらに決済手数料も一般的なクレジットカードや電子マネーに比べて、低利率に設定しているサービスが多いのです。

読み取る装置はバーコードリーダーで大丈夫なケースもあるから敷居が低いんだよね。

一部消していますが、PayPayは1次元バーコードも使える

 

大手となるとまた話は別ですが、今まで電子決済の導入に二の足を踏んでいた小規模な店舗でも、容易に導入できるというのは大きなメリット。

今までは現金でしか支払いができなかったようなお店でも、キャッシュレスで決済ができるようになるのは、ユーザー側にもメリットのある話ですね。

 

NFCは決済がスピーディ

より速く決済が完了できるのは、QRコードとNFCのどっち?

決済のスピードなら、NFCのほうが上だね。QRコード決済は、慣れていないと特に時間がかかってしまうことがあるよ。

決済スピードの速さを比べるなら、QRコード決済よりもNFCのほうが上。

QRコード決済の場合、スマホからアプリを立ち上げるまでに時間がかかります。

さらに、QRコードの読み取り自体も、読み取り方が悪ければエラーが起きたりして手間取ることも。

その点、NFCならスマホ画面やカードを出して機械にピッとかざすだけなので、一瞬で決済終了です。

後ろにたくさん人が並んでいるなど、少しでも早く決済を終わらせたいという場合には、NFCのほうが圧倒的に便利。

 

QRコードを使う決済方法はどんなものがある?

QRコード決済ができるサービスには、どんなものがあるの?

今はいろんな企業がQRコード決済に参入してきているから、ここでは代表的なサービスの特徴を簡単にまとめてみよう。

現在、QRコード決済には様々な企業が参入してきています。

ここからは、現在国内で勢いを伸ばしている、代表的な4つのサービスを紹介します。

 

ラインポイントを貯められるLINE PAY(ラインペイ)

LINE PAYってスタンプを買ったりするのにしか使ってなかったけど、QRコード決済もできるのね!

LINE PAYはLINEアプリの中の決済機能だから、LINEを使っている人なら手を出しやすい身近なサービスだね。

QRコード決済が初めてだという人にも利用しやすいのは、LINE PAY(ラインペイ)。

 

LINEのアプリから利用できるので、他のQRコード決済サービスよりも手軽に手が出しやすくなっています。

また、LINE PAYには「マイカラープログラム」というシステムがあり、月々の決済金額に応じて、決済時のポイント還元率がアップするという特徴があります。

参考 LINE Pay(ラインペイ)のマイカラープログラムをやさしく解説

 

ランクが上がればなんと最高で2%ものポイントがつくので、よりお得にQRコード決済を使いたい人におすすめ!

 

QRコード決済でポイント3%アップキャンペーン

現在LINE PAYではQRコード決済の普及に力を入れており、QRコード決済をした場合に限り、ポイント還元率が3%アップするという太っ腹なキャンペーンが開催中!

最高ランクの「グリーンバッジ」になれば、5%ものポイントが還元されることになるので、すぐにでも利用開始しましょう!

 

ポイントの2重取りができる「楽天ペイ」

楽天ペイの特徴ってどんなところ?

ポイントの二重取りができるから、ポイントをザクザク貯めたい人にはおすすめだよ!

楽天ペイは、楽天株式会社が提供するQRコード決済サービス。

楽天ペイでは「楽天スーパーポイント」が貯まるため、楽天スーパーポイントを貯めている人におすすめしたいサービスです。

 

支払いにクレジットカードを登録しておけば、クレジットポイントと楽天スーパーポイントの二重取りが可能。

まだ使えるお店が少ないというデメリットはありますが、楽天スーパーポイントをたくさん貯めたいという人はぜひ試してみてください。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
posted withアプリーチ

 

ショップ情報が充実している「Origami Pay(オリガミペイ)」

Origami Pay(オリガミペイ)ってどんなサービスなの?

Origami PayはQRコード決済専用のサービスだよ。

折り鶴のマークが印象的なOrigami Pay。

 

LINE PAYなどとは違い、QRコード決済専用のアプリになります。

ポイントシステムはないので買い物をしてもポイントが貯まることはありませんが、そのかわりに割引クーポンが発行されたりするのが嬉しいポイント!

現在10万店舗以上の加盟店があり、着々と使えるお店が増えてきています。

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ
開発元:Origami Inc.
posted withアプリーチ

 

100億円キャンペーンが強烈な「PayPay(ペイペイ)」

PayPayはどこが提供しているサービスなの?

PayPayはソフトバンクとYahooの合同会社「PayPay株式会社」が提供しているサービスだよ。

PayPayはソフトバンクとYahooの合同会社ということで、信頼度が高いのが特徴。

大々的なキャンペーンで注目されているので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

参考 100億円あげちゃうキャンペーン

参考 スマホ決済ペイペイ(PayPay)のためにワイモバイルを契約してもいい理由

 

PayPayは通常の買い物ではポイントがつきませんが、キャンペーンなどでポイントがもらえることがあります。

 

支払いにクレジットカードを登録しておけば、その分のクレジットポイントも貯まるので、よりお得に利用できるというわけですね。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
posted withアプリーチ

 

QRコード決済まとめ

様々な企業が参入し、熾烈な争いを繰り広げているQRコード決済。

まだまだ日本では利用者の少ないサービスではありますが、オリンピックや万博に向けて、今後普及が急激に加速していくでしょう。

最終的に日本でQRコード決済が定着するかは、正直不透明ではありますが…(現金主義な上に、他にも便利な決済サービスがあるので)。

QRコード決済を試して見るなら、政府・企業が合わせて普及に力を入れている今のタイミングがチャンスです!

コメント

\当サイト自慢のクイズ/
簡単な5問で腕試し

スマホの画面を指先で叩くことを、何と言う?
4Gや5Gの「G」とは何の略?
「SMS」とは何の略?
スマホの画面上で2本の指を広げたり縮めたりする操作のことを、何と言う?
指紋認証の「静電容量方式」では、何を元に指紋データをマッピングしている?
スマートフォンクイズ(簡単)
{{maxScore}}問中、{{userScore}}問正解でした。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

タイトルとURLをコピーしました