新キャンペーン始まってます⇒

【実機レビュー】iPhone5cをmineo(マイネオ)で使ってみた評価・口コミ

iPhone、iOS

先月から、使い始めたAppleのiPhone5c。ちょっとだけトラブルあったものの、すこぶる快適です。今では、ポケットにiPhone5cだけの時もしばしば・・・。それくらい使い勝手がいいんです。

今回は、mineo(マイネオ)の使い心地と共に、販売してから2年経つiPhone5cは思った以上にめっちゃいいよって記事を書きたいと思います。マイネオで使ってみた感想をとりあえず知りたい!という人は目次から「マイネオで使ってみた感想」に飛んでくださいね。

追記:iPhoneSE購入しました

5cと同サイズのiPhoneSEを購入してマイネオで使い始めました。同じ4インチですが、処理速度がiPhone6sレベルでとても快適です。

詳しくは、下記の記事でまとめているので、よければ参考にしてみて下さい。

【関連記事】iPhone SEをmineo Aプラン(シングル)で試してみたのでレビュー 

iPhone5cのコンパクトさは正義

今のスマートフォンって大きすぎるんですよね。カバンに入れる事が前提になっているというか・・・。ところがiPhone5cは手のひらサイズ、最高です

メイン端末「XperiaZ3」は、ポケットに入れると、ズボンが膨らんでかっこ悪いし、上着の胸ポケットにも入れてもなんかゴワゴワする。

一方で、iPhone5cは、XperiaZ3と比べれば厚みはあるけど、コンパクトなボディのおかげで大きさが苦痛に思う事はありません

 

小さな字でもサイト閲覧に支障なし

最近のサイトはレスポンシブ(閲覧する端末によって、自動的に横幅が調整され、端末でちょうどよく見れるようにしている)なサイトが多く見られます。

そのため、昔のようにPCサイトをスマートフォンで見るという機会少なくなっているため、画面のサイズが小さい事がデメリットになりにくい印象ですね。

 

4インチでは漫画は楽しめない

一点4インチの画面に文句をつけるとすれば、マンガが読みにくい事。いつも、XperiaZ3で読んでいるので、「うわっ、ちっちゃ!!」ってなります。

ちっちゃければいいですけど、読むのに辛くなるのは、やはり小さな画面の宿命ですね。

 

画素数の小さなカメラ、だけど綺麗

iPhoneシリーズって、全般的にカメラの画素は低いと思うんですけど、綺麗なんですよ。なんというかヴィヴィットな感じで、色の境目がハッキリしているイメージ。(写真はiPhone5cで撮影)

こちらの緑の写真も、きちんと濃い緑や、一本一本の草をパリッと映してくれていて、なかなかの描写力。

 

食べ物も、おいしそうに写ります。パテが肉感たっぷりで、めっちゃおいしく写っています(もちろん、実際においしい)。

XperiaZ3は画素数が高いんですけど、オートで撮った画像がちょっとイマイチなので、さっと撮りたいときはiPhone5cを使っちゃうことが多いですね。

 

mineo(マイネオ)を使ってみて

設定はプロファイルのインストールだけなので簡単

格安SIMに乗り換える際、「自分で設定をしないといけないから難しそうだし、やめておこう」という意見をよく耳にします。

iPhoneシリーズの場合は、androidに比べてとても簡単で、マイネオが公式に配布している「プロファイル」をインストールするだけで使えるようになります。

プロファイルの設定方法については、下記の記事で設定方法を書いているので、気になる方は参考にしてみて下さい(iPhoneシリーズの設定方法は全て同じです)。

 

iphone5cの設定について

まずはiphone5cを起動します。すると、色んな言語で、「こんにちは」と、言われます(写真はどこの国の言葉か分からない「Hei」)。

スライドして次の画面に移行すると、言語の選択画面で「SIMカードが挿入されていません」と出てきます。ここは敢えて、無視して起動するかをやってみました。

すると、そのままキーボードの選択画面に移ります。左上にSIMなしって出てるけど、中古だとアクティベーションせずにいけるのかなぁ、と思いながら次へをタップ。

引き続き、Wi-Fiのネットワークを選択。ここは人によって出てくる機械の型番が違うでしょう。

Wi-Fiのパスワードを入力します。おっ、このまま行けるのか・・・

と思ったら、やっぱり求められました。アクティベーション用のSIMカード。ちなみにこのまま「やり直してください」をタップすると・・・

アクティベートできません」とお叱りを受けます。SIMカードの挿入さぼってすいませんでした。

気を取り直して、XperiaZ3からSIMカードを抜き取ります。余談ですけどSIMカード抜くとき、爪楊枝が意外に便利なんですよね。

iphone側のSIMカードスロットを抜き取るために、同封されている金属製のピンを使います。

そして、上記の絵で描かれているようにiphone5cのSIMカードスロットを取り出します。

抜き出したカードスロットに、XperiaZ3から抜き出したnanoSIMカードをセットして、戻します。

そして起動すると、最初は圏外なんですが・・・

少し放置すると、アンテナが立ちます!!ヤッター!!

この状態になれば、先ほど引っ掛かったSIMカードによるアクティベーションの項目を通過することができます。ちなみに、今回用いたのはデュアルタイプ(音声通話+データ通信)のSIM。データ通信用のSIMカードでアクティベーションできるかは未確認です。
さらに、位置情報の設定。

バックアップはありますが、今回は新しいiphoneとして設定。心機一転ということで。よく考えると、iphoneはこれで4台目だなぁ。

AppleIDは以前取得したものを使用。

icloudは使いません。なんだかクラウドが恐いから。設定がイマイチよくわからないし・・・。また、勉強します。

さらに、本体のパスワードを設定。

遊び心あふれるSiriはもちろん使用。これから色んな事を聞いていく予定です。

診断とかこういうのは、不参加で。

さぁ、iphone生活の幕開けです!

と言いたいところですが、まだ4GLTEには繋がっていないので、謎の「1x」という表示になっており、モバイルデータ通信はできません(この状態だと、実は通話は使える)。

長くなってきたので、第二回の記事はこのへんで終わりとさせてもらいます。第三回の記事では、第二回の記事で出来ていないモバイルデータ通信(4G LTE)に繋ぐところを報告したいと思います。

前提条件

今回使用した端末は「iphone5c」で、OSのバージョンは、「iOS8.4」です。キャリアアップデートは最近の状態。
モバイルデータ通信起動の検証を行うにあたって、使用したのはデュアルタイプ(音声通話+データ通信)のSIMカードを使用しています。
また、後日の検証になりますが、プリペイド式のデータ通信用SIMカードでも動作確認できています。

実験1 公式プロファイルを使う方法(失敗)

mineoは、iOSでは使えないと公表しながらも、検証用のプロファイルをホームページ上で配布しています。
このプロファイルをダウンロードすれば、接続できるかなと思っていたんですが、結論から言うと、公式のプロファイルを使っての接続はできませんでした
一応、本記事の中で失敗例も備忘録として残しておきます。「早く接続の方法教えてよ!」って人は、もう少し下の項目「実験2」をご参考ください。
まず公式で配られているプロファイルは、mineoのホームページからリンクすることができます。

プロファイルのインストール画面はこんな感じです。「次へ」をタップして、パスコードを入力し、インストールを行います。

これで、接続できたか!?と思いきや、左上のアンテナ表示は「1x」から全く変わらず・・・残念ながら、公式のプロファイルではモバイルデータ通信は起動しません

実験2 brogramのプロファイル使用(成功)

公式プロファイルで接続できないので、これは、まさか22800円(iphoneの購入費用)を無駄にしたか?と焦りました。
その後、色々と調べてみると「brogram」というサイトので、iphone用のmineo通信用プロファイルが公開されているとの事。
<プロファイルのリンク>
このサイトの中の、mineo用のプロファイルのインストール画面をタップします。さらに、注意書きをよく読んで、パスコードを入力し、インストール。

すると・・・
おおっ!4Gの表示が出た!!
ちゃんとYahoo!のページも見れるし、速度もそこそこ(約7Mbps)出てる結果になりました。よかったよかった。

 

通信速度、安定性は「ほぼ」問題なし

4G LTEでサイト閲覧、twitterなど試していますが、ほとんど問題なく使えています。便利。

「ほとんど」と書いたのは、4Gの通信が圏外になった後、復旧しない現象が1度だけ起こった事があったため。

この時は、再起動により治りました(ネットでは機内モードのON/OFFで復旧するという記事も見ましたが、これでは治りませんでした)。

mineoが公式に通達している、通信が不安定になるというのは、こういったところなのでしょうね。

 

追記:auのiPhone5cがマイネオに公式対応

これまで、iPhone5c(au)は、通信関係の問題から、未対応となっていました(非公式のプロファイルでは使用可能でした)。ところが、iOS10のバージョンアップと同時に公式にマイネオに対応しています。

通信関係は公式対応しましたが、他のau版のiPhoneと同様、現時点ではテザリングは使えないので、注意が必要です。

 

iPhone5Cでマイネオを使ってみたまとめ

とにかく、iPhone5cはサイズ感がジャストで持ち運びしやすく、カメラも性能良い上に、mineoの通信も安定的に使えており快適ですね。

正直なところ、iPhone6sとかではなく、iPhone6cを出してほしい(colorじゃなくてcompactの方向で)。でも、世界はスマホ大型化の流れだし、難しいかなぁ。そうすると、XperiaZ5 compactかな?

 

追記:iPhoneSEとの組み合わせがオススメ

iPhone5cの後継機として、iPhoneSEが登場しました。最新のiPhone7シリーズに比べると、価格帯が安く、格安スマホに迫る勢いの値段になっています。

同サイズでありながら、処理能力、カメラの画素数、全てにおいてパワーアップしているので、もしこれから購入するなら、性能の割にiPhoneSEは値段が安いので、かなりオススメです。もちろん、マイネオも使えます。

【関連記事】小さなモンスター「iPhoneSE」をmineo(マイネオ)で使って思うこと