新キャンペーン始まってます⇒

【実機レビュー】Zenfone3をmineo(マイネオ)で使ってみた評価・口コミ

android

2016年大人気のSIMフリースマートフォンといえば、秋に発売されたZenfone3で間違いないでしょう。ミッドレンジクラスの中でも高い性能を持っており、かつSIMフリースマートフォンの中では1600万画素のソニーセンサーカメラを搭載した機種です。

残念ながら、mineo(マイネオ)から公式にZenfone3が販売されている訳ではないのですが、購入してmineoのDプランで試してみたので、その結果を報告します。

(追記)ZenFone3がmineoの公式端末として追加になりました。非常に性能の良い機種で、使い勝手も良いのでイチオシです。

Zenfone3について

ASUSから販売されているSIMフリースマートフォンのZenfone3は、冒頭書いた通り、日本市場に出回っているSIMフリーの中では、処理速度、カメラの点で見ると、非常に良い性能を持っています。

そのおかげもあってか、2016年に発売されているスマートフォンの中では、ちょっと値段は張りますが、大人気の機種です。

あと、見た目がカッコいい。これ重要です。

Zenfone3のSIMスロット

ここからがmineoの取り付けの本題です。まず、Zenfone3からSIMトレイを取り出します。SIMトレイは、iPhoneのように細長いピンで押し込んで、中身を引き抜くタイプです。

中身を取り出すと、トレイの中には二つのスロットがあることがわかります。どちらもSIMをセットすることは可能なのですが、一つはSDカードを入れる場合は使えなくなるタイプです。Zenfone3に使うSIMはnanoSIMなので、小さい方にセットしました。

APN設定

最初に書いた通り、Zenfone3はmineoの公式端末ではありません。ところが通信設定は、最初から登録されているんです。そのため、SIMを選択して、APN(アクセスポイントネーム)を選ぶだけ、これが凄く簡単なんです。

具体的には、「メニュー画面>設定>モバイルネットワーク>SIM2>アクセスポイント名」の画面まで行ってから、mineo(ドコモプラン)を選ぶだけです。シンプルでわかりやすいです。

mineoでのスピードテスト結果

今回も端末のスピードテストとして、「ookla」でスピードテストしてみました。時間帯は平日の17:00台なので、比較的混雑している時間帯です。

結果としては、ダウンロード、アップロードの速度は十分でした。Ping(インターネットの反応速度)はちょっとイマイチで61ms(遅い程悪い、格安SIMの場合35~60msくらいが普通。特別遅いときで100ms以上になる事もある。)。

Zenfone3としてのメリット

機種の特徴のところで書きましたが、カメラの性能も良いし、指紋認証もスピーディ、そして処理速度も高いので、とても使いやすい。本当にサクサク動きます。

今回は、mineoのDプランで検証を行っていますが、Zenfone3はAプランでも使えるマルチキャリア端末です。そのため、docomoの電波が入りにくい人は、Aプランでauの電波を選択することも可能なマルチキャリア端末です。

mineoもマルチキャリアで回線を取り扱っているのだから、Zenfone3を取り扱ってくれたら良いのに・・・、と思うのは僕だけでしょうか・・・。

もし端末を買うなら

Zenfone3を買うなら、ASUSの公式ショップで買うことをお勧めします。その理由は、amazonをはじめネット通販で買うタイプの場合、海外輸入品があってややこしいからです(実際に、国内品を買ったつもりが輸入品だった、というケースもあったようです)。

海外輸入品の場合、電波法の問題や、日本でのサポートを使えないという問題があります。ASUSの日本法人で買えば、間違いありませんので公式ストアから買うことをお勧めします。

公式HPを見てみる → ASUS公式オンラインショップ

【追記】

マイネオでZenfone3を公式端末として取り扱うことが決定しました!2017年2月1日から、新しいスマートフォンとしてZenfone3、Zenfone3 Lazerを取り扱うことになります。

上にも書いた通り、amazon等の通信販売の場合は、日本版ではないモデルが届く可能性があります。mineoから直接購入する方が確実なので、公式からの申し込みをおすすめします。

ちなみに、公式端末を追加で申し込む場合(すでにmineoで契約している人)が、mineoから追加で端末を買う場合については下記にその方法をまとめているのでよければどうぞ。

【関連記事】mineoで端末を追加購入する時の手順と注意点まとめ

 

本題の前にau VoLTEのSIMカード

DocomoのSIMカードを使っている人はあまり見たことがないかもしれませんが、au VoLTEのSIMカードは、マルチSIMという形をしています。

このマルチSIMは、自分で希望のサイズに抜いて使う仕組みのもの。Zenfone3はnano SIM、もしくはmicroSIMなので、どちらかに抜きます。

余談ですが、簡単に枠が外れてしまうので、うまく抜いて下さいね。

VoLTEのSIMカード挿入

au VoLTEのSIMカードの準備が終われば、Zenfone3に挿入していきます。SIMトレイは側面にあるので、SIMピンを差し込めばOK。SIMトレイには、二つSIMカードを乗せるところがありますが、抜いたSIMのサイズに合う方を選びましょう。今回はnanoSIMを使っています。

ちゃんと載せたら、SIMトレイを元に戻します。SIMを壊さないようにゆっくりして下さいね。

 

VoLTEの接続設定

SIMを差し込み、Zenfone3を立ち上げると、まずはアンテナが立つはずです。この時点では、まだインターネットに接続はできていません。

接続設定をするために、設定を変えていきます。「設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名」でmineo(auプラン)を選択します。

 

実はこれだけで終了です。あとは、放置しておけば、上にVoLTE、4G(4G+)というマークが出てきます。この状態になればインターネットが使えるようになります。

 

Zenfone3をAプランで使ったの通信速度は?

今回は、3/12(日曜日)と3/13(平日)のダウンロードスピードを測定しました(青枠は日曜日)。

 

今回測定して見て、感じたポイントは次の3つ。

  1. 休日で最高100Mbps越え
  2. 他の時間帯も、ほとんど快適
  3. au VoLTEも平日昼間は速度低下(赤枠)

 

まず、一つ目が一番驚きましたね。

なんと通信速度が100Mbps越えてました。3月のDプランの測定結果(iPhone7 Plus使用)では、最大63Mbpsだったので、まさかこれほどのスピード出るとは思いませんでした。

Zenfone3は、キャリアアグリゲーションという通信速度を速くする技術を搭載しているので、それが効果的に働いているのだと思います。

100Mbps出た時間以外も快適に使えるレベル。基本的に5Mbpsあれば、Youtubeの動画も見れることを考えれば、これくらいあれば満足して使えます

ただし、やっぱり平日の昼間は弱いですね。1Mbps以下に落ちているので、この時間帯の使い勝手は悪いのはAプラン、Dプラン共通ですね。

 

PC、タブレットのテザリングは?

Zenfone3の場合は、Aプランで使用してもパソコンやタブレットとのテザリングは問題なく可能です。安定して通信できていましたし、困ることはないと思います。

 

【マニアックな話】DSDSはクセあり

Zenfone3には、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の機能があります。AプランでDSDSを使う場合、少しクセがあります。その理由はau VoLTE回線のデータ通信が立ち上がっていないと音声通話ができないから。

mineo のAプランがデータ通信するSIMとして選択されていれば、2本とも受発信できるのですが、もう一つのデータSIMがdocomo回線(もしくはYmobile)で、こちらをメインとした場合は、Aプランの電話が発信できなくなるので要注意です。

 

Zenfone3はAプラン?Dプラン?

マルチキャリア端末は、Aプラン、Dプランのどちらも選ぶことができるので逆に迷ってしまうかもしれません。そこで選ぶポイントを次の3点にまとめました

  1. 自分が使うエリアがどちらに適しているか?
  2. どちらでもよければAプラン
  3. DSDSを使う予定ならDプラン

 

まずは、自分の使うエリアがどちらの通信エリアに適しているかを調べるのは最も重要です。いくらAプランが速くても、電波が悪ければ意味がありません。

今使っていて、不満のないキャリアと同じ回線にしておく方が良いですね。

どちらのエリアも全く問題ない場合は、現時点では速度の速いAプランの方が良いと思います。ただし、DSDS(2本の通信回線を契約)で使う場合、はDプランが良いでしょう。

 

 

まとめ

非常に良くできたSIMフリー端末であるZenfone3をmineoのDプランとAプランで検証してみました。もちろん、全く問題なく通信できましたし、連日使ってみて、Zenfone3の良さを痛感しました。見た目もカッコいいですし(笑)。

mineoの公式から販売されている端末、ちょっとイマイチだなー、と思う人はASUSのZenfone3でmineoを使う事を検討してみて下さい。本当に出来の良い端末なので、キャリアのハイエンド機種(例えばXperia)とかから移ってきても、価格のこと考えれば、そんなに不満でないと思いますよ。

Zenfone3が使えるmineoの公式HPを見てみる ⇒mineo