【なぜ速い?】NURO光が2Gbpsのスピードが出るG-PONとダークファイバーの仕組みを解説

NURO光

平均的な最高速度が1Gbpsという光回線の中で、その2倍、2Gbpsの速さを誇るNURO光。

なぜNURO光は、2Gbpsという圧倒的な速さを実現できるのでしょうか。

その秘密は、他社が採用していない「G-PON(ジー・ポン)」という接続方式にあります。

ここではNURO光が2Gbpsを実現できる仕組みについて詳しく解説。仕組みがわかれば、NURO光の凄さもわかります。

2Gbpsのカギは「G-PON」方式

G-PON方式ってどんなものなの?

まず「PON」というのは複数のユーザーに対して1本の回線を分岐させて接続する方式のことだよ。

NURO光の速さの秘密の一つは、光ファイバーケーブルの接続方法にあります。

通常、光回線を利用するためには、頭上を通っている光ファイバーケーブルから自宅内までケーブルを引き込まなくてはなりませんよね。

この自宅内までの区間のことを「アクセス区間」と呼ぶのですが、アクセス区間の接続方式には大きく分けて2つのパターンがあるのです。

 

SS(Single Star)方式

SS方式は名前の通り、アクセス区間を1本の回線でつなげる接続方式。

1本のケーブルに対して1人のユーザー、つまり「1対1」の接続方法がSS方式です。

基本的にはインターネット接続業者や法人向けの接続方法なので、一般家庭向けに使われることはありません。

1本の光ファイバーを基地局から直接家まで引くとなると相当高額な費用が発生するので、一個人ではまず利用しませんよね。

 

PON(Passive Optional Network)方式

「1対1」で接続を行うSS方式に対し、「1対複数」で接続を行うのがPON方式。

 

頭上を通る光ファイバーケーブルの途中に「光スプリッタ」という分岐装置を設置し、そこから複数のユーザーの自宅へ回線を分岐して接続します。

利用量の限られた一般家庭向けにはPON方式を採用することで、回線をより効率的に利用でき、かつコストを抑えることができる仕組みとなっているのです。

そしてPON方式は、使われている伝送方式などによってさらに細かく分類されているんだ。

 

NURO光で採用される「G-PON」方式とは?

ちなみに、NURO光以外ではどんな接続方式が使われているの?

国内の光回線のほとんどが「GE-PON(ジーイー・ポン)」という方式を使っているよ。G-PONを使っているのはNURO光だけなんだ。

現在日本で主に使われているのが、「GE-PON」方式。「GE」とは「Gigabit Ethernet(ギガビット・イーサネット)」のこと。

その名の通り、光スプリッタとユーザー間のケーブルにおいてイーサネットによって通信が行われる方式です。

イーサネットはLANの通信規格の一つで、イーサネットフレームを用いた伝送技術が使われているもののことだよ。自宅のLANケーブルでも使われている方式なんだ。

それに対して、G-PONではイーサネットフレームではなくGTC(G-PON Transmission Convergence)という独自のフレームが使われているというのが大きな違いです。

そもそもフレームって何のことかわからない…。

フレームっていうのは、データを運ぶ際に使われるフォーマットのことだよ。データの「入れ物」と考えてもわかりやすいね。

イーサネットやGTCについて詳しく説明しようと思うと、とても複雑で難しい内容になるので、簡単なイメージにしたものがこちら。

 

イーサネットフレームに比べて、GTCは効率よくデータを伝送することができる、ということが分かれば十分です。

これにより、GE-PONでは最大1.25Gbpsのところ、G-PONでは最大2.488Gbps(通信中にある程度の速度の損失があるため、理論上は最大2Gbps)もの速度が出るようになっているのです。

 

なぜNURO光以外はG-PONではないのか

G-PONのほうが速度が出るなら、なぜ他の光回線ではG-PONが採用されていないの?

G-PONはGE-PONに比べてコストがかかるから、というのが大きな理由だね。

GE-PON方式は家庭用のLANケーブルなどにも使われているため、開発コストが抑えられ、かつ国内での機器の調達も容易です。

それに対して、G-PONはより複雑な技術になるためネットワークの設計や構築にもコストがかかる上に、そもそもG-PONに対応できる技術者の数が少ないという難点も。

これまでは最大1Gbpsもあれば十分で、それ以上の速度を求める必要がなかったというのも理由の一つでしょう。

それじゃあ、なんでNURO光はコストのかかるG-PON方式なのに安価でサービスが提供できるの?

今は海外ではG-PONが普及していて、対応機器を安価で調達できるようになったことや、G-PONを扱える技術者が増えたことが理由だね。

以前に比べてG-PONの導入が容易になったとは言え、すでに現在使われているGE-PONの設備を新しくG-PONにやりかえるとなると、それはそれで莫大な費用が発生します。

そのため、現在でも国内での主流はGE-PONのまま。

主要な光回線に比べて後発サービスであったNURO光は、タイミングよくG-PONという選択肢を手にし、若干のコストがかかる反面「最大速度2Gbps」という他社との大きな差別化に成功したというわけですね。

 

「ダークファイバー」を利用すると速くなる?

ダークファイバーってなんだか怪しい響き…。

ダークファイバーっていうのは、使われていない光ファイバーのことを言うんだよ。

NTTが引いている光ファイバー網は、実際には全ての光ファイバーが使われているわけではありません。

今後の利用も見越して、必要な数よりも多めに配備されるのが一般的。

このような現在使われていない光ファイバーのことを「ダークファイバー」、使われている光ファイバーのことを「ライトファイバー」と呼びます。

 

そもそも光ファイバーの自社回線を持っているのは、NTTを始めとした一部の事業者のみ。

自社回線を持っていない事業者が光回線のサービスを提供するには、NTTから回線を借り受ける必要がありますよね。

回線を借り受ける方法は2つ。

1つは「光コラボレーション」と呼ばれるもので、NTTが提供するフレッツ光というサービスそのものを、各事業者が独自サービスなどを付加して提供する形。

そして2つ目が、前述のダークファイバーを借り受ける方法です。

どっちにしても同じNTTの光ファイバーを使うなら、速度って変わらないんじゃない?

その通り。ダークファイバーを使っているからといって、それが直接通信速度に影響しているわけではないんだよ。

 

NURO光が速いのは利用者が集中しないから

確かに、フレッツ光回線は本家フレッツ光だけじゃなくて、光コラボ各社も使っているもんね。

当然、利用者が多い分、速度が落ちてしまうというわけだね。

通常、光回線は「シェアドアクセス方式」と言って、1本の光ケーブルをNTT局内で4分岐、そしてユーザー付近の局外スプリッタによりさらに8分岐されます。

 

局外スプリッタによる8分岐は、あくまでもユーザーの家付近での8分岐になるので、近所に同じ回線を使っている人がいなければ、8分岐の内1分岐しか使われないこともあります。

逆に、近所の人が全員同じ回線を使って8分岐丸々埋まってしまうこともあるわけですが、そうなると回線が混雑して速度が落ちてしまう…というのは簡単に想像がつきますね。

フレッツ光や光コラボレーションのサービスの場合、全員が同じフレッツ光回線を使っているので、必然的に回線が混雑する可能性が高いというわけです。

その点、NURO光はダークファイバーを借り受けて独自の回線を築いているので、1本の光ファイバーにユーザーが集中する可能性が低く、結果として安定して速度が保てるのです。

 

まとめ

現在NURO光のみが採用しているG-PON方式ですが、NURO光ではG-PONをさらに発展させた後継規格「XG-PON」を採用して、最大10Gbps(なんと世界最速1位タイ!)というとんでもない通信速度を実現したプランも打ち出しています。

2Gbpsでも国内ではトップクラスなのに、さらにその上を行こうとする飽くなき姿勢…感服ですね。

やはり速さを求めるならNURO光という選択が正解です。

質問はコメントからどうぞ 気軽に質問してくださいね

タイトルとURLをコピーしました