新キャンペーン始まってます⇒

【1年半使った追記あり】 iPhone6sでマイネオのdocomoプラン(Dプラン)を1ヶ月使ってみた感想・評判

iPhone、iOS

iPhone6sすごく売れていますね。特にピンクゴールドという新色が出て、女性がたくさん購入しているイメージ。僕の妻も同じようにピンクゴールドを購入して、mineoで使いはじめました。

今回は、そのiPhone6sをmineo(Dプラン)を運用してみた感想、通信速度レポート、デメリットなどを詳しくまとめてみました。ちょこっとですけど、妻にも感想を聞いています。

この記事は購入してから1ヶ月後に書いていましたが、1年半使った内容を盛り込んで大幅に記事を修正しています。長い間使っているので参考になると思います。ぜひどうぞ!

AプランのnanoSIMを挿入

スマホを買うと一番最初にする作業「SIMの挿入」を行います。今回は、mineoAプランのnanoSIMを使いました。
まずは、iPhone横の穴に付属の金属棒を使って、中を押し込みます。すると、中から金属の小さなケースが出てきます。

これに、SIMカードを載せて、元に戻します。作業はこれだけで終了。しかし、SIMカードの台までピンクなんですね。こだわってるなぁ。

iPhoneの立ち上げと設定

ボタンを長押しして立ち上げます。当たり前ですけど、この動作は、昔から変わりませんね。
iPhone6sから、iOS9.xにアップデートされてますが、これも大きくは変わりません。挨拶が各国の言葉で出てきます。

その次に言語を選択します。日本語しか読めませんので、日本語で。

他にも、指紋登録やパスコードの設定など、いくつかの設定がありますが、ここでは割愛させてもらいます(順序に従えば、簡単にできるので・・・)
作業としては、新規にappleIDを取得する等なければ、10分程度で終わるかと思います。

mineo、AプランのSIMでアクティベーション実施

結論から言うと、iPhone6sのアクティベーションは、iPhone5cの時同様に、mineoのSIMで行うことが可能でした(今回行ったのは、aプランのnanoSIM(デュアルタイプ)で行いました)。
認識に時間がかかるということもなく、スムーズな立ち上がりでしたね。(正直なところ、スムーズに行きすぎたので、あまり書くことがありません・・・)

mineo(格安SIM)での立ち上げの注意点

iPhoneは、立ち上げの際、ネットワーク接続を求められます。しかし、通常のキャリアと異なり、格安SIMの場合は、立ち上げ時にはネットワーク接続していません
格安SIMは全て、立ち上げ後にネットワーク接続の設定(プロファイルのインストール)を行って初めて使えるようになるからです。
そのため、iPhoneの立ち上げ時にはwi-fiの使える環境下での立ち上げする方法をとると、スマートですよ。

「safari」から、mineoHPにアクセスしのプロファイルをインストール

上記で書いているように、格安SIMはiPhone6sを立ち上げただけでは、モバイルデータ通信(LTE)に接続することができません。そのため、プロファイルをインストールする必要があります。
方法は、「safari」から、mineoのホームページにアクセスし、対象端末一覧の右側から、対象のファイルを選択します。

選択(タップ)するとプロファイルのインストール画面が出てくるので、こちらをインストールすればOK。

無事にインストールが終了すると、mineoを用いたLTEによる通信が、スタートし、データ通信が使えるようになります。
第一回の画像の使いまわしですが、出しましたが、通信速度はこんな感じ。めちゃくちゃ早かったです。ちなみに同じAプランのXperiaZ3で図った速度は平均速度8.68Mbpsだったので、iPhone6sの処理速度が効いているのかもしれません。

問題点:iPhone6sのAプランの音声通話が使えなかった

 使用するにあたって一つ大きな問題点がありました。それが見出しにも書いた、Aプランでは音声通話が使えなかったこと。mineoの公式対応表では、音声通話も、データ通信もできるはずなんですが・・・
(現在は、docomoプランで使っており、こちらでは音声通話の問題は発生しておらず、原因の追究はしていません)

docomoのSIMカードを挿入

もうこの作業は、だんだん飽きてきました・・・。最初は新鮮さでいっぱいだったんですが。特にnanoSIMは、背面がほぼすべて金属部分だから気を遣うんで、肩が凝るし、飽きてきたのと相まって、すごく嫌なんですよね・・・

dプラン(docomo)用のプロファイルをインストール

 

iOSの標準ブラウザの「safari」からmineoのdocomo用端末のプロファイルがインストールできるホームページ「動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)」に行って、対象ソフトをインストールします。

プロファイルは下記のようなもの(画像はau版の物を載せていますが、内容はau→docomoの表記に変わるだけで、同じものです)

インストールすれば、LTEを利用したモバイルデータ通信、音声通話ともに利用可能になっていると思います。一度、ネットを開くのと、音声通話ができるかどうか、試してみて下さいね。

しかし、プロファイルのインストールのみで格安SIMの設定が済むiOSの方がandroidよりも設定が優しいと感じるのは僕だけなんだろうか?

 

スピードテストの結果は?

スピードテストの結果はこんな感じ。土曜日の12:00と12:30の2回測定を「BNRスピードテスト(画像読み込み版)」で実施しました。

土曜日とはいえ、昼頃(12:00と12:30に測定)なので、速度が最も落ちる時間帯にもかかわらず、平均速度4.31Mbpsと、3.21Mbpsで、ネットの閲覧に十分なスピードを確保できています、よかったよかった。
ちなみに同じ時間帯にXperiaZ3(auプラン)で行った結果がこちら

ちょっと見づらいですが、12:00が平均3.47Mbps、12:30が平均2.95Mbpsでした。iPhone6sには負けてしまいましたが、まぁこれでもネットを見るくらいなら十分な速度です。

 

iPhone6sをdocomoプランで使うといくらで使える?

まず今回使っているプランですが、docomoの3GBプランを使っています。値段は1600円なので、キャリアで使っていた時に比べると、5000円くらいは安くなっています。

月額データ量基本料金
500MB1,400円
1GB1,500円
3GB1,600円
6GB2,280円
10GB3,220円

 

僕の場合は、SIMフリー機を新品で購入して使っているので、端末代が10万円近くかかりましたが、すでにdocomo版のiPhone6sを持っている人は、端末を買わずにiPhone6sのそのままmineoのdocomoプランに移行することができます

docomo版からの乗り換えの方法については、下記で詳細に解説しているので、こちらを参照ください。

【関連記事】【注意点まとめ】ドコモのiPhoneからmineo(マイネオ)へMNP乗換と、格安SIMの設定の全手順 

 

メール、SMS、ネット閲覧、LINEなど、問題なし。

mineoとiPhone6sの組み合わせですがすごく安定して使えています。ネット閲覧、LINEはもちろんのこと、メールもiPhoneの標準アプリで使えていますし、SMSも通常通り。

LINEの無料通話やTwitterは、mineoの低速モード(速度が遅くなるかわりにデータ量が無制限になるモード)でも使えるので、データ容量をセーブできて、お得です。

しかもmineoの場合は、「バースト機能」という、低速モードでも最初の一瞬だけ高速で通信するモードがあるので、他の格安SIMよりも快適に使える印象です。

【関連記事】mineoのバースト機能のおかげで、速度制限かかっても割と普通に使えるよ

低速、高速を切り替えるiPhone用の「mineoスイッチ」ウィジェットも使いやすいし、文句なしですね。

【関連記事】iPhone、andoroid用mineo(マイネオ)スイッチ用ウィジェットを試してみた(設定方法も解説) 

気になったのは「MMS」だけど、解決策も

アプリで気になるところ(デメリット)を挙げるとすれば、MMSですね。

mineoは残念ながらMMSに対応していないので、使うことができません。使えない事が不便な事はもちろん、SMSを起動する度に、「設定してください」画面が出るのがちょっと面倒なところですね。

妻はチャット形式でのメールソフトが好きなので、「cosmosia(コスモシア)」というソフトを使って、メールを使っています。

【関連記事】【設定方法有り】 mineoのメールはチャット型のCosmoSia(コスモシア)で使おう!! 

docomoプランの通信速度はどう?

iPhone6sのDプラン(docomoプラン)での一日の通信速度を計測した結果が下記のようなデータになっています。

測定時間ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Ping
(ms)
822.866.2942
926.13117.1142
1032.6316.6642
1110.583.6343
121.190.0744
1314.461.845
1421.758.0946
1513.012.747
1620.749.6247
1723.687.7948
1832.4911.3847

通信速度はほとんど全ての時間で10Mbpsを超え、アップロードで約8Mbpsも出ており、iPhone6sでインターネットを楽しむのに全く問題ありません

ただし、mineoを始め格安SIMは昼間の速度低下が大きいのが特徴です。その影響が今回の結果でも現れています。

赤字にしている12時台のダウンロード速度を見てみると、1Mbps近くとなっていて、このレベルだと、インターネットを見るのもちょっと厳しいですね・・・。仕事の合間の昼休みにネットをたくさんする人はたぶん不満に感じるでしょう。

 

Ping値が良いのは魅力的

上の通信速度テストの結果のなかで、「Ping(m秒)」という結果がありました。この測定は「インターネットを立ち上げてネット側が応答するまでの時間」を示します。簡単に言うと、Ping値が小さいとネットがサクサク見れるんです。

今回、iPhone6sとdocomoプランを組み合わせて測定した結果では、なんと、40ms台が出ています。これは、auプランや他の格安SIMで使うのに比べるととても速いです。

実際に、Xperia(エクスペリア)シリーズで使ってみても、auプランでいつも50~60msの間なので、40msが中心となっている今回の結果には驚きました。

 

【詳しい人向け】テザリングもdocomoプランはOK

最近、電車の中でタブレットを使っている人をよく見かけるようになりましたね。たぶん、ほとんどの人がタブレットとスマートフォンをテザリングでつなげて、無線を使っていると思います。

mineoのdocomoプランを入れたiPhone6sと、パソコン(window、Macともに)や、タブレット(iPad)を繋いで使っていますが、こちらも快適に設定も全て今まで通りで使えています。

 

LaLaコールも使えて電話代をお得に

LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ

LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
開発元:K-Opticom
posted withアプリーチ

iPhoneの場合でも、電話の通話料を安くする「LaLaコール」を使うことができます。

格安SIMを使うと、電話料金が通常料金となり、高くなってしまいますが、LaLaコールを使えば、電話代をスマホ宛で10円/30秒、固定電話なら8.4円/3分と劇的に安くすることができますよ。

 

(追記)10分かけ放題プランが追加

電話代が高いことがmineoの弱点でしたが、ついにかけ放題が追加され、ほぼ弱点がなくなったと言えます。専用のアプリのダウンロードが必要ですが、090(もしくは080)番号からの発信が可能なので、相手側にもややこしくなくて使いやすいです。

余談ですが、格安SIMの会社は「5分かけ放題の会社」と、「10分かけ放題」の会社に分かれます。マイネオは長くてお得な10分かけ放題になっています。

 

かけ放題でなくても、電話にはメリットが

先ほどの画像を見ていただくとわかりますが、マイネオの電話アプリを使うことで、国内の電話料金を半額にすることができます(20円/30秒→10円/30秒)。

こちらは、オプションを申し込まずに(無料で)使えるので、電話が少ない人もお得になります。

 

iPhone6sでdocomoプランを使ったまとめ

昼の通信速度が遅いことやというデメリットはありますが、実際に使っている妻に聞いてみたら、「昼は会社の人と話してるからスマホを見ていない」との回答・・・。

昼休みはスマホじゃなくて、会社のパソコンでネットサーフィンする人もいると思うし、専業主婦なら家のWi-Fiを使っている人も多いと思います。ですから、昼の速度低下の影響を受けない人も数多くいるんじゃないかなと改めて思いました。

半年、1年と使ってみて、mineoを使う上での問題点が出てきた際には、改めてこのブログで報告したいと思います。

・mineoをiPhone6sで使って1年経ちました

妻がiPhone6sで使い始めて、およそ1年以上が経ちました。相変わらずmineo(マイネオ)で快適に使っています。1年前にこの記事で説明している感じとほぼ変わらない、と言っています。

mineoは2016年価格.comの調査で度満足度No.1になっていますが、たしかに満足度が高いです。何よりも、この1年間安くなったのに、代償として昼の速度低下くらいしかデメリットがないから。docomoのiPhone6sなら、MNPで番号も端末もそのまま乗り換えられますよ〜。

マイネオの公式HPを見てみる ⇒mineo