【Suicaも使える】Apple Payとは?iPhoneを持つなら使うべきスマホ決済 | スマホ百科

【Suicaも使える】Apple Payとは?iPhoneを持つなら使うべきスマホ決済

財布代わりとして使える便利な決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」。

  • 財布を持ち歩くのが面倒
  • たくさんのクレジットカードを管理しきれない
  • クレジットカードの紛失が心配
  • レジでのやり取りが面倒

Apple Payさえあれば、そんな悩みとおさらばした、快適なキャッシュレスライフを送ることができます。

特に、Suicaユーザーは必見!プラスチックのSuicaカードを使うよりも、数倍便利でお得になるんです。

Apple Pay:アップルペイとは?

Apple Payって一体なに?

iPhoneやApple Watchを使って、お店などで簡単に支払いができる決済サービスのことだよ!

Apple Payは、iPhoneやApple Watchにクレジットカードやプリペイドカードを登録して利用する決済サービスのこと。

財布の中にある何枚ものカードの情報をスマホ一つにまとめることで、キャッシュレスで簡単に決済ができるのが特徴です。

様々なスマホ決済サービスが登場し、しのぎを削っている中、スマホ決済サービス全体に対するApple Payの利用率はなんと20%(MMD総研の調査結果より)。

コンビニを始めとして、スーパーや家電量販店など様々な場所で利用することができ、とても便利です。

 

Apple Payはどんな仕組み?

Apple Payはどうやって使うの?

手持ちのクレジットカードやSuicaを登録しておけば、あとは決済時にスマホを機械にかざすだけで支払いが完了するんだよ。

Apple Payを利用するには、まず端末のWalletアプリにカード情報を登録します。

登録手順はとても簡単。

  1. Walletアプリを開く
  2. カードをカメラで撮影するか、手入力でカード情報を登録
  3. 認証作業が終わると完了

たったこれだけで、Apple Payが使えるようになります。

登録するカードによって「iD」「QUICPay」のうち、いずれかの電子マネーに振り分けられ、それぞれの電子マネーに対応したお店で決済ができるという仕組み。

スマホ決済機の一例

 

Suicaカードを登録すれば、「Suica」を使うこともできます。

SuicaもiPhoneに入れられる

 

Apple PayはNFC(近距離通信技術)を利用して決済を行うので、決済時はWalletアプリを起動して使いたいカードを選び、指紋認証や顔認証を行って機械にかざすだけでOK(アプリの起動や認証の仕方は、端末によって違いがあります)。

 

Apple Payが使える端末はiPhoneとApple Watch(series2以降)

Apple Payは、どんな端末でも使えるってわけじゃないの?

Apple Payが使えるのは、iPhone7以降のモデルや、Series2以降のApple Watchだよ。

Apple Payが利用できるのは、基本的にiPhone7以降のiPhone端末、そしてSeries2以降のApple Watchです。

 

これらの端末では、実店舗、交通機関、アプリケーション内などで、問題なくApple Payを利用することができますよ。

上記以前のモデルでも、アプリケーション内やウェブ上ならApple Payを利用できる機種はありますが、Apple Payの機能を十分に使うなら、やはりiPhone7以降の端末やSeries2以降のApple Watchがベスト。

ちなみにキャリアの縛りはないから、ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMなどどのキャリアでも、上記の端末ならApple Payが使えるよ!

 

Apple Payに登録できるカードは多いが一部は非対応

Apple Payに登録できるのはどのカード?

公式の発表では、日本で発行されたほぼすべてのクレジットカード・プリペイドカードに対応しているそうだよ!

Apple Payでは、日本国内で発行されたほぼすべてのクレジットカード・プリペイドカードの登録が可能です(Apple公式より)。

ごく一部、対応していないカードもありますが、複数枚カードを持っていてどれも登録できない!なんてことはまずないので、安心してください。

ちなみに、Apple Payに登録できるカードの数は、iPhone8・Apple Watch Series3以降では12枚まで、それ以前の機種では8枚までとなっています。

有名どころでは、ダイナースカードが対応していないね。とはいえ、他は対応しているカードが多いから安心してね。

 

Apple Pay(アップルペイ)のメリット・長所

キャッシュレスで安全かつスピーディー

Apple Payが優れているのはところはどんなとこ?

現金やカードを持ち歩くよりも安全なうえに、簡単でスピーディーな決済ができるところだね!

