【最高額は?】格安SIMのキャッシュバックキャンペーンランキング

格安SIMはどんどんシェアが大きくなっていることもあり、キャッシュバックキャンペーンはたくさん出ています。

年間にスマホを10台以上購入し、格安SIMは10本ほど契約している私が口コミ以上に大事な「実体験」と「キャンペーンの内容」から比較し、新規、MNP乗換で損をせず、還元率の高い格安SIMランキングをまとめました。

「各社のポイント」も合わせて書いてるから、よく読んで自分に合った格安SIM選びに役立ててね。

格安SIM(格安スマホ)の申し込み時の注意点

格安SIMを申し込むうえでキャンペーンだけを見て安いところに申し込めばいいんだよね?

安さだけで選ぶのはダメだよ!格安SIMは会社によって性能や特徴が全く違うんだ。だからこそ、キチンとしているところを前提に安いところを選ばなければ危険なんだ!

格安SIMは名前から、安いところを選んでしまいがちです。でも安さで格安SIMを選ぶやり方は絶対にNG

一番重要なのは、通信速度。会社によって全然違います(今のところ一番早いのはUQモバイル)。加えて、2つ目がその人に合ったプラン。

例えば、

といった具合です。

ええ、じゃあ選ぶの難しいじゃん!自分にあったものを選んでほしいなぁ?

そうだね。きちんとした会社であることを前提に、大きなキャッシュバックをランキング形式でまとめたよ。

 

この記事では、ICT総研の2018年度のシェア分布をベースに上位の格安SIM会社(MVNO)を中心にキャンペーンを調査し、上位5社をキャッシュバック金額の大きい順にピックアップしました。

 

格安SIMのおすすめキャッシュバックキャンペーンランキング

1位:UQモバイル(ウェブ限定で最大58,000円お得)

  • 最大級の現金キャッシュバック
  • 実質0円で買える端末もある
  • 家族割がある
  • 通信速度がキャリア並みで快適(←これ重要)

 

ポイントを解説

UQモバイルはauを運営するKDDIの子会社にあたる「UQコミュニケーションズ」の格安SIM。MMD総研の調査では、通信速度の速さ・安定性・問い合わせ対応の良さなどで一位になった優秀な格安SIMです。

調査のように、UQモバイルは、他の格安SIMと比べて圧倒的に通信速度が速いことが特徴。実際にiPhoneXs MAXを使って動作速度をチェックしています(40秒の短い動画なのでぜひ見てください)。

 

遅くなりがちな昼前や、朝夕の通勤時間でも快適な速度で使うことができます。そのため、MVNOの中ではキャッシュバックを抜きにしても、一番おすすめの格安SIMです。

UQモバイルを申し込む前の注意点
UQモバイルのキャッシュバックは「UQモバイルキャッシュバック限定ページから申し込む」必要があります。このページは検索では出てこない特別なページなので、注意してください。

 

関連記事

 

2位:Y!mobile(ウェブ限定で最大34,400円お得)

  • SIMカード申し込みで現金キャッシュバックと月額割引
  • 端末同時申し込みならTポイントでもらえる
  • 通信スピードが速く昼でも速度が落ちない(←重要)

 

ポイントを解説

Y!mobileは、ソフトバンクグループの子会社が運営している格安SIMです。ワイモバイルも、UQモバイルほどではありませんが通信速度が速いMVNO。

また、ワイモバイルは「完全通話定額:誰とでも定額」で、電話が使い放題になるため、事業主や営業の多い従業員向けにおすすめな格安SIMです。

Y!mobileを申し込む際の注意点
ワイモバの場合、SIMカード単独申し込みする場合と、端末セットで申し込む場合のウェブ専用ページが異なります。それぞれのページから申し込みをするように注意して下さい。
SIM専用ページを見てみる⇒キャッシュバック限定ページ
端末セット専用ページを見てみる⇒Tポイントキャッシュバック限定ページ

 

関連記事

 

3位:BIGLOBEモバイル(最大34,200円お得)

  • かなり格安SIMに力を入れていてキャンペーン金額大きい
  • 初期費用なしで使えてチャレンジしやすい
  • YouTube・AbemaTVの使い放題プランがある

 

ポイントを解説

BIGLOBEモバイルは、昔からのインターネットプロバイダの老舗「ビッグローブ」が運営している格安SIMです。

後発ですが、動画や音楽を好きなだけデータ通信料かからずに楽しめる「エンタメ・フリーオプション」などが導入して、シェアを伸ばしてきています。

さらに2019年に入り、キャッシュバック率もサブブランドを除けば最強クラスを誇り、本気度が伺えます。

関連記事

 

4位:IIJmio(最大23,900円お得)

  • 格安SIMの中では昔からやっている老舗
  • ビジネス向けではシェアNo.1を誇る
  • 端末、月額割引などバランスの取れた割引
  • たまに端末が超安いセールをゲリラ的に行うことがある

 

ポイントを解説

IIJmioは格安SIMの中でも当初から運営しているMVNOです。シェア的には楽天モバイルの方が上に見えますが、実はビジネス用途の格安SIMでは、IIJmioの方がシェア数は上になります。

IIJmioは2018年まで端末にばかり力を入れていましたが、2019年からキャンペーンにもかなり力を入れています。特に端末のゲリラキャンペーンは劇的に安くなるため、申し込みするタイミングで行っていればチャンスです。

 

関連記事

 

5位:LINEモバイル(最大18,560円お得)

  • 最大級の現金キャッシュバックと端末割引
  • 通信速度がキャリア並み

 

ポイントを解説

ラインモバイルは、有名なスマホアプリ「LINE(ライン)」が運営している格安SIM。LINE、Twitter、Facebook、instagramがデータ量消費なしで使える「コミュニケーションフリー」プランがあります。

データフリーで使えるため、通常よりも安く使えるメリットがあり、SNSの利用が多い人はキャンペーン以上に年の利用料で得になる可能性があります。

 

関連記事

 

圏外だが要チェック:楽天モバイル(最大17,000円お得)

  • 端末割引は「三木谷割」と言われるくらい特別に安い
  • 支払いに楽天ポイントが使えるため支払いをポイントにすれば激安に
  • 楽天カードと同時申し込みで7000ポイントバック
  • 2回線目を同時申込すると劇的に安くなる

 

ポイントを解説

楽天モバイルでは、豊富な端末に加え、端末の割引が充実しているため新規で買う場合にはメリットが大きくなります。

また楽天カードと併用することでポイントを大きく貯める事ができ、さらにポイントを月額料金に充てる事で節約することも可能。

またあまり知られていませんが、2回線目を同時申込するとお得になるキャンペーンも実施しており、家族で複数回線を申し込む場合はメリットが大きい格安SIMです。

 

関連記事

 

格安SIMのキャリア別キャッシュバック、キャンペーン比較一覧まとめ

この記事では格安SIMのキャッシュバックキャンペーンの金額の大きい順にランキング付けを行いました。現状では「UQモバイル」が確実に一番お得な選択肢です。

通信速度も速ですし、私が使っていても非常に満足度の高い格安SIM。もし申し込むなら、かならずUQモバイルキャッシュバック限定ページから行ってくださいね。

 

各項目の解説に戻る

上記以外の格安SIMのキャッシュバック金額を比較したい場合は、以下の全格安SIMのキャッシュバック比較表を参考にしてみてください。

参考 全格安SIMのキャッシュバック比較一覧表

タイトルとURLをコピーしました