UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【実機レビュー】ワイモバイル(Ymobile)でiPhone6sを使う上でのメリット・デメリットと注意点

ワイモバイルのiPhoneの評価・レビュー

ワイモバイル(Yモバイル)では、公式にiPhone6sが発売されています。

この記事では、そのiPhone6sでワイモバイルを使ってみたレビュー、インターネット速度を検証した動画、申し込むうえでの注意点をまとめています。

iPhone6sは型落ちモデル。

人によって合わないパターンもあるため、注意すべきポイントを確認しておきましょう。

iPhone6sは公式端末として購入できる

iPhoneを公式端末として買えるってどういう意味なの?普通、全部公式端末だと思うんだけど・・・

それがね。実は違うんだ。格安SIMが出しているiPhoneには公式の「新品端末」と「海外製備品」があるんだよ。

格安SIMの中でも「iPhoneを取り扱い始めました!」といって、代替的にアピールしている会社は少なくありません。

現状発売しているもの、過去取り扱いがあった会社は

  • 楽天モバイル
  • マイネオ(終了)
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • DTI(ただしレンタル)
  • もしもシークス

があります。これらの中で「楽天モバイル」と「BIGLOBEモバイル」は海外製備品(要するに中古品)を販売しています。

中古品でも構わないのですが、UQモバイルやワイモバイルが発売している新品と大きな価格差がないので、どうせ買うなら新品の扱いのある会社の方がいいですよね。

ワイモバイルが取り扱っているiPhone6sは新品なので安心してください。

 

SIMフリー版iPhone6sも利用できる

iPhoneって、アップルストアでも買えるよね?あれはワイモバイルでも使えるの?

SIMフリー版のことだね。もちろん大丈夫だよ。ただワイモバイル版と少し違うところもあるんだ。

アップルストアでも買えるiPhone。現在はiPhone6sはすでに取り扱いが終了していていますが、後発のiPhone7、iPhone8そしてiPhoneXsやXRも使うことができます。

 

これらのSIMフリー版は、通常のワイモバイル版のiPhone6sと比べて、機能制限されているものは一切ありません。

  • 通話
  • メール、LINE
  • MMS
  • テザリング機能

など、すべてをそのままの状態で使うことができます。

一部違うところと言えば、ワイモバイル版はSIMロックされているため、ワイモバイル以外で使うことができない代わりにSIMカードを挿せばすぐに使えます。

逆にSIMフリー版はワイモバイル用の設定をしないといけないので一手間かかることを覚えておこう。

 

iPhone6sでのワイモバイルの設定

ワイモバイル公式端末の場合

公式端末でiPhone6sを使う場合は、特別な設定は必要ありません。

ワイモバイルから端末が送られてくるので、SIMカードからnanoSIMカードを取り出して、端末にセットするだけで完了です。

 

Apple Storeで購入した場合

店頭、もしくはネットショップのApple Storeから購入する場合は、ワイモバイルの設定をする必要があります。

手順は以下の通りです。

  1. Wi-Fi環境下で設定スタート
  2. 公式ページからプロファイルをダウンロード
  3. インストール
  4. 設定が反映されるまで待つ

 

専門用語が多くて難しく感じるかもしれませんが、実際には2,3分で終わります。順に説明していきます。

まずは、ワイモバイルの公式プロファイルページへ飛びます。

 

そこからプロファイルのダウンロードを許可。

 

設定画面に移動するので、ここでインストールを行います。

 

パスワードの入力も行います。

 

そしてインストールして完了。

 

インストール後、設定がすぐに反映されないことがあります(3Gにつながるが4Gにはつながらない)。

その場合は、機内モードに一旦変更後、さらにもう一度アンテナを立てると接続できるようになります。

この飛行機ボタンを押します。

 

すると黄色に変わります。これで「機内モード」になり、電波が一切出ない状態になります。

 

もう一度戻してから、アンテナを見てみると4Gとなりデータ通信が起動されています。

公式端末の方がもちろんカンタンだけど、SIMフリー端末でも2,3分でできるからスマホが苦手な人でも大丈夫だよ。

 

ワイモバイルのiPhoneを使ってみた感想

ワイモバイルの使い心地

ワイモバイルみたいな格安SIMにすると速度が落ちるんじゃないの?

