UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【2018年12月版】Ymobile(ワイモバイル)のおすすめスマートフォン機種ランキング

ワイモバイル申し込み前の基礎知識

Ymobileでメインの取り扱いがあるスマートフォンは、大きく分けて、iPhoneとandroid oneシリーズがあります。

それらの中から、オンラインストアで取り扱いのある機種について、ランキング形式でまとめてみました。

コスパ最強モデル!デュアルカメラ搭載の「P20lite(ファーウェイ)

発売されている中でもっともコスパの良い機種がこちらのP20lite。3万円台で購入できるスマートフォンとしては、非常に良い出来。

できるだけ費用を抑えて乗り換えたいという人におすすめですが、それでも以下は、このP20liteのさらに優れているところです。

  • 顔認証
  • 18:9のワイドスクリーン
  • デュアルレンズカメラでボケ味の効いたカメラ

 

特にワイドスクリーンの使い勝手が抜群に良く、たくさんの情報量を得ることができます。

 

P20liteの支払い情報

プランS(2GB)プランM(6GB)プランL(14GB)
購入時支払い540円540円540円
月額料金3,2118円3,758円5,918円

もっとくわしい情報については、P20liteのレビュー記事でくわしくまとめているのでそちらを見てね。

 

android one x3(京セラ)

Y!mobileより引用)

一番おすすめの機種は、国産スマートフォンである、京セラのandroid one X3です。

日本のスマホに特徴的な機能を全て備えており、性能面でバランスの取れた機種なので、とてもおすすめ。

これまで国産のスマートフォンは海外製のスマホに押されているイメージがありましたが、この京セラのモデルは海外スマホと比べて、十分太刀打ちできる(もしくはそれ以上の性能を持った)スマートフォンです。

特に押さえておきたいポイントが、機能が全部入りのスマホであること。下記の、

  • 防水
  • 防塵
  • おサイフケータイ
  • テレビ(ワンセグ)
  • 指紋認証
  • 緊急避難速報

 

といった、一通りの機能を備えています。

実は、android端末では、ここまでの機能をを持つ端末は、この京セラの「android one X3」しかありません。

裏を返せば、全ての機能を網羅しているので、androidでこのスマホを買っておけば、「あの機能が欲しかったのに・・・」と後から困ることがない端末とも言えますね。

日本産ですし、機種で悩むなら、これ一択です。公式Youtubeで、機能が動画で説明されているので、よければこちらもご覧ください。

多機能なことが分かって頂けると思います。

 

android one X3の支払い金額

プランS(2GB)プランM(6GB)プランL(14GB)
購入時支払い540円540円540円
月額料金3,974円4,514円6,674円

android oneX3のレビュー記事で、もっと詳しく説明しているのでぜひ見てみて下さいね。

 

android one X2(HTC:エイチティーシー)

Y!mobileより引用)

ワイモバイルから販売されているスマートフォンの中で、最も性能の優れた端末がこちらのandroid one X2です。Snapdragon630で、メモリが4GBというスペックは、他のスマホよりも一回り高級。

日常使いはもちろんのこと、ハードなゲームでも、サクサクとこなしてくれるスペックになっています。

android one X2は海外のHTCというメーカーが作っていますが、日本ならではの機能「おサイフケータイ」や、「防水、防塵」に完全対応しています。

他にも、エッジセンスという「スマホのサイドを握るだけで写真が撮れる」という、特別な機能も備えています。HTC公式HPでも公開されていますが、グローブを付けるスキー場や、滑りやすい雨の日など、はエッジセンスが活躍しそうです。

 

android one X2の支払い金額

プランSプランMプランL
購入時支払い540円540円540円
月額料金3,974円4,514円6,674円

 

iPhoneSE(Apple:アップル)

