ドコモキャンペーンまとめ

【実機レビュー】iPhoneXS MAXのスペック、メリット・デメリット

2018年に発売となったiPhoneXS・およびiPhoneXS MAX。

全画面スマホでは、大型モデルがありませんでしたが、ついにPlusから名称を変え大型モデルを投入してきました。

このiPhoneXS MAXについて、スペックに加えて、僕が実際に使ってきて感じたメリット・デメリットについてくわしくレビューをまとめました。

目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はiPhoneXSのキャンペーンを必ずお読みください。

iPhone XS MAXの特徴

iPhoneモデル最大レベルの大画面

iPhoneXS MAXでは、6.5インチという最大レベルの大画面になっています。そのため、ブラウジングやSNSがとにかく楽。

 

ネットをみることもそうですが、マンガがより細かく見えますし、instagramでも、細部まで写真が見えて情報量が多く取れるため、とても快適に使うことができます。

 

8以前のシリーズのように、上下に無駄なスペースがないため、元の大きさを維持したまま、画面が大きくなったのは純粋に大きなメリットですね。

 

高性能なカメラ機能

iPhoneXとiPhoneXSは一見変わっているようには見えませんが、カメラ性能が劇的に違います(作例でも紹介しています)。

 

普段の撮影もさることながら、個人的に一番違いを感じるのは「夜」や「部屋の中」。カメラ機能がアップしているわけではないものの、光の処理が上手く、ブレが極端に抑えられています。

XSシリーズで劇的に良くなったので、カメラで悩むならXSは非常に大きな魅力をもつスマホです。

 

eSIMに初対応したモデル

iPhoneXSシリーズ以降では、内蔵のSIMカード「eSIM」に対応しました。

2つのアンテナが立っています

 

eSIMに対応したことで、DSDVに向けて一つ大きなハードルを越えたと言えます。データ容量に悩む人や海外でスマホを使う人にとっては、大きなメリットです。

姉妹サイトでIIJmioを用いて行ったeSIMの使用感チェックも行っているので、ぜひご覧いただければと思います。

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXのマシンスペック

iPhoneXS MAXのマシンスペックは以下の通りです。

発売日2018/9/21
寸法158×77×7.7m
重さ208g
ディスプレイサイズ6.5インチ
形式OLED
画素数2688×1242
バッテリー電池容量記載なし
ワイヤレス充電
リバースチャージ×
急速充電記載なし
プロセッサ(Soc)A12 Bionic
ストレージ(ROM)64GB
256GB
512GB
メモリ(RAM)記載なし
外部メモリ×
通信下り最大記載なし
上り最大記載なし
Wi-Fia
ac
b
g
n
bluetoothバージョン5.0
最大接続台数公式記載なし
生体認証指紋センサー×
顔認証
光彩認証×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水IP68
防塵IP68
ワンセグ/フルセグ×
赤外線通信×
コネクタLightning
OSiOS12

 

iPhoneXSは基本性能はそのままに、64GB、256GB、512GBの3種類が発売されています。

CPUはA12 Bionic。基本的にAppleは発売年度にiPhoneで新しいCPUを発表します。そのため、最高スペックを誇ります。

ディスプレイサイズは6.5インチで大型。過去のiPhone史上最大サイズです。

そして表示形式はOLED。同じ日に発売された廉価版のiPhoneXRは液晶ディスプレイになっています。

有機ELとは?」の記事でも解説していますが、使ってみると圧倒的に有機ELの方が良いです(液晶には戻れない)。

その他、防水、Felica(Apple Pay)に対応しているなど、過去のモデルで備えた機能は全て踏襲しています。

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXのカメラスペックと作例

iPhoneXS MAXのカメラに関するスペックは以下の通りです(作例はこちら)。

メインカメラ1
(望遠)
有効画素数1200万画素
F値1.8
光学手振れ補正
電子式手振れ補正
メインカメラ2
(広角)
有効画素数1200万画素
F値2.4
光学手振れ補正
電子式手振れ補正
インカメラ
有効画素数700万画素
F値2.2
光学手振れ補正×
電子式手振れ補正

 

iPhoneXS MAXで撮影した作例

 

iPhoneXS MAXの外観

iPhoneXS MAXを持った様子がこちら。かなり大きめです。

 

サイドがこちら。iPhoneX同様にアルミが鏡面加工されており、美しくなっています。

 

背面はガラス。落とすと粉々になりそうです。

 

カメラはデュアルカメラでセンターにライトがあります。突起は大きめなので、ケース運用が良いですね。

 

右サイドは電源ボタンとSIMスロットがあります。

 

左サイドは音量ボタンとマナーモードの切り替え。

 

上部には何もありませんが、アンテナのためか、一か所切込みが入っています。下側はLightningケーブルの入り口がありますね。

 

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXのメリット・長所

大画面で楽しむエンターテイメント

やはりiPhoneXSの一番の醍醐味は大画面です。YouTubeや漫画はもちろん、amazonプライムビデオ、マンガワンなども楽しむことができます。

マンガワンで連載中の漫画

 

私はヘビーユーザーで、ダウンロードコンテンツとしても利用するので嬉しいですね。

amazonプライムでハマっているコップクラフト

 

また、SNSも非常に快適。スマートフォンの大画面は正義だと改めて痛感させてくれる一台になっています。

 

圧倒的に美しくなったカメラ

iPhoneシリーズは過去から画素数を高めることはしていませんが、センサー、加工処理技術を磨くことでどんどん美しい写真が撮れるようになっています。

今回のiPhoneXSシリーズは、まさにその実力を感じる所で、とにかく別物のように美しくなっています。

特に光の処理が圧倒的な綺麗さで、白飛びがしないようになっています。

カメラでiPhoneシリーズを選ぶなら、断然iPhoneXSを選ぶべきです。

 

eSIMの可能性

日本ではIIJmioからしからeSIMは出ていませんが、海外では既に使われている地域があります。

eSIMは使ってみるとわかりますが、非常に便利で、QRコードを読み込むだけで、一瞬で通信事業者を開通することができます。

IIJmioで使うという選択肢だけでなく、海外でeSIMを使って現地のSIMを安く使うという方法にも目を向けておくべきでしょう。

 

Apple Payが本当に便利

PayPayやLINE Payなどが始まったこともあって、電子マネー戦争が過熱していますが、中でもApple Payの便利さは群を抜いています。

 

理由はQRコード決済を必要としないため、スマホを開く必要すらないからです。

また、Suicaも利用できることもあって、僕はApple Payを手放せなくなってしまいました。

 

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXのデメリット・欠点

200gを超える重量

iPhoneXS MAXの最大のデメリットは重量です。200gとなっていて、かなり重みを感じます。

特にiPhoneシリーズはケース運用をする人も多いと思うので、この重量は致命的。

僕の場合はあまりに重いので、リング付きのケースを付けて、重さを分散するようにしています。

スタンドにもなるので便利

 

これも重くなる一因なので、避けたいところではありますが、落とすと修理の面で費用がかかるので、しょうがないですね。

 

10万円以上と高すぎる

iPhoneXS MAXは一番下のグレードでも、10万円以上しますし、一番上に至っては20万円近くなります。

最近はクラウドサービスが発達したおかげでメモリ容量は小さくても事足りますが、それでも10万越えはやはり高いように感じますね。

 

iPhoneXからの進化が小さい

iPhoneXS MAXはカメラの面で進化が大きいように感じるものの、はっきりと外観面でわかるような変化が少ない事がデメリットと言えます。

搭載されているCPUも同じく、性能は上がっているものの、外から差がわからないため、一般ユーザーならわからない可能性が高い。

明確な差は、消費者向けに欲しかったですね。

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXの口コミ・評判

Twitterの良い口コミ

 

Twitterの悪い口コミ

 

あなたの口コミを投稿する

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

ドコモ機種変更のトリセツ
レビューの平均: 
 0 レビュー

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXがおすすめのタイプ

大画面でゲームを楽しみたい人

iPhoneXSはMAXでも無印でも、最高性能を誇ります。だからこそ、大画面でゲームを楽しみたい人にはぴったり。

特にiPhoneXS MAXでは6.5インチになったため、ゲームをより楽しむことができますね。

SNSを楽しみたい人

大画面はSNS向きとも言えます。カメラ性能が高いので、特にinstagramユーザーにはおすすめです。

写真をきれいに撮るだけなけら、他にもカメラがおすすめなスマホがありますが、「明るい写真が撮りたい」、「人物をポートレートでボカしたい」ということならiPhoneXSは最適な選択肢です。

余談ですが、物を撮影するならPixel3が圧倒的におすすめです。レベルが違います。

データ通信が変則的な人や海外出張が多い人

データ通信が変則的な人はIIJmio公式のeSIMをうまく使うことで、超過分を安い価格でコントロールすることができます。月によって、多かったり少なかったりする人にいいですね。

またeSIMは海外だと日本よりも進んでいるので、海外出張が多く現地のSIMの利用が多い人にもおすすめしたいです。

目次に戻る⇒

 

iPhoneXS MAXのレビューまとめ

2018年にAppleから発売されたiPhoneXS MAXについて実機でレビューを行いました。

大型ディスプレイは欠点こそあるものの、エンターテイメントとして楽しむ分には最高レベル。持ち歩けるタブレットのような端末です。

さらにカメラがきれいに撮れるようになり、更に楽しめるようになっているので、ぜひチャレンジしてみて欲しいですね。

iPhoneXS MAXのキャンペーンを見てみる⇒

目次に戻る⇒

 

関連記事を見てみる

 

関連サイトを見てみる

 

iPhoneXS MAXのキャンペーン・最安値で買うために

iPhone XS MAXをお得に買うためには、どこのキャリアであっても、オンラインショップが間違いないです。

オプション無しでキャンペーンを適用できますし、なにより頭金が必要ありません。公式サイトから申し込んでお得に使いましょう。

公式サイトを見てみる ⇒ドコモ公式

 

中古でよければ、IIJmioがiPhoneXS MAXを取り扱っています。格安SIMで購入したい場合はこちらも参考にしてみましょう。

公式サイトを見てみる ⇒IIJmio公式

 

タイトルとURLをコピーしました