心配する人多いけど、それはあまり気にする必要ないよ。ワイモバイルは「通信速度が速い」格安SIMだからね。

格安SIMにすることで、よく心配される「通信速度」。

たしかにほとんどの格安SIMは通信速度が落ちますが、ワイモバイルは全時間帯通じて、非常に速くなっています。

論より証拠、まずはインターネットを使っている様子を動画で撮影しました。

1分ほどの短い動画なのでぜひ見てみてください

 

このようにスピーディに使うことができます。さらに「fast.com」を使ったスピードテストの結果がこちらです。

 

「iPhoneスピードテストのトリセツ」で格安SIM各社の比較テストをしているけど、ワイモバイルはもちろん速いほうだよ。

 

その他の

上でも書きましたが、ワイモバイルではiPhoneのすべての機能を使うことが可能です。

もちろんテザリング(インターネット共有)も使えます。しかも無料です。

 

MMS(マルチメッセージサービス)が使えるのも嬉しいポイントですね。ワイモバイルとUQモバイルを除けば、他の格安SIMはMMSが使えませんから。

 

嬉しい電話かけ放題の仕組み

格安SIMでも電話かけ放題が使えます。しかし、実は使い方が違います。

そもそもキャリアで電話を掛けるときは、通常の電話ボタンからかけ放題へアクセスしていたと思います。

 

ところが格安SIMの場合は専用のアプリからかける必要があります。例えばマイネオの場合は、以下の「マイネオでんわ」という専用のアプリからかける必要があります。

格安SIMはこういったアプリ経由で通話無料に

 

ワイモバイルにも10分かけ放題がありますが、アプリからかける必要がありません。キャリアで使っていた時のように使えるのです。

スマホに詳しい人ならいいんだけど、苦手な人や年配の人はでんわアプリを間違って使っちゃうことも。そうするともったいないから、「今まで通り使える」のは大きなメリットだよ。

 

注意しなければいけないのはFacetime(フェイスタイム)

日本では使っている人が少ない「Facetime(フェイスタイム)」。

iPhoneに最初から搭載されているビデオ通話機能です。

 

ワイモバイルで使う場合、これだけは気を付けなければいけません。理由は、ワイモバイルの場合は、なぜか海外経由になる可能性があり、利用料が高額になる可能性があるからです。

心配な人は、危険性を避けるために、ホーム画面からFacetime自体を消してしまいましょう。

長押しして消すことができます。

ワイモバイルを使う上で気を付けてほしい、Facetime。心配なら最初から消しておこうね。

 

iPhone6sは型落ちモデルだけど大丈夫?

かなり厳しいところに来ている

iPhone6sは実際に今でも使えるの?発売されてからかなり年数がたってる気がするけど・・・

そうだね。普通に使う分にはいいけど、性能的な面ではちょっと厳しくなってきているかも。

iPhoneシリーズはそもそも発売時は、その時の最高スペックが発売されます。

そのため格安スマホに比べれば、使える期間が長く、4年落ちになった今でも普通に使うことができます。

ただ、処理能力やカメラの性能は当然落ちているので、最新のiPhoneに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

SIMフリーiPhoneはワイモバイルの割引分お得に買える

iPhone6sではなく、Apple公式で買うのも一つの手です。

公式のApple Storeでは最新版のiPhoneだけでなく、およそ3世代前のモデルまでを型落ち品として取り扱っています。

 

もちろん値下げ済みのため、最新のiPhoneを購入することに比べると、かなり割安で手に入れることができますね。

公式サイトを見てみる⇒Apple Store

 

SIMカードのみなら割引額が大きくなる

ワイモバイルの場合、SIMカードのみで申し込むと、14,400円の還元を受けることができます(720円×24か月割引)。

 

そのため1年目をSプランで使うと、かけ放題込みで1,260円/月となります。

Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入しても、月額料金をかなり抑えらえるため、iPhone8などの型落ち品を購入すると、性能と価格のバランスを取れますね。

 

これから考えるべきはApple Payなどの決済システム

もう一つ覚えておいてほしいことは、「決済のシステム」。

iPhone7以降では、Apple Pay(アップルペイ)という電子決済の仕組みがあります。

他にも、QRコード決済のPayPay(ペイペイ)など色々な仕組みが増えてきています。

 

2020年の東京オリンピックのために、国を上げてキャッシュレス化を目指していますが、iPhone6sを買うと、Apple Payが使えません。

選択肢を減らさないために、あえてiPhone7以降のSIMフリー端末を購入するのは十分アリです。

 

iPhone6sをワイモバイルで使っみたレビューまとめ

この記事ではワイモバイルでiPhone6sを使ってみたレビューについてまとめました。

ネット、電話、メール用途であればたいして困ることはありません。

しかし、本格的なゲームやApple Payを使いたい場合は、SIMカードのみを契約し、アップルストアで購入したほうが良いでしょうね。

ワイモバイルはゲリラ的にキャンペーンをやるケースがあります。キャンペーンについては以下の記事でまとめているので、申し込みを考えているなら一度は見てみてください。

参考 Y!mobile(ワイモバイル)のキャンペーン・キャッシュバックまとめ