新キャンペーン始まってます⇒

mineo(マイネオ)のテザリングを低速モードで使う方法

マイネオのウラ技

mineo、及びuq mobileのau回線を利用したスマホの利点の一つに、テザリングが出来るというメリットが挙げられます。docomo回線の場合もできなくはないのですが、テザリングできる端末が限られちゃうんですね。

その、mineoのテザリング。高速モードでは、当然使える訳ですが、容量制限のない低速モードに限定して使えるのかなぁ? とずっと思っていました。
というのは、仕事の出先で自分のスマホからテザリングでメールを見てる人って結構いると思うんですよね。
その時に、PCに繋ぎっぱなしだと、どうしても通信容量を食ってしまう。だったら、テキストが主体のメール作業がほとんどだろうし、「mineoの低速モードでいいんじゃないの?」と考えたからなんです。
そこで、今回、低速でテザリングできるか検証してみました。それでは行ってみましょう!!

低速テザリングのやり方

まず、回線を低速モード(200kbps)に変更するためのアプリ「mineoスイッチ」をgoogle playよりダウンロードします。

mineoスイッチ

mineoスイッチ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

 

アプリをインストール出来たら、開いて、eoIDとパスワード(契約時に一番最初に届く書類に記載されています)を入力します。

すると、下記のような現在の通信容量を示す円グラフと、下部に節約スイッチオンオフできるボタンが現れます。

この節約スイッチをONにすることで、低速モードに切り替えることができます。

低速モードの実効速度は?

ちゃんと、低速モードに切り替わったか、毎度お馴染みのBNRスピードテストで検証してみました。

測定の結果、きちんと200kbpsまで速度が落ちてます。最大200kbpsということですが、LTEの速度を抑えているので、ほぼ最大値がでているようです。

テザリングを試す!!

端末側でテザリングをONにします。端末によってやり方が違いますが、ここではXperia Z3の写真を載せています。まずは右上のWi-Fiテザリングをクリック。

パソコンにテザリング接続します。ちょっと、ドキドキでしたが、結果は・・
ちゃんと繋がる!!
実効速度をパソコン側でBNRスピードテストで計測してみると、PCもほぼ200kbps出ることがわかりました。

まとめ

低速モードのテザリング、ちゃんと使えます。mineoさん、すごいっす。UQmobileには、高速、低速モード切替機能がなかったはずのなので、これはmineoの大きなメリットですね。
会社の通信端末として、自身のスマホで代用している人にとっては、痛みなくデータ通信を使えるmineoが、選択肢として出てくるポイントになるかもしれませんね。
しかし、昔はウィルコムのAirH’(エアエッジ)とかで、低速の無線通信を携帯と別にお金払ってしてたのに・・・時の流れってすごいっすね。