新キャンペーン始まってます⇒

ファーウェイの「honor6plus」を購入したので、mineoで使えるか試してみた

android

中国からの刺客が、我が家にやってきました。それは新しく購入したスマホ、ファーウェイの「honor6plus」。楽天のV-mall(ファーウェイの公式販売店)にて、45800→29800円への値引きセールをやってたからなんです。

以前から、デュアルカメラという斬新な機構が気になっていたのもさながら、なによりも「楽天モバイルで販売されている端末がmineoで使えるのか」というところが気になっていたんです(実はそういう記事ってネット見てもないんですよね)。

そこで、購入して試してみることにしました。多分いけるだろうってことで。結果はどうだったのか、それではいってみましょう!!

honor6plusの設定

到着したhonor6plus。このページのトップにあるお洒落な青い箱で到着しました。箱が立派だったんでちょっと期待したんですが、iPhoneの箱を開けるときのような密閉感はありませんでした。やっぱり、値段なりですかね?

そして、いつものように通信のためのAPN設定を実施。android端末は機種によって、名前が少しづつ違ったりするのですが、honor6plusの場合は下記のように、設定から、「その他>モバイルネットワーク>アクセスポイント名」でAPN設定にはいります

f:id:tonashiba:20160220224237j:plain

そして、下記のメニューから「新しいAPN」を選択して、アクセスポイントを編集。ここはSIMを契約した冊子に基づいて入力していけばOKです。

f:id:tonashiba:20160220224547j:plain

設定が完了してから、新しいAPNを選択して少しすると、右上のアンテナピクトが、4Gをつかむようになります。ブラウザを立ち上げてみて、インターネットにつながればOKです(ブラウザのトップページもちゃんと楽天になってるんですね・・・)。

f:id:tonashiba:20160220224747j:plain

honor6plusを使ってみた感覚

honor6plusそのものの使用感としては、かなり気に入っています。画面が大きいので、とにかくブラウジング、マンガを読むといったところでXperiaZ3に対して優位な点がたくさんあります。レスポンスも良好。

そして、狭額縁であることや、薄い筐体が相まって、ズボンのポケットに入れていてもさほど気にならないことがわかりました。

mineoを通信して使っていて、気になるところをまとめようと思ったのですが・・・残念ながらありません。あまりにも普通通りに使えすぎて、mineoを使っていることを忘れるくらいです。

honor6plusは、製品の仕様として、ドコモのプラチナバンドに対応していない(要するに電波を少しつかみにくい)という話があったのですが、バンドの対応問題は僕の環境では気になることはなさそうです(ちなみに関西圏で使用、ちょっと田舎です)。

まとめ

今回の検証から、honor6plusは楽天モバイルだけではなく、mineoでも使えることがちゃんとわかりました。よかったよかった。

今ではメインだったXperiaZ3よりもhonor6plusを多用しています。だって画面大きくて見やすいんだからしょうがないですよね。

余談ですが、honor6plusはデュアルSIMなんで(同時待受はできないけど)、もう1つのSIMスロットに何をいれるか悩んでいます。So-netの0SIM(ゼロシム)とか入れて、緊急用にするのもありかなぁとか、妄想しています。