Apple Payを使う上でのメリットは、やはりなんと言っても決済が簡単で、かつ安全だという点。

現金やカードを持ち歩かなくてもいいのでカバンやポケットが軽いですし、紛失したり盗難したりする危険も避けられます。

決済もスマホを機械にかざすだけで終了というお手軽さ。

一度Apple Payでの決済に慣れてしまったら、もう現金払いやカード払いは面倒になってしまうほどの便利さですよ。

 

Apple Watchとの連携でさらに便利に

スマホを取り出すのも面倒という究極の面倒くさがり屋さんは、どうしたらいいの?

そんな人にはApple Watchがおすすめ!iPhoneよりもさらに簡単・便利に決済を済ませることができるよ!

財布を出すのも面倒だけど、スマホを出したり認証したりするのも同じくらい面倒という人も少なくないでしょう。

そんな人におすすめしたいのがApple Watch!

Apple WatchでApple Payを使えるようにしておけば、スマホを出さなくてもApple Watchのサイドボタンをダブルクリックしてカードを選び、腕をさっとかざすだけで決済が完了します。

 

不正利用を防ぐためにパスコードの設定は必要ですが、使う前に一度パスコードを解除しておけば、後はApple Watchを外すまで再入力の必要はありません。

しかもSeries2以降のApple Watchがあれば、iPhone5などFelica非搭載のiPhoneでも、Apple Payを使うことができるんですよ。

 

3つの電子マネー対応で使える幅が広がる

Apple Payを使えば、もう財布を持ち歩かなくても生きていけそう!

iD、QUICPay、Suicaの3つの電子マネーとして使えるから、日常的な買い物や移動だけなら、財布がなくても困ることはないね。

現在では様々な種類の電子マネーが登場していますが、お店によって使えたり使えなかったりして、利便性が悪いことも多いですよね。

しかしApple PayではiD、QUICPay、Suicaという3つの電子マネーを使い分けることができるので、日常的な買い物や移動に使う範囲の大部分をカバーすることも可能!

どこへ行くにもApple PayでiD、QUICPay、Suicaを使えるようにしておけば、財布を忘れたり落としたりしてしまっても、困ることはありません。

 

万が一のスマホ紛失・盗難にも安心

もしもスマホを紛失したり、盗難したりした時が心配!

Apple Payなら、決済には必ずパスコードの入力か、指紋認証もしくは顔認証が必要なんだ。だから万が一スマホが他人の手に渡ったとしても、不正利用される可能性は低いんだよ。

Apple Payを使えば、クレジットカードを持ち歩かなくて済むので、カードの紛失や盗難の心配がないというのも大きなメリット。

しかし逆に、万が一スマホを紛失したり盗難されたりした場合は、Apple Payに登録しているあらゆるクレジットカードを不正利用されてしまうのでは!?と不安になる人もいるでしょうが…そんな心配は無用です。

Apple Payで決済を行うためには、必ずパスコードの入力、もしくは指紋認証や顔認証が必要なので、スマホの持ち主以外がApple Payを使って決済することはできません。

また、登録してあるクレジットカードの内容も暗号化されているので、他人のApple Payからカード情報を抜き出すことはできないので安心ですね。

 

Apple Pay(アップルペイ)のデメリット・欠点

クレジットポイントの還元率が下がる場合がある

Apple Payを通してクレジットカードを使っても、クレジットポイントは貯まるの?

もちろんクレジットポイントは貯まるよ。だけどカードによっては還元率が下がることもあるから、しっかり確認しておこう。

カードをそのまま使うのとApple Payに登録して使うのとでは、お得さに差があるのか?というのは、よく耳にする疑問ですね。

基本的には、Apple Payで支払いを行っても、クレジットポイントは貯まります。

ただし、カード会社によっては、Apple Payで支払いをすることでポイントの還元率が下がってしまう場合も。

例えば、「カード払いをするとポイント○倍」などのキャンペーンでは、Apple Payでの支払いは「電子マネー払い」とみなされてポイント対象外となることもあります。

Apple Payでの支払いがポイント付与の対象となるかは、各カード会社のサイトなどでよく確認しておきましょう。

また、Suicaの場合はプリペイド型の電子マネーなので、チャージに対してポイントが付与されるカードと対象外となるカードがあり、その点も要確認。

 

電子マネーの種類を選べない

iD とQUICPay、どちらでの支払いになるかは自分で選べないの?

残念だけど、どちらの電子マネーになるかはカードごとによって事前に決められているんだよ。

Apple Payに登録したクレジットカードでどの電子マネーが使えるかは、残念ながら選ぶことはできません。

あらかじめ、カードごとにiDになるかQUICPayになるかは決められています。

◆iD決済になるカード

  • dカード
  • イオンカード
  • 三井住友カード

など

◆QUICPay決済になるカード

  • 楽天カード
  • au WALLETクレジットカード
  • オリコカード

など

なので、手持ちのカードがすべてiDでの支払いになるカード…なんて可能性も有り、その場合Apple Payの便利さは半減してしまうでしょう。

新しくクレジットカードを申し込む際には、Apple Payでどちらの電子マネーになるのかも、考慮しておいたほうがいいですね。

 

別でポイントカードの提示が必要

決済自体はスマホだけで済むけど、お店ごとのポイントをもらうにはポイントカードが必要ね。

ポイントをしっかりと貯めたい人にとっては、結局財布からカードを出すという手間がかかってしまうのが難点だね。

クレジットポイント以外のポイントを気にしない人にとっては、スムーズな会計にぴったりなApple Pay。

しかし、ポイントカードの提示でポイントが貯まるようなお店では、結局ポイントのために財布からポイントカードを出して提示するという手間が必要です。

一部のサービスではモバイルポイントカードなども発行されていますが、それでも余分な手間がかかるのは一緒ですし、提示し忘れるとポイントを貰い損ねてしまうことも。

それならポイントカード機能もついたクレジットカードを使うほうが、速いし確実、というケースも多くあります。

 

SuicaユーザーはApple Payを使うべし!

カードのSuicaを使うよりもApple PayのSuicaのほうが便利なの?

Apple PayのSuicaだとチャージも定期券の更新もアプリケーション内でできてとても便利!しかもモバイルSuicaの年会費も無料になるんだ。

Suicaと言えば、Suicaカードを使ったり、モバイルSuicaを使っている人も多いでしょう。

しかしあなたがApple Pay対応の端末を持っているなら、Apple PayでSuicaを使うのが断然便利でお得です!

 

Apple PayのSuicaなら、アプリケーション内で定期券の更新もできますし、チャージもその場で楽々。

しかもモバイルSuicaを利用すると、通常は1030円(税抜)の年会費が必要ですが、Apple PayでSuicaを使う場合は年会費も無料に

Suicaカードを発行する場合のデポジット料(500円)も当然不要です。

Suicaを利用するためだけに、Apple Payを使ってもいいくらいの便利さ・お得さがApple Payにはあります。

 

Suica限定の「エクスプレスカード登録」でより便利に!

電車に乗る時なんかは、いちいち認証したりするのが面倒ね。

そんな時は、Suicaを「エクスプレスカード」に登録しておけばいいんだよ!

Apple PayではSuicaに限り、認証不要で端末をかざすだけで決済が完了する「エクスプレスカード」に登録することができます。

わざわざ決済のたびにアプリを起動したり認証したりするのが面倒だという人でも、これなら本当にワンタッチで決済完了することができて便利。

ただし!エクスプレスカードのデメリットとして「紛失・盗難時の不正利用を防げない」という点があるので、端末の紛失や盗難には十分に気をつけましょう。

 

まとめ

Apple Payは、iPhoneユーザーならぜひ使うべき決済サービスです。

他にもお得なスマホ決済サービスは数多くありますが、その中でもApple Payは使い勝手の良さと安全面がピカイチ。

Pontaカードとの連携を皮切りに、おそらくこれからも他の共通ポイントとの連携等で、さらに使い勝手の良さが向上することが予想されます。

年会費や手数料等は一切かからないので、iPhoneユーザーでありながらまだApple Payを使ったことがないという人は、ぜひ一度試してみてください。

コメント

\当サイト自慢のクイズ/
簡単な5問で腕試し

フリック入力の「フリック」とはどんな意味?
テザリングの語源「Tether(テザー)」とはどんな意味?
「SMS」とは何の略?
4Gや5Gの「G」とは何の略?
テザリング機能を使うと、スマホが何と同じ役割になる?
スマートフォンクイズ(簡単)
{{maxScore}}問中、{{userScore}}問正解でした。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

タイトルとURLをコピーしました