レノボのPCをクーポンで最安値に ⇒

【購入して比較】ThinkPad X1 CarbonとMacBookPro (MBP2016)を使ったメリット・デメリットまとめ

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
X1 Carbonのレビュー・評価

私のこれまでのメイン機は、MacBookPro(2016)でした。しかし、現在はこのブログのテーマとして書いているThink Pad X1 Carbonがメイン機になっています。

今回は、2つのモデルを使って感じた、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら書いていきたいと思います。

MacBookPro:MBP(2016)の良かったところ

見た目の良さ、そしてiPhoneとの親和性の高さ

MacBookを買う一番の理由って、まずカッコイイってところだと思います。少なくとも僕は見た目で選びました。

使ってみると、Macならではの使いやすいポイントがあるので、見た目だけではありません。Mac対応のアプリはそういった使い勝手の良いソフトが多いように感じます

また、スマートフォンとしてiPhoneを使っている場合、その親和性はWindows×iPhone(もしくはandroid)と比較になりません。

スマートフォンをパソコン上で使う(imessageやLINEなど)感覚があるので、利便性は非常に高く、結果生産性が上がると思います。

Windowsが載るため、実は使い勝手が良い

お金がかかってしまいますが、Macの場合は、「Bootcamp」、「Parallels」などを使ってWindowsを載せて使っている人も多いように感じます。

Macしか使えないソフトウェア、Windowsでしか使えないソフトウェアがありますから、両方とも一つのハードウェア上で動かせることは大きなメリットです。

マウスパッドの使いやすさは断然上

ThinkPadとの比較、というよりもこれまで使ってきたパソコンとの比較になってしまいますが、MacBookのマウスパッドの使い勝手の良さは、断然上です。

センシング、手に吸い付いて動く感じ、すべてがマウスパッドのクオリティの高さを感じさせてくれます。

左右ともに充電対応できるのはポイント高い

些細なことですが、MacBookPro(2016)の場合は、左右両方にUSB-TypeCを搭載しています。そのため、どちらからでも充電が可能になっています。

X1 Carbonのフォトレビューの記事でも紹介しましたが、X1 CarbonのUSB-TypeCは左側面にしかありません。

充電のしやすさ(配線の取り回しやすさ)は、MacBookProのほうに軍配が上がります。

ThinkPad X1 Carbonの良かったところ

キーボードのストロークが深くて打ちやすい

X1 Carbonのメリットの1つはこの「キーボードのストロークの深さ」ですね。MacBookProからの乗り換えで満足しているポイントです。

MacBookProのキーボードは浅すぎることと、跳ね返りがなくて次のキーを打ちにくいんですよね。

普段は、東プレのRealForceを使っていることもあってか、ある程度深さがないと使いにくい(MacBookProとの差が大きい)ということもあり、X1 Carbonのキーボードの深さを打ちやすく感じています。

Windows Hello(顔認証)が便利すぎ

Windows Helloを試した記事」でも書きましたが、とにかく便利で快適です。

多少暗くても反応するので、使い勝手は抜群。しかも、生体認証として、顔認証に加えて、指紋認証も備えているので、もし顔認証に手こずっても、こちらで簡単に通すことができます。

MacBookProの場合は、指紋認証はありますが、電源を入れた初回ログイン時はパスワードを求められるため、Windows Helloの利便性がより際立っています。

MacBookProと比べて軽い

それぞれの重量を比較すると、以下のようになります。

X1 Carbon1.13kg
MacBookPro1.37kg

実際に両方持ってみると分かりますが、X1 Carbonの軽さはモバイルにとても助かります。実はMacBookProが重すぎるために買い替えたようなところもあるくらい。

X1 Carbonは14インチ(MacBookProは13インチ)なので、大型化してるにも関わらず軽くなっています。持ってみると、X1 Carbonの方が密度が低い感じで、軽く感じると思いますよ。

軽い選択肢ならVAIOもあるが選ばなかった理由

さらに軽い端末と言えば、VAIOのS11,S13がありますが、これらは選びませんでした。スペック的にCore-i7、メモリ16GB積むと、25万円を超えてくるからです。

今回購入したレノボのX1 Carbonは、総額19万円超だったので、VAIOに比べると重量が重くても、コストパフォーマンスが高いと感じ、購入に至りました。

ビジネス目線で外部端子が多いのはメリットが大きい

X1 Carbonは、MacBookProと比べて、外部端子が多くなっています。構成としては以下の通りです。

  • USB Type-C×2
  • USB3.0 ×3
  • HDMI
  • イーサネット拡張コネクタ
  • ヘッドフォン

拡張端子が多く、優秀だと思いますね。あとは、VGAのコネクタがあれば最高だったんですが、最近はHDMI、USBで接続できるケースが多いので、まぁ良いでしょう。

MacBookProの場合は、USB-TypeCのみになっています。そのため、外部接続用のオプションとして、コネクターを持ち運ぶ必要があります。

コネクタの持ち運びは、正直面倒なので、X1 Carbonの外部端子の多さはメリットが大きいですね。

4G LTEに直接つなぐことが便利すぎる

なんだかんだで、一番のメリットはどこでも「4G LTEに接続できる」ところでしょうね。

パソコンを開ければ、ネット環境がすぐに構築できているのは大きなメリット。仕事を始めるまでがとてもスピーディ。

しかも、モバイルルーターなどを介さずに通信可能なため、速度が比較的速い気がします。下記の写真は、Googleの通信速度テストを行った結果です(22:00にmineoの回線で測定)。なんと、70Mbpsを超えており、光回線が要らないレベルの速度が出ています

使っていても、固定回線を使うくらいの感覚で使えて、快適です。

X1 CarbonとMBPの共通して良いところ

USB-TypeCが充電コネクタであること

これは大きなメリットですよね。今まで、あの円筒形のアダプターになんでしてたんだろ?と思うくらいの進化です。

USB-TypeCで充電できるようになり、複数のパソコンで共有できるほか、androidスマートフォンが、USB-TypeCになってきているので、スマホとも共用化でき、机の上をすっきりさせることができますよ。

X1 CarbonとMacBookProのサイズ感の比較

まず、厚み比較です。MacBookProの方が薄いですね。

大きさは、X1 Carbonの方が大きくなっていますが、ディスプレイサイズが1インチ違う事を考えると、大きな差があるようには感じません。

途中にも書きましたが、X1 Carbonの方が大きいですが、250gほど軽く持ち運びには便利です。X1 Carbonは名前の通り、カーボンで軽量化していますが、MacBookProはアルミで、金属材質な分重くなっています。

まとめ「色々書いたけど、結局4G LTEが便利すぎて逃れられない」

今回は、LenovoのThinkPad X1 Carbonと、AppleのMacBookProを比較しました。色々と書いていますが、一番便利なのは4G LTE、これに尽きます

パソコンを開けば、ネットにつなげる環境というのは本当に快適です。X1 Carbonはハイエンド系なので、Corei7、メモリ16GBで作業がはかどるのも大きなポイント。

MacBookProも4G LTE対応したら、買う人多そうですけどね。

何にしても、SIMフリーパソコンを購入したら便利すぎて、他が買えなくなると思いますよ。それくらい、X1 Carbonは本当におすすめです。

公式ページを見てみる ⇒ ThinkPad X1 Carbon

MacBookProとの比較ではなく、X1 Carbonのレビュー記事はさらに詳しく書いています。ぜひこちらもご覧ください。

【関連記事】【長文です】ThinkPad X1 Carbon(2017)を購入したのでレビュー・評価しました