使っている人も多い、iPhoneSE。4インチサイズのiPhoneとしては最新機種ですし、持ちやすいため、根強い人気があります。

なぜか、iPhoneSEは性能が低いと思われがちですが、実は性能が高く、iPhone6sと同じCPUを搭載しているため、使い勝手は抜群に良いメリットがあります。

他にも、画面が小さいことでバッテリーの持ちが良いですし、重量が113gしかないため、モバイル性は群を抜いて優れています(iPhone6sは143g)。コンパクトなので、ポケットの中の納まりもいいですね。

値段もおすすめできるポイントですが、それよりもコンパクトな4インチiPhoneは、手の小さい女性や物をあまり持ちたくない人にこそおすすめしたいスマホです。

ワイモバイルでiPhoneSEを実機で試したレビューを公開しているので、こっちも見てみてね。

 

iPhoneSE(32GB)の支払い金額

プランSプランMプランL
購入時支払い540円540円540円
月額料金3,218円3,758円5,918円

※iPhoneSEには128GBモデルもあります。

 

nova:ノヴァ(Huawei:ファーウェイ)

novaは公式端末としての取り扱いではなく、Ymobileで取り扱っているSIMフリー端末の1つです。実は私も持っています。

Ymobileは写真のように、公式端末だけでなく、SIMフリー端末も実は選ぶことができます。SIMフリー端末には、月々の割引は適用されませんが、代わりに15000円分の還元があります。

その還元を受けることにより、このnovaという機種が1万円以下で購入することが可能になります。

公式サイトでSIMフリーモデルを確認してみる⇒Y!mobileのSIMフリー端末

このnovaは、とてもオススメな端末。その魅力は以下のようなポイントが挙げられます。

  • 値段が安いのに、とても高性能なスペック
  • アルミ削り出しボディが美しい
  • 指紋認証が背面で使いやすい
  • 背面がラウンドしているため、とても握りやすい
  • 色合いが美しい(特にピンクがiPhoneのローズゴールドとほぼ同じ色合い)

 

デザイン面や、持ちやすさを中心にメリット挙げていますが、処理速度も高いため、とても使いやすいんです。

値段重視、だけどデザインも妥協したくない!という人は、このnovaがぴったりではないでしょうか。

 

novaの支払い金額

プランSプランMプランL
購入時支払い8,980円8,980円8,980円
月額料金2,138円3,218円5,378円

 

iPhone6s(Apple:アップル)

通常サイズのiPhoneを選びたい場合、現時点ではiPhone6s一択ですね。機種的には、2世代前のモデルになりますが、iPhoneはもともとハイスペック端末。

そのため、2世代前であっても、そんなことを感じさせたない性能があります。私の妻はiPhone6sユーザーですが、全く問題なさそうですね。

ただ、iPhoneSEは値下げしたのに対して、iPhone6sは値下げをしていません。そのためランキングとしては5位にさせていただきました。

 

iPhone6s(32GB)の場合の支払い金額

プランSプランMプランL
購入時支払い540円540円540円
月額料金3,758円4,298円6,458円

※iPhone6sには128GBモデルもあります

 

ワイモバイルのおすすめ機種ランキングまとめ

今回、ワイモバイルの機種の中から、管理人が選ぶおすすめの機種を6つランキング形式でまとめました。

今回まとめた中でも特に、P20liteはコスパという意味で、android one X3は必要な機能を全て備えており、使う人を選ばないところが良いですね。

特にX3のように、これほど全部入りの機種が無かったため、新機種発表があった時には本当に驚きました。

スマートフォンは、一度契約すると、その後2年は使うと思います。そのため、買って後悔しないようにすべての機能が搭載された機種を選ぶという点で「android one X3」は、万人におすすめできる端末です。

コスパで選ぶなら、P20liteを選んでくださいね。

オンラインストアでスマホ一覧を見てみる⇒Y!mobile

ワイモバイルのライバルにあたる、UQモバイルのおすすめ機種(スマートフォン)の記事もぜひ見てみて下さいね。