ドコモキャンペーンまとめ

ドコモのおすすめスマホ機能別ランキングまとめ

2019年の春夏モデル出たけどドコモのおすすめスマホって何なのかな?

という人に向けて、ドコモのスマホの選び方とおすすめスマホを

  • カメラ性能
  • コストパフォーマンス
  • 高性能

の3つの観点からジャンル別にランキング形式でまとめました。

それぞれ実機レビューをしているものについてはリンクしているので、あわせて参考にしてください。

先にドコモスマホのランキングを見てみる⇒

ドコモのスマホの選び方

分離プランになったため本体価格が重要

ドコモのスマートフォンは2019年7月から本体割引がなくなる形で料金プランが新しくなりました。そのため本体価格が重要。

大きく分けてスマートフォンの価格帯は2種類あります。

iPhone XS MaxXperia1をはじめとしたハイエンドスマートフォンではおおよそ10万円前後。

一方、ARROWS be や Pixel 3aといったミドルレンジは5万円前後の価格で購入しやすくなっています。

自分が使うスマートフォンの用途に合わせて、 ハイエンドの10万円前後の スマホか低価格スマートフォンを選ぶようにしましょう。

割引がなくなった代わりに、スマホを指定期間で返却するスマホおかえしプログラムがあります。これを使えば分離プランでも低価格で買えるので仕組みを理解しておきましょう。

 

オンラインか店舗ならネットの方がお得な理由

ドコモのスマートフォンはオンラインでも店舗でも機種変更ができます。

しかし、個人的には機種変更 MNP 全てオンラインで行うことがおすすめ。

理由は2つ。

  1. 店頭で乗り換える場合、頭金がかからない
  2. オプション強制加入一切なしですべてのキャンペーン適用可

 

頭金については怒っている人も多いですよね。頭金は店舗がとっているだけの手数料なので、本当にもったいないので、僕は店舗で機種変更する気になりません。

 

 

オンラインの方が良いという人も。

 

 

オンラインはが手続きが難しそう・・・

と思う人もいるかもしれませんが、やってみると10分程度で終わります。

料金が安くなることはもちろんのこと、店舗に並んでいる時間も節約できて、休日に一日使わなくてもいいですよ。

オンラインショップの手続きについてはどんな流れになるのか実際の申し込み画面を使って解説しています。

 

ジャンル別ドコモのおすすめスマホランキング

カメラで選ぶスマートフォン

物を撮影するなら「Pixel3(XL)」

Pixel3レビューより引用

おすすめポイント
  • 物の撮影がポートレートで美しい
  • 夜景が美しい
  • 軽い
  • ドコモ専用アプリがゼロ
悪いところ
  • 本体が安っぽい
  • 全画面ではない

 

物を撮影するならダントツでこのPixel3です。Pixel3のカメラ作例でも紹介していますが、写真がとにかく美しい。

物を撮影する際、ポートレートを効かせると境界線が曖昧になり、いかにも加工処理したように見えるケースがほとんどですが、Pixel3ではそのように感じることがほぼなし。

本体は軽く、さらにピュアアンドロイドなので、ドコモ専用アプリが入っていないこともメリットです。

参考 Pixel3レビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

人物を撮影するなら「iPhoneXS(iPhoneXS MAX)」

おすすめポイント
  • 人物の撮影は段違い
  • 夜景処理能力が高い
  • iPhoneXと比べ物にならない
  • ドコモ専用アプリがゼロ
悪いところ
  • 本体が高い(高すぎる)
  • 重い

 

iPhone XSは、一見iPhoneXと見た目が同じための差がわかりにくい。ただ本当に注目してほしいのはカメラ。全く別物と言っていいほど進化しています。

特に光の処理がうまく、「白飛び」と「夜景のブレ」がほぼなくなっていることが特徴。

また、もう一つオススメしたいポイントが人物撮影。

iPhoneは他のスマホと比べて、人物撮影のポートレート処理がとても上手く撮影できます。カメラで人を撮影するならiPhoneXS、XS MAXはとても良い選択肢でしょう。

参考 iPhoneXS MAXレビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

動画専用のカメラを搭載した「AQUOS R3」

おすすめポイント
  • 動画専用カメラの性能が高い
  • 珍しいデュアルカメラ構成
  • 静止画も美しく接写に強い
  • AQUOSシリーズでなじみがある
  • 初心者向けのスマホ
悪いところ
  • ポートレートが弱い
  • 画角の切り替えができない

 

AQUOS R3は動画専用のカメラを搭載したかなり特殊なスマートフォン。デュアルカメラの仕組みでも解説していますが、この形式は日本ではAQUOSだけです。

以下は実際の動画ですが、非常にきれいです。

 

動画撮影中にAIが判断して、静止画を切り抜く仕組みもあります。

またAQUOSのいいところは、国内産のためアプリの解説がとても丁寧で初心者でも使いやすいスマホになっています。

参考 AQUOS R3レビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

ハイエンドかつ高性能で選ぶ

フルリニューアルした「Xperia1」

おすすめポイント
  • 3眼の美しいカメラ
  • 21:9でスマホビューに適したディスプレイ
  • フラットボディ
悪いところ
  • 縦に長くポケットの収まりが悪い
  • 広角カメラの歪みが大きい

 

2019年、性能で選ぶなら一番お勧めしたいのはXperia1。

完全フルリニューアルしたエクスペリアシリーズの最高峰です。これまでXperiaシリーズはXZ2、XZ3のように背面が湾曲したり、異常に重いモデルでした。

Xperia1になったことで、一新。すべてに優れたモデルに変貌しました。

21:9のディスプレイや、シーン別に使い分けられるカメラなど弱点がほとんどないスマホ。

おそらく一番の欠点は広角カメラの歪みが大きく魚眼のように映ることですが、これも考えようによっては味のある写真が取れます。

ぜひXperia1の作例を見て、カメラの良さを知ってほしいですね。

参考 Xperia1レビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

XSと同じプロセッサを持つ「iPhoneXR」

おすすめポイント
  • XSと同じCPUを搭載
  • 性能で見ると価格が安い
悪いところ
  • シングルカメラ
  • ベゼルが大きめで気になる

 

iPhoneXSとiPhoneXRの比較でも書いていますが、個人的にはXRは買いなモデル。

理由はCPUが同じこと、そしてディスプレイサイズがXRがちょうどよいこと。

カメラ性能を除けば、価格も含めてiPhoneXRの方がメリットが出やすいので、こちらがおすすめです。

参考 iPhoneXRレビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

スタンダードだが高性能「Galaxy S10(S10+)」

おすすめポイント
  • ディスプレイ内指紋認証モデル
  • 3眼で用途に合わせたカメラ
  • 有機ELを使ったおしゃれあAOD
悪いところ
  • カメラがセンターよりで使いどころが制限される

 

2019年に発売されたハイエンドスマートフォンの中でも最新ギミックを搭載したGalaxy S10。

夏モデルは、どれも特徴が際立ったモデルですが、Galaxy S10は本当の意味でスタンダードなハイエンドスマートフォンです。

Xperia1は逆に挑戦的なモデル。

ただ、国内初めてとなる超音波型のディスプレイ内指紋認証や3眼カメラなどを搭載し、魅力ある一台でもあります。

これまでのディスプレイサイズなどを踏襲とうしゅうしながら、スタンダードなフォルムのスマホが欲しい人にはGalaxy S10はぴったりですね。

参考 Galaxy S10レビュー

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

性能とコスパのパランスで選ぶ

ミッドレンジでカメラ、性能バランス最強「Pixel3a」

おすすめポイント
  • Pixel3と同等のカメラを搭載
  • ドコモ専用アプリがゼロ
悪いところ
  • 本体が安っぽい
  • ベゼル幅がPixel3よりも大きい
  • ハイエンドではないため処理が遅い

 

Pixel3の廉価版として発売されたPixel3a。

2019年に発売されたミッドレンジの中では最強の呼び声も高いスマートフォン。特にDXOmarkのPixel3aの評価では最高クラスを取得。

ミドルレンジは基本的にカメラのスペックがドンと落ちるので、Pixel3aは非常に魅力的です。

ただし問題点は、ソフトウェアで写真を美しくするPixel3aにとって、CPUが弱いことがデメリットで処理に時間がかかります。

カメラを連射しつつ、美しく撮りたい場合はPixel3を選択肢に入れましょう。

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

型落ちだが必要な機能はすべて搭載「iPhone8」

おすすめポイント
  • iPhoneシリーズで最も狙い目
  • 5万円台で買える
  • 2018年iPhoneXS発売後売れたモデル
  • Apple Payも使用可能
  • マスクをしても認証可能
悪いところ
  • 型落ちである
  • 全画面ではない

 

iPhone8はかなり狙い目のモデルで、iPhoneXS発売後も非常によく売れたモデル。

iPhone8は指紋認証搭載モデルのため、Xシリーズ以降と異なり顔を隠していても認証できるメリットがあります。

また型落ちのため、5万円台で買えてコスパ面でも優れています(iPhone7はさらに安く買えますが、価格差は約1万円なのでiPhone8の方がお得感が強い)。

カメラで選ぶならiPhoneXSの方が絶対に良いですが、日常使いがメインであったり、普段から顔を隠す仕事(例えばマスクをする工場の人)や花粉症の人は指紋認証のあるiPhone8の方が良いでしょう。

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

ミドルレンジのXperiaスマートフォン「Xperia Ace」

おすすめポイント
  • 安心のXperia
  • コスパに優れる
  • 意外とないコンパクトモデル
悪いところ
  • 全画面ではない
  • スタンダードすぎて選ぶ理由がない

 

コスパとコンパクトさに優れたXperia Ace。Xperiaシリーズで発売されていることもあって、人気もあります。

5インチディスプレイなので、現在発売されているモデルの中ではコンパクト。

ただし全画面モデルではないですし、逆に特徴があまりないモデルなので、コスパ以外の部分で選ぶ理由はあまりないモデル。

個人的にはXperia Aceを買うなら、Pixel3aを選ぶでしょう。

公式で端末を見てみる⇒ ドコモオンラインショップ

 

ドコモのおすすめスマートフォンまとめ

2019年春夏のドコモのおすすめスマートフォンをまとめました。

今回は、当たり年過ぎて性能面で見たときに選ぶに選べないほど魅力的な端末がたくさんあります。

だからこそよく吟味ぎんみして、自分にあったスマホを選んでほしいですね。

もし機種変更するなら、頭金不要なドコモオンラインショップがおすすめなので、そのメリット・デメリットを知っておいてくださいね。

参考 ドコモオンラインショップのメリット・デメリット

 

また申し込み前にキャンペーンもよく確認しておいてください。

参考 ドコモキャッシュバックキャンペーンまとめ

タイトルとURLをコピーしました