新キャンペーン始まってます⇒

au版iPhone5c(5s)について公式、非公式プロファイルの2種類を試してみました

iPhone7の発表に伴い、iOS10が発表されました。

mineo(マイネオ)でiPhone7 Plusをレビューした記事で紹介させて頂いた通り、iPhone7を使っておりiOS10にだんだん慣れてきました。

もちろん今まで持っていたiPhone5c、SE、6sもアップデートして使っています。今回は、その中でもiOS9まで公式に使えなかったiPhone5cのお話。

iOS9までのiPhone5c、iPhone5s

iPhone5cはauキャリアの場合、iOS9までは公式に使えないという背景がありました。

そのため、以前の記事で紹介させていただいるとおりbrogramさんのHPで公開されているプロファイルを用いて、通信をさせてもらっていました。

ところが、iOS10になると同時に何故かmineoの公式サイトで、対応しているといつの間にか変更になっており、プロファイルも公開されていました。

これはビックリ。もちろんiPhone5cだけでなく、iPhone5sも公式対応になっています。

 

brogramさんのプロファイルはiOS10で使える?

結論から言うと、brogramさんのプロファイルでiOS10の使用は可能です。

通信も通常通り、4GLTEを掴んでいます。通信速度の観点から見ても特に問題ありません。

というか、むしろダウンロード速度が70Mbpsも超えててビックリした。mineo、時々とんでもない数字出してきますね。

 

mineoのプロファイルはもちろんOK

公式サイトの発表ですから、当然と言えば当然なんですが、mineoのプロファイルを入れれば、通信、電話機能が立ち上がります。

残念なことに、au版はやっぱりテザリングが使えません。これができたら完璧なのになぁ。

※brogramさんのプロファイルでもテザリングは不可です。

 

ちなみにテザリング(iPhoneではインターネット共有)設定の画面では、次のような画面がでちゃうんですよね。

テザリング使えたら、本当に文句なしなのになぁ。iPhoneでテザリング使うためには、docomo回線じゃないと使えないのでご注意を。

 

au版iPhone5s,5cは買い時?

正直かなり狙い目だと思います。実際のところ、iPhone5sはiPhone7から考えると3世代前のスマートフォンです。

それでもキビキビ動きますし、今回iOS10にアップグレードしたiPhone5cも日常用途で使う分には全く問題ありません。

一方で、中古市場を見てみると、iPhone5s、5cともに1万円台で販売されているのをよく見かけます。

格安SIMで運用するから、格安スマホを買う!というのもアリですが、iPhoneを安く使いたいということであれば、5s、5cは意外に狙い目なモデルだと思いますね。

 

まとめ

iPhone5cからは、公式に使えるようになったので、brogramさんのプロファイルは抜いて公式のプロファイルを適用して運用するつもり。

せっかく公式に出してくれたなら、使わない訳にいかないですよね。

iPhone5sを中古で購入して格安SIMで使うというのはアリだと思うんだと思いますよ。

mineoの公式HPを見てみる→